2017年1月27日更新

【動物看護師が徹底解説!】猫が頻繁にトイレに行っている…考えられる病気は?

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

あなたは愛猫が1日何回尿をしているか、注意深く観察したことがありますか?多くの人が、猫のトイレに猫砂を使っていると思いますが、砂を使うと毎回どんな色の、どのくらいの量をしているかわかりづらいですよね。実は、尿の回数や状態に病気が現れることがあり、それを見逃すと大変なことになってしまうのです。

 

出ているのか、いないのか

トイレへ行き来する回数が多いなと感じたら、毎回尿が出ているのか出ていないのかを観察してください。色は最悪わからなくても良いので、とにかく砂が濡れてるかどうかに集中しましょう。尿がポタポタ垂れる程度であったり、全く出ていないのであれば、休日でも、夜間でも関係なくすぐに動物病院に受診しましょう。かかりつけ医に行くことが1番望ましいですが、休診である場合は違う病院で処置をしてもらいましょう。それくらい、切羽詰まった状態です。休みだから明日にしよう、深夜だから朝まで待とう、では朝方にはぐったりし始めて焦ることになるかもしれません。

尿が出ていたら

1日に何度も、いつもよりは少ないもののきちんとまとまった量の尿が出ていたら膀胱炎の可能性が高いでしょう。

膀胱炎は細菌感染して起こるものと、感染はないが膀胱炎様の症状を引き起こすものがあります。猫の細菌感染による膀胱炎の発症率は、犬よりも少なく、発症する中ではオスよりメスの方が多く発症します。オスはペニスがある分尿道が長く、外部からの細菌が膀胱まで達しにくいためです。反対に、メスはオスよりも尿道が短く、外部からの細菌の侵入が容易になってしまうからです。感染のない膀胱炎は、間質性膀胱炎といい、原因不明の膀胱炎です。ストレスが要因の一つだとされていて、この膀胱炎の発症率に性差はほぼありません。

 

膀胱炎になったら

膀胱炎になったら、頻尿、膀胱の炎症による血尿、排尿痛、腹痛などがみられます。細菌に感染すると、尿が白濁することもあります。しかし、猫の場合シーツで排尿しないので、尿の状態は観察しづらく、多くの飼い主さんは頻尿や腹痛、排尿時の悲鳴などで異常を感じ、診察へいらっしゃいます。もしも、シーツでも変わらず尿ができるのであれば、頻尿だなと感じたら砂をシーツに変えるなどして状態を観察しましょう。それが無理そうであれば、排尿しそうな時にシーツを滑り込ませたり、紙コップやいらない入れ物に尿を取って観察するのも良いでしょう。

とはいえ、尿の混濁や血尿が確認できなくても、頻尿を感じた時点でかかりつけの動物病院に受診しましょう。尿の状態は、カテーテル採尿や膀胱穿刺で獣医さんが確認してくれるでしょう。膀胱炎を放っておくと、感染が腎臓にまで広がり影響を受けることもあるので早期の治療が大切です。

尿が出ていなかったら

尿が出ていない「尿閉」を確認できたら、それがどんな日でどんな時間であろうと病院を受診すべきです

尿閉は排出されなかった毒素が全身に回り、尿毒症という神経症状を引き起こす状態になったり、ひどい場合には膀胱破裂を起こします。簡単に膀胱破裂をするわけではありませんが、尿閉の猫を病院へ連れて行く際に腹部を抱いたら破裂するなど、力を入れたり衝撃があると破裂して尿が腹腔内に漏れ出すことがあるのですぐに病院へ連れて行きましょう。尿毒症の神経症状が現れるまでには3日しかタイムリミットがないと言われています。尿閉が確認できたその日が1日目である確信はありませんので、気付いた時点ですぐに病院へ向かいましょう

尿閉になったら

尿閉の場合、トイレに頻繁に足を運んだり、排便するかのようにいきんで尿をしたがります。中にはひどい悲鳴をあげて、排尿姿勢を取ることもあるようです。尿閉の多くは結石が原因で、稀に腫瘍などが尿道にできると閉塞を起こすことがあります。オスは尿道が長い分詰まりやすく、メスは小さい結石であればふんばって尿と一緒に排出してしまうこともあります。

毒素が回り始めると、食欲が落ち嘔吐することがあります。明らかに元気が消失し、高い音に体を震わせるほど敏感になると末期症状に近いと言えます。寝ている間もじっとせず、びくっびくっと定期的に体を震わせるのも一つの特徴です。尿毒症で命を落とさないためには、尿閉にいち早く気付き、治療を始めることです。何度も繰り返しますが、かならずかかりつけでないといけないわけではありません。緊急の場合は、空いている病院、もしくは救急病院へ受診し、かならず閉塞を解除してもらいましょう。

多頭飼いは特に注意

多頭飼いで一頭ずつトイレがあるお宅は良いのですが、猫がお利口だと一つのトイレで何頭もが排泄をしてくれることがあります。普段は場所も取らず便利なのですが、膀胱炎などの病気にかかったときどの猫が何回どんな尿をしているのかがわからないので、気付かずに重篤化してしまうケースが多くあります。

留守中はやむを得ませんが、家にいる間だけでも、誰がトイレに行っているかきちんと観察する癖をつけておきましょう。泌尿器の病気は猫にとって命取りなので、何か異常を感じたらすぐに動物病院へ受診するようにしてくださいね。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

【獣医師監修】猫の低血糖症〜原因・症状と対策

人間ではよく耳にする血糖値ですが、血糖値が低くなり過ぎてしまうことで発症する低血糖症が猫にも発生するということをご存知でしょうか。血糖値が低くなり過ぎてしまう低血糖症は血液中の糖分が少なくな……

猫の血液の病気

【獣医師監修】犬猫にもある「高脂血症」。重篤な病気の原因になることもあるサイレントキラー。

高脂血症とは人間の病気として多く問題になっていますでした。運動不足に加えてお酒を飲んだ後にラーメンを食べるような食生活を送っている中年男性が「あなたは高脂血症ですね。このままだと成人病になり……

猫の血液の病気

【獣医師監修】猫の後ろ脚が立たず、苦しんでいる!もしかしたら血栓症かも…

突然、猫の脚が立たなくなって、苦しげにもがき始めたら、原因は血栓症の可能性があります。血栓症だとしたら一刻を争う病ですので、すぐに獣医さんに診てもらわなければなりません。 血栓症とはど……

猫の心臓の病気