2017年5月18日更新

大きな垂れ耳がチャームポイントのビーグルに洋服は必要?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

大きな垂れ耳と大きな瞳がチャームポイントのビーグル。表情豊かなビーグルはTシャツから可愛い柄の洋服まで何でもよく似合うのですが、小型犬にしてはがっしりとした骨格のためか、なかなかぴったりのサイズを見つけることが難しいようですね。今回はそんなビーグルに洋服を着せる意味などについて調べてみました。

 

ビーグルに洋服を着せる意味は?

体にあったサイズを見つけるのが難しいビーグルに、わざわざサイズを探してまで洋服を着せる意味があるのでしょうか?疑問に思う方も多いかもしれません。ではビーグルに洋服を着せることにはどのような意味があるのでしょうか?

ビーグルに洋服を着せる意味については次のようなものがあるようです。

犬_素材dog-camping-669632_640

マナーとしての着用

ビーグルは撥水性が高く固い毛の上毛と柔らかく短い毛が密集して生えている下毛の2重構造をしたダブルコートと呼ばれる毛質をしています。ダブルコートの犬種は下毛が抜け替わることで季節にあわせて体温を調整しているため、季節の変わり目である春から夏にかけてと秋から冬にかけて換毛期と呼ばれる毛の抜け替わりがあり、多くの毛が抜け落ちます。

ビーグルも例外ではなく年に2回の換毛期には多くの抜け毛があるようです。また短毛の犬種は長毛の犬種よりも上毛の寿命が短いため、換毛期だけでなく1年をとおして固く短い毛が抜け洋服や家具に刺さってしまうようです。

飼い主にとっては愛犬の抜け毛は気にならないものかもしれませんが、多くの人が利用する公共の場所では気にしないというわけにはいきません。また友人の家など他所の家へお邪魔する時も、抜け毛を付けたまま帰るわけにはいきませんね。

またビーグルはやや臭いが気になることが多い犬種です。犬の臭いは犬を飼っている人には気にならないものかもしれませんが、犬を飼ったことがない人にとっては不快な臭いと感じることが多いものです。

最近ではドッグカフェや犬と泊まれるペンションなどでは、施設内での洋服の着用が義務付けられている場合があるようです。自宅以外の場所へビーグルを連れて出かける時は、抜け毛と臭いの対策のために洋服を着せておくことはマナーの1つようです。

アレルゲンの付着を防止する

ビーグルは遺伝的に安定した健全な犬種だといわれており、注意しなければならない病気も少ないのですが、アレルギーを持っている犬が多くアトピー性の皮膚炎には注意が必要だといわれています。

アトピー性の皮膚炎はアレルギーの原因となるアレルゲンが肌に付着したり、吸い込んだりすることで発症する皮膚病のことです。アレルギーを起こす原因としては食べ物によるもの、ノミやダニなどの寄生虫、ハウスダストや花粉などの環境的な要因が考えらます。

症状としては痒がって手足を噛んだり、足でかくと大量のフケが出たりするようになります。重症化していくと脱毛を起こしたり、患部が赤黒くなり皮膚が分厚くなってしまったりすることがあるようです。

アレルゲンを吸い込んでしまうことはなかなか予防することがむずかしいですが、ノミやダニ、ホコリ、花粉などのアレルゲンを肌への付着させないようにするには洋服を着せることが有効なようです。

寄生虫や花粉の多い自然豊かな場所へ出かける時や、ショッピングモールなど人ごみへ出かける時は、洋服を着せて肌に異物を付着させないようにすることは、皮膚炎の予防にもなるようです。

跳ね上げによる汚れの防止

足が短く体が地面に近いビーグルは跳ね上がった泥などでお腹を汚してしまうことが多いようです。ビーグルはスムースコートと呼ばれる撥水性が高く短い毛質をしているので、上毛が汚れたくらいならば蒸しタオルで被毛を拭けば汚れを取ることはできますが、雨や雪などの後はぬかるんだ泥や水たまりの水などが跳ね上がり、下毛まで汚れが染みてしまうようなこともあるようです。

しかし活発で元気なビーグルは悪天候だからといって散歩に行かないというわけにはいかようで、1日家に閉じこもっているとストレスを溜めてしまう犬が多いようです。悪天候の時や散歩道がぬかるんでいるような時は、撥水性の高いレインコートなどを着せて、跳ね上げによる汚れを防止してあげると、汚れを気にすることなく気持ち良く散歩をさせてあげられますね。

素材_shutterstock_318653267

体にあった洋服を選びましょう

ビーグルに洋服を着せる時の問題は、既成の洋服になかなかサイズがあう洋服がない点のようです。肩幅が広く四角い体型をしており胴長短足のビーグルは、肩や首にサイズをあわせるとお腹周りがだぶついてしまったり、お腹周りにあわせると首が窮屈になってしまったりと、体にあった動きやすい洋服を見つけるのが難しいようです。

