2017年5月18日更新

甘えん坊でちょっぴり頑固なミニチュア・シュナウザーの飼いやすさについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

名前の由来にもなっている口髭と長い眉毛が特徴的なミニチュア・シュナウザー。独特の風貌といたずらっこのような表情が魅力的な犬種ですね。テレビドラマに登場するなど日本でも人気の高い犬種です。飼ってみたい!と考えている方も多いのでは?今回はそんなミニチュア・シュナウザーの飼いやすさについて調べてみました。

 

ミニチュア・シュナウザーの性格は?

ミニチュア・シュナウザーはネズミなどの小型の害獣を狩る猟犬として、スタンダード・シュナウザーの長所を引き継ぎ小型化された犬種です。

スタンダード・シュナウザーは人間の頭脳を持った犬といわれることもあるほど知能の高い犬で、大胆さと繊細さを併せ持った犬種です。スタンダード・シュナウザーの長所を受け継いでいるミニチュア・シュナウザーもとても聡明な犬種で、誰にでも懐く犬種ではありませんが飼い主や1度心を開いた相手には、とても愛情深い性格をしています。

テリアとして分類されることが多いようですが、テリアの血筋は引いていません。しかしテリアと同じく害獣駆除犬としてネズミやモグラなどを仕留めるために作られた犬種なので、テリア同様の気質を持っているといわれています。

好奇心旺盛でタフで活発、時に勇敢で怖いもの知らずな1面もあるようですね。これらの点がテリアの気質に似ているといわれるところかもしれません。

ドイツ犬らしくとても厳格でやや頑固なところがあり、規律正しい生活を好む傾向があります。犬同士のコミュニケーションでも場の空気を乱すような行為や礼儀知らずな犬に対して、攻撃的な行動に出やすい傾向があるので注意が必要なようですね。

賢く頑固な反面飼い主に対してとても甘えん坊な犬が多く、1人で過ごすことが苦手なようです。あまり長い時間1人にさせてしまうと、ストレスから反抗的な態度を取るようになってしまうこともあるようなので注意してあげましょう。

ミニチュア・シュナウザーは生活のリズムが安定していて、長時間留守番をさせなくてもよいような家庭で飼育することが向いているかもしれません。

素材schnauzer-600931_640

ミニチュア・シュナウザーのしつけはしやすい?

ミニチュア・シュナウザーが飼いやすいといわれる理由は、飼い主に忠実で聡明なのでしつけが入りやすい点です。好奇心も旺盛なので新しいことにも積極的に取り組んでくれます。運動能力も高くコマンドも入りやすいのでドッグスポーツにも最適な犬種だといわれていますね。

聡明で飼い主に対して従順なところがある反面やや頑固で譲らない1面も持っており、理解できないことを1方的に押し付けるように教えてしまうと、頑なな態度を取ることがあるようです。ミニチュア・シュナウザーのしつけはできたことをたっぷりと褒めて、できなかったことは叱らず無視をするしつけが有効なようですね。

そしてもっと大切なことは賢いミニチュア・シュナウザーは甘やかして育ててはいけないということです。

ミニチュア・シュナウザーが従順な態度を取るのは自分が飼い主と認めた相手だけです。ミニチュア・シュナウザーにとっての飼い主とは、何でも要求を聞いてくれる相手ではなく、リーダーシップを発揮し規律正しく導いてくれる相手のことです。

ミニチュア・シュナウザーを飼う時は家族でしっかりと犬と生活をする時のルールを決めて、家族全員で一貫した態度で接していくことが大切です。

 

ミニチュア・シュナウザーの臭いと抜け毛は?

ミニチュア・シュナウザーが室内犬として人気の高い理由の1つが、抜け毛が少なく臭いがあまり気にならない点があります。

ミニチュア・シュナウザーというと独特の口髭と眉毛が特徴の被毛も魅力の1つですね。

ミニチュア・シュナウザーの被毛の構造は固くワイヤーのような上毛と柔らかく密集したように生えている下毛の2重構造をした、ダブルコートと呼ばれる構造をしています。ダブルコートの犬種の多くは季節にあわせて下毛が生え変わることで、季節にあわせた体温調整をおこなっているのですが、ミニチュア・シュナウザーの下毛は抜け落ちにくい構造になっており季節による抜け変わりもありません。

