2017年1月30日更新

【動物看護師が徹底解説!】犬もほくろってできる?

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

愛犬の体を撫でたとき、ふと見えた皮膚にほくろのようなものが…。犬は全身被毛で覆われているので、なかなか気付きませんが、犬にもほくろってできるのでしょうか?人間は足の裏に大きめのほくろがあると危険といいますが、犬にもほくろのように見える危険な物体ってあるのでしょうか?

 

勘違いしてはいけない重要なこと

犬にできものや、ほくろを見つけたとき、真っ先にネットで調べる人がほとんどでしょう。そこで出てくるのは、メラノーマや悪性黒色腫などでしょう。ネットでは獣医療に従事しない人が情報をきちんと理解しないまま記事を書いている場合もあるということは必ず頭に入れておかなくてはいけません。

メラノーマとは「マリグナントメラノーマ」を略した表現で、これは悪性黒色腫のことを示します。時々良性のメラノーマ、と表現することがありますが良性の黒色腫はメラノサイトーマと呼ばれ、メラノーマとは別物と考えた方が良いでしょう。(ただし、メラノーマは広く知られる言葉であることから、獣医さん自ら”良性のメラノーマ”と表現することがあります。これは飼い主さんにより理解しやすいように説明するためです。)

もう一度重ねて書きますが、メラノーマには良性はありません。悪性黒色腫のことを示します。メラノーマと診断されたからには、転移の可能性があり、根治が難しい状態であることを理解しましょう。また、個人のブログなどで、メラノーマが完治したという言葉が見られたからといって楽観視してはいけません。

なにがメラノーマか?

体に出来る全ての黒色のできもの、もしくはシミのようなものが全てのメラノーマかというとそうではありません。

体表にできるほとんどがメラノサイトーマ(良性腫瘍)であるといわれています。特徴としては、被毛の生えているような体の一部にでき、できものと皮膚の境目が明瞭で、できてから急成長しない、大きくならないものです。メラノーマも、メラノサイトーマもメラニン細胞に由来する腫瘍ですが、稀に黒くならずにできものになるものもあります。

逆に、メラノーマ(悪性黒色腫)は、皮膚にできてからどんどんと大きくなり、盛り上がったり、横に広がったりします。境目は不明瞭で、まるで布に液体が染み込むように浸潤していることです。メラノーマは口腔内や足の裏によくでき、外部からの刺激を受けやすい場所にできます。体表にできることも稀にあり、メラノサイトーマかメラノーマかは、素人目では判断できません

 

発見したらすぐ受診すること

なにか怪しいできものやシミを見つけたら、すぐにかかりつけの動物病院へ受診することをお勧めします。メラノーマは増殖が早く、転移もします。1番多いのは肺転移で、できものやシミが大きくなって不安になった頃には転移していることも多くあります。メラノサイトーマであっても、早期であればレーザーでの除去が可能です。メラノサイトーマは転移はしませんが、稀にQOL(生活の質)を下げるほどふくらんで邪魔をすることもありますので、こちらも早期発見、治療が望ましいでしょう。

ただのほくろ、シミと思わずに、こんなのあったっけ?と思うようなものを見つけたら、早めにかかりつけの動物病院へ受診するようにしてくださいね。飼い主さんの早い行動が、愛犬の命を救うかもしれませんよ。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード