2017年1月24日更新

【動物看護師が徹底解説!】犬用サプリは飲ませても良いの?飲ませる前に気をつけることとは?

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

みなさん、サプリメントって飲んだことがありますか?忙しく時間に追われている人も多く、仕事優先で栄養バランスを考えた食事はなかなか食べられないということもあるでしょう。そんなとき、頼りにするのは栄養ドリンクや、サプリメントではないでしょうか。食事で補いきれない栄養素をサプリメントで補う。実は、犬用サプリメントも存在するのはご存知ですか?

 

医療機関では処方されない

サプリメントは、自分で買うもので、病院へ行ってもあまり処方されませんよね。しかし、動物病院は違います。足りない栄養やビタミンを補う、という意味ではサプリメントに近い薬も存在し、一般にサプリメントと呼ばれるものも治療の補助として処方されることがあります。足りないものを補うだけではなく、免疫を高めたり、体の機能を促進させたりして治療の手助けをしてくれるのです。

効果は保障されない

サプリメントと薬の違いは、絶対的な効果があるかないかです。

例えば風邪をひいて出された薬が、効く”かもね”、治る”かもね”、では困りますよね。薬は絶対的に症状を抑えたり、感染を抑える力がありますが、サプリメントはそうではありません。効果があると感じる人もいれば、ないと感じる人もいるでしょう。体に栄養を与えて、機能を底上げすることにより、病気に対しての抵抗力が上がったり、免疫が上がって健康になったように見えるのです。

 

種類は様々

犬用のサプリメントには、様々な種類があります。ビタミンやミネラルはもちろんのこと、関節をサポートするもの、発毛を促すもの、皮膚の潤いを保つもの、免疫を上げるもの、整腸作用のあるものなど様々です。中には、腫瘍にも効くといわれるものまであります。基本的に、犬用のものであったり、人間用だが犬の体重に合わせて処方されたりするものであれば、安心して飲ませることができるでしょう。自己判断で購入して、勝手に飲ませるのはあまりよくありませんので、やめましょう。

飲み合わせを確認すること

持病があり、薬を飲んでいる場合は必ずそのサプリメントを飲ませて良いのかを主治医に確認しましょう。中には、病気との相性が良くないもの、薬の効能を邪魔すると考えられるものもあるでしょう。何度も言いますが、自己判断で飲ませるのは良くありません。処方されたのを飲むのが1番ですが、気になっていて飲ませてみたいと思っているものがあるのであれば、まずはかかりつけの動物病院に相談をしましょう

詐欺に注意して

サプリメントを探す飼い主さんの中には、重病にかかっていて治療ではどうしようもないと言われて、藁にもすがる思いでいる人もいるはずです。そんな時に騙されやすいのは、ガンが治る、発作がなくなる、などをうたったサプリメントです。

中身は何の意味もないようなものであるにも関わらず、弱みに付け込んで高額で売買しようとする業者もいるのが現実です。サプリメントは病気を治すものではありません。どうにかして愛犬を助けたいと思う気持ちは痛いほど理解できますが、そんなもののために治療に充てられたであろうお金を使うのは非常にもったいないことです。もしも、気になっているものがあるのであれば、購入前に主治医に確認してみましょう。言いにくければ、看護師や、他の動物病院でも良いでしょう。重病の愛犬を抱えていると、完治をうたったものに心が揺れてしまいがちですが、誰かに相談し的確な判断ができるようにしてくださいね。

【獣医師監修】犬が食べて良いもの・悪いものをもっと知りたい方はこちら

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード