2017年1月7日更新

【minne作家インタビュー】お出かけも一緒に♪猫のスマホポシェット作家さんにインタビュー!

ハンドメイドマーケット「minne」で人気な、『スマホポシェットおめめ猫Dブラウン』の作家shirayukiさんにインタビューしました!!

作品作りを始めたきっかけは?


母が、洋裁が得意でなので子供のころからハンドメイドは身近にありました。

現在のミシン刺繍の作品作りのきっかけは、会社員時代に偶然職業用刺繍ミシンの存在を知ったことです。いつかやってみたいなと漠然と思っていたところ、家庭の事情で会社を退職することになり、自宅でできることを探していた時にそれを思い出して、一念発起してミシンを購入し、ハンドメイド作品の制作を始めました。

作品に込めた想いやこだわり、作品に対する愛情は?


私の作品のモデルはすべてうちのこ(猫)たちです。野良猫の保護活動をしている方から譲り受けたのですが、我が家に来た当初は警戒して、少し離れたところからじーっとこちらを見ている姿が印象的でした。その時のつぶらな瞳がかわいくて、それが作品になりました。


デザインとしては、背中側にはしっぽもあって、輪郭の刺繍ステッチは、毛並みを表現したものになっています。刺繍は立体的に表現できるところと、刺繍糸の光沢がプリントと大きく違う点で、そこが気に入っています。

前面には、肉球を刺繍したICカードなどが入るポケットも付けて、自分でも実際に使い心地を試しています。

作品はすべて「自分で使いたいと思うもの」を制作しています。お名前やイニシャルを刺繍できる作品が多いので、その確認でご購入くださった方とメールのやり取りをすることもあるのですが、その際に「楽しみに待っています」とか、「プレゼント用に注文しましたが、自分で使いたくなりました」などのお声をいただくことが励みになっています。どんな方が使ってくださるんだろうと想像しながら制作できるので、とても楽しく日々を過ごさせていただいています。

先日は、ご購入してくださった方とのやりとりの中で、作品の改善点のアイデアが発見でき、本当にありがたかったです。作品を送り出すときは我が子を里子に出す気持ちです。

制作秘話を教えてください!


私は、まず猫の様子を写真に撮ったりイラストに描いたりして、それをもとに作品の種類やデザインを考えます。


このポシェットは、輪郭を含めて猫をイメージできる形が決まるまでは何度も試作しました。刺繍でデザインをしていくので、どんなステッチが、自分のイメージしているものを一番的確に表現できるか、また本体と色の組み合わせも試行錯誤しました。


デザインを作るときはパソコンを使うのですが、うちのこたちは、パソコンの上でのんびりするのが大好きで、猫をよけながらの作業が一番苦労した点かもしれません。

その他おすすめやお気に入りの商品はありますか?


最初に制作した作品がニャンモナイトのコースターです。丸まって寝ているところを眺めていて、丸みを生かしたデザインができないかと考えて、制作しました。


最新作は、あくび猫シリーズです。
猫のあくびは口が壊れるんじゃないかと思うほど大きく開くので、その瞬間を捉えてデザインしました。


他に、アピール度が少なめの猫グッズとして、イニシャルと肉球を刺繍したトートバッグがあります。A4ファイルが入る通勤通学バッグとしても使えるサイズです。自分でも愛用しています。

飼っているペットを紹介してください!


2匹の猫がいます。名前は茶トラのオスがキキ、キジトラのメスがララです。

譲り受けたときは、2匹とも小さくて声も出なかったのが、今では自分たちの要求が通るまでご近所中に響き渡る声で鳴き続けます。2匹とも甘えん坊なのか、ストーカーなのか、常に私の行動を見守ってくれています。おかげで作品のインスピレーションをたくさんもらっています。


血統書付きの猫ではないですが、世界中で一番かわいい大事なうちのこたちです。

作家プロフィール

服飾専門学校卒業後、同校で教員として勤務。
個人のお客様の洋服やブライダルドレスなど、オーダーを受けて制作。
会社員時代を経て、野良猫の保護活動をしている方と知り合い、家族に猫が増えました。
現在は、minneで作家活動中です。

★今回ご紹介した作品の詳細はこちら【スマホポシェットおめめ猫Dブラウン

まだまだ猫作品が見たい方へ

取材協力いただいたハンドメイドマーケット「minne」には、今回ご紹介した作品以外にもたくさんの猫作品が販売されているので、気になった方はのぞいてみてください♪

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

『高齢者とペットの幸せな暮らし』を考えてみませんか?

現代日本のペット事情 人間の子どもの数を、ペットの数が抜いたというニュースが話題になりました。多くのホームセンターでは、ペット用品売り場が以前よりも大きなスペースになり、コンビニでも当……

犬のニュース

図書館のマスコットとして活躍した図書館猫「デューイ」

海外では首相官邸やウィスキー蒸留所などさまざまな場所でネズミを捕る仕事に就いている猫がいますが、実はアメリカには図書館勤めの猫もいたことをご存知でしょうか?アメリカ、アイオワ州のスペンサーと……

猫のニュース

僕らの居場所は言わにゃいで その1:僕らの居場所は言わにゃいで

何処からか猫の鳴き声が聞こえる。 どこだろう。そう遠くはない。あなたは声のする方へと歩き始め、声はまるであなたを導くように響き続ける。 そして声の主たる猫を見つけた時———。 ……

ニュース

なぜ、犬や猫を飼うの?ペットが人に喜びを与えてくれる『4つの理由』

一般社団法人ペットフード協会の調査によれば平成25年時点に日本で飼われている犬は約1087万頭、猫は約974万頭だと言われています。この数は何とスウェーデンやデンマークの人口より多い数字なの……

犬のニュース

僕らの居場所は言わにゃいで その20:僕らの居場所は言わにゃいで

さて、横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展を目前にして、宣伝やら、在廊のために仕事を前倒しで終わらせなきゃ!!とヒイヒイ言いながら、キーボードを叩いてこの文章を書いている今日この頃。 なんと今回で2……

ニュース