2017年1月25日更新

【動物看護師が徹底解説!】犬の体にかさぶたが…気をつける点とケア方法は?

愛犬が知らぬ間に怪我をしていたことはありませんか?小さな怪我ならまだしも、目立つような大きな怪我であったら心配しますよね。でも出血は止まって、感染している様子もないし、かさぶたが出来始めている…。そんな時はどのようにしてケアしていけば良いのでしょうか。

頻発するのは耳か足

もちろん個体差がありますが、散歩などで怪我をしたわけでもなく、喧嘩をしたわけでもない。そんな時の傷は、大抵耳か足にあります。なぜなら、耳が痒くて掻きまくっているか、足も同様に痒くて噛むか、ストレスで自傷しているかです。いずれの場合も心配しなくてもよい程度の傷で済むことの方が多いですが、口や汚れやすい足先が届く場所なので経過はよく観察しておきましょう。

喧嘩や散歩の傷の場合、何で傷ついたかにより程度が異なります。皮膚だけが傷ついているのか、筋層近くまで達しているのか、裂けているのか、擦りむいているのかで対応が違い、小さな傷に見えても深くまで傷ついていることがあるのであまり軽視しない方が良いでしょう。

かさぶたは触らない

もし、小さな傷で、出血がなく黄色や緑の膿が出ていなかったら、あとは塞がるだけなので放っておきましょう。消毒液や家に余っていた抗生剤入りの軟膏などを使うと、皮膚の再生を妨げることがありますので放っておくのが1番です

傷から漿液と呼ばれる液体が出て来ますが、これは膿ではないので洗浄したり拭き取る必要はありません。この漿液が、皮膚を再生させる重要な役割を果たすのでできれば表面を潤したまま保つようにしましょう。とはいえ、飼い主さんが触らなくても愛犬自身が痒がったり、気にしたりして触れてしまうことがあるでしょう。

場所にもよりますが、エリザベスカラーをしたり、ガーゼをふんわり貼るなどして保護してみても良いかもしれません。ガーゼを貼るのであれば、毛の上からで構いません。傷をしっかり覆うように付けてしまうと漿液がガーゼに染み込んで、剥がす際にせっかく出来かけた細胞を壊すことになります。あくまでも、その部分を外部から守るために付けるだけなので傷を密封する必要はありません。

大きい又は深い傷は病院へ

怪我をした当初の傷は気付けなくても、血液や漿液で被毛が濡れていることで傷の存在に気づくこともあるでしょう。飼い主さんが大きいと感じる傷であれば、一度病院へ行った方がよいでしょう。

場合によっては、毛刈りをして湿潤治療をした方が良いと判断されるかもしれません。どうしても傷が乾くと皮膚の再生が遅くなるので、それを邪魔しないような軟膏やクリームを塗ってしばらく放置する方が早く、綺麗に治ることもあります。いわゆる、かさぶたの代わりを作ってあげると早く治るのです。保護する前は適当な消毒液で消毒し、治りが遅くなりそうだと判断されれば皮膚の際にわざと傷を付けて再生を促したり、感染の危険がありそうであれば抗生物質を用いた治療を行うことになるでしょう。この際も、エリザベスカラーやガーゼの絆創膏は必須になるでしょう。自宅で管理するときは、カラーを外してしまい傷をさらに悪くしてしまったり、絆創膏を誤食してしまわないよう十分注意して看護してあげてくださいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

【獣医師監修】最も多い犬の皮膚病、膿皮症の症状・原因・治療・予防法

犬の膿皮症はこんな病気 膿皮症とはブドウ球菌などの細菌によって皮膚が化膿してしまう病気です。犬の皮膚病は多数ありますが、その中でももっとも多くみられるものです。 発症すると皮膚に発疹……

犬の膿皮症

獣医師が教える!冬の乾燥が原因かも…?考えられる犬の病気。

冬の乾燥が原因かも?犬の病気 冬の時期、カサカサする肌やイガイガする喉といった乾燥による健康トラブルに悩まされている人も多いのではないでしょうか。実は、乾燥対策は犬にとっても大切です。……

愛犬とのアウトドアの前に必ず【マダニ予防】いろんな種類の予防薬

マダニは家庭にいるダニとは全く異なる生きもので、ただ単に吸血するだけでなく、死に至るような感染症の原因にもなるのです。 普段の散歩の時には、犬にマダニがついたことがないとおっしゃる方も……

犬の体の部分的な変化や異常

【獣医師監修】肺に水が溜まる病気。犬の肺水腫の症状・原因・治療法について

犬の肺水腫はこんな病気 肺水腫とは名前のとおり、肺に水が溜まってしまった状態のことです。 もう少し詳しく説明すると、肺胞や肺胞に連なる細気管支などになんらかの原因で液体が溜まってしま……

犬の体の全身的な変化や異常

【獣医師監修】命を落とすこともある病気。犬のアジソン病の症状・原因・予防法について

犬のアジソン病はこんな病気 アジソン病とは「副腎皮質機能低下症」とも呼ばれます。腎臓の上についている「副腎」という臓器から分泌される副腎皮質ホルモンが、なんらかの原因により欠乏し、体に不調……

犬の体の部分的な変化や異常