既成の洋服にはS、M、Lなど人と同じサイズ表記がされていることが多いようですが、メーカーによって若干サイズが異なります。ペットショップなどではそれぞれのメーカーのサイズに対して首回りや着丈などの具体的な長さが一覧になって書いてあるところや、サイズ別にあう犬種が紹介されていたりします。

ペットショップなどで既成の洋服を購入する場合は事前に愛犬のサイズを測っておいて、首回りや着丈などの長さの書かれたサイズの一覧を参考に選ぶと失敗が少ないようです。犬の洋服を買う時に採寸しておく点は次の5点です。

  • 胴回り:前足のつけ根から背中を回って胸の一番広いところを1周
  • 首回り:首輪の位置を1周
  • 背丈:首のつけ根から尻尾のつけ根まで
  • 腹側着丈:腹側の首輪の位置から排泄で汚れない位置まで
  • ウエスト:後ろ足の抜け根から背中を回って胴の一番細いところを1周

どうしても既成の洋服でサイズをあわせることが難しい場合は、オーダーメイドやセミオーダーで洋服を作ってもらうものよい方法ですね。既成の物よりは値段的には高額になることが多いですが、しっかりとした仕立ての物が手に入るので長く着ることができますし、なにより愛犬に着心地のよい洋服を着せてあげられるのがよいところです。

 

着慣れるまでは無理をさせないようにしましょう

洋服を着る習慣のない犬にとって初めて洋服を着る時は違和感から嫌がって暴れたり動けなくなってしまうことがあるものです。「嫌がっていてもそのうち慣れるでしょう。」とそのまま連れて出かけてしまうと、洋服に対して悪いイメージが付いてしまうこともあるようで、なかには洋服を見せただけで逃げ出す犬もいるようです。

洋服を着せる時は焦らずゆっくりと慣らしてあげることが大切です。まずはできるだけ軽く違和感のない洋服を選んで着せましょう。

着慣れさせる手順としては最初はいつも過ごしている安心できる場所で着せてあげて、嫌がるようならすぐに脱がしてあげます。絶対に無理をさせてはいけません。少しでも着ていられたらたっぷりと褒めてあげます。食いしん坊のビーグルの場合は、オヤツをうまく利用して着ていられる時間を伸ばすのも有効ですね。褒めて時間を伸ばすことを繰り返すことで、次第に洋服への違和感が薄れ着ていられるようになっていきます。

洋服も他のしつけと同様に小さな頃から着せ始めると、比較的スムーズに洋服を着ることができるようになるようです。基本的なしつけが終わったら洋服に挑戦してみるとよいですね。

脱いで過ごす時間も作ってあげましょう

外へ出かける時にビーグルに洋服を着せることは必要なことですが、自宅の中では脱いで過ごす時間も大切です。

洋服を着せると抜け毛やフケなどの汚れが床や家具などに落ちないかわりに、洋服と被毛や肌の間に溜まっていってしまいます。また洋服の中は体温が保たれる反面、汗などで蒸れやすい状態になっています。

マラセチアやアトピー性皮膚炎に注意が必要なビーグルにとって、フケなどの汚れが付着することや肌が蒸れることは、肌へのダメージが大きく皮膚炎を誘発してしまう可能性があります。ビーグルに洋服を着せる場合は、自宅の中に洋服を着せずに過ごすことができる場所を作っておいてあげるとよいですね。

洋服にあわせてスヌードもあると便利

ビーグルのチャームポイントといえば大きな垂れ耳ですね。地面に残った獲物の臭いを巻き上げるために長く大きく垂れさがった形をしているといわれていますが、食事の時などエサに入ってしまったり、散歩の時にはゴミや砂を付けて汚してしまいがちなようです。

ビーグルのチャームポイントの大きな垂れ耳を汚れから守るには、スヌードを付けるのが効果的なようです。特に雨あがりの散歩などの時はレインコートとスヌードを付けて散歩に出ると、耳がぬかるみに浸かることがないので、地面の臭いを嗅いでいてもハラハラすることなく散歩することができます。

小型犬のスヌードというと季節にあわせた変装グッズのようなイメージがある方も多いと思いますが、実用的で可愛らしいデザインの物も多く販売されています。ビーグルの場合は汚れ防止のために、洋服だけでなく付け心地のよいスヌードも用意しておくとよいですね。

素材dog-1258102_640

まとめ

ビーグルに洋服を着せることについて色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

既成の洋服でサイズのあうものを見つけることが難しいビーグルの飼い主の方のなかには、愛犬のサイズにあわせた洋服を手作りしている方も多くいらっしゃるようです。確かに少し手間のかかることですが、お気に入りだった洋服をリメイクして作ってみたり、愛着のある1着が作れるのが手作りのよさですね。

何より愛犬のことをよく理解している飼い主が作るわけですから、サイズもデザインも愛犬にぴったりの動きやすい洋服を作ってあげることができるのが1番のメリットです。

最近では犬の洋服の型紙をダウンロードできるサイトや本なども販売されているようです。金額的にもデザイン的にもぴったりとくるものがないなと感じているなら、1度手作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 
 

関連カテゴリ