ワイヤーのように固くややゴワゴワとした上毛も一定の長さで抜け替わることがなく、シングルコートの犬種のようにカットしないと伸び続ける毛質をしているので、ミニチュア・シュナウザーはダブルコートの犬種の中では珍しい抜け毛の少ない犬種です。

臭いの方は個体差があるようですが、体臭はあまり気にならない犬が多いようですね。ミニチュア・シュナウザーの臭いで気になる点は、口の周りの髭がエサのカスやよだれなどで汚れて臭いがしたり、耳毛が多いため耳垢が溜まりやく臭いがしやすい点です。

ミニチュア・シュナウザーを臭いが気にならない綺麗なスタイルで保つためには、毎日のブラッシングや定期的なトリミングだけでなく、食後に口の周りの髭を拭いてブラッシングする、週に1回~2回は耳の掃除をおこなうなど手間が必要になるようです。

ミニチュア・シュナウザーを飼う人はブランシングなどのケアを、愛犬とのコミュニケーションとして楽しむことができる人が向いているでしょう。

犬_素材puppy-434841_640

ミニチュア・シュナウザーのかかりやすい病気は?

ペットを飼う時に気になることの1つが病気がちであるかどうかではないでしょうか。飼う以上元気で長生きをしてもらいたいものです。

ミニチュア・シュナウザーにはかかりやすい病気はないのでしょうか?ミニチュア・シュナウザーで気を付けたい病気には次のようなものがあります。

尿石症・尿路結石

膀胱などでできてしまった結石が尿道に詰まってしまう病気です。結成基の種類によって様々な病名がありますが、犬の場合は細菌性の膀胱炎などの尿路感染症が原因で起こると考えられている、ストラバイト結石が多くみられるようです。

結石で尿管が詰まってしまうのでおしっこが出にくくなり、重症化すると急性腎不全や尿毒症を起こすこともあります。

治療は内科的におこなわれる場合と外科的におこなわれる場合があり、投薬や処方食などを使用し結石を溶かして小さくしていく場合は長期に通院が、外科的に結石を除去する場合は高額な手術費が必要になります。また症状によっては抗生剤などの投薬や点滴治療がおこなわれる場合もあります。

糖尿病

ホルモンの1種であるインスリンの不足によって血中のブドウ糖が多くなってしまう病気です。インスリンは膵臓から分泌されるホルモンですが、膵臓の機能が壊れたことによってインスリンを分泌できなくなった状態を「Ⅰ型糖尿病」、膵臓の機能は保たれているのに他の理由で分泌されない状態のものを「Ⅱ型糖尿病」といわれ、犬に場合はほぼⅠ型の糖尿病が多いようです。

水を大量に飲む、食べる量が増えたのに体重が減少する、おしっこの回数が増える、腹部が膨れるなどが初期の症状としてあげられますが、症状が進むと体のあちこちで病気が併発してしまいます。

治療方法はインスリンの投与と食事療法しかなく、生涯にわたっての通院が必要になる病気です。

白内障

眼球内にある水晶体が白く濁った状態になる病気です。水晶体の濁りによって光が遮られ灰色から黒の点が現れます。症状としては瞳孔の奥が白く変色して見える、家具などにぶつかりやすくなるなどです。

糖尿病、低カルシウム血症、ぶどう膜炎などから併発している可能性もありますが、ミニチュア・シュナウザーの場合は先天性の発病が疑われる若年での発症例が多いのが特徴です。

皮膚疾患

ミニチュア・シュナウザーは肌や弱く皮膚疾患には注意が必要な犬種です。またアレルギーを持っている犬種が多いようで、アレルギー性の皮膚炎を発症することも多いようですね。

ミニチュア・シュナウザーがかかりやすいといわれている皮膚炎には次のようなものがあります。

  • アレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎・マラセチア皮膚炎
  • 膿皮症
  • シュナウザー面皰症候群

ミニチュア・シュナウザーの飼育費用は?

ミニチュア・シュナウザーは小型犬の中ではやや体つきがしっかりとしている犬種で、メスでも8kgを越える大きさの犬もいるため、ケージやトイレ、キャリーバックなどは犬のサイズにあわせて購入する必要があります。

食欲旺盛な犬が多くエサをよく食べるようですね。エサ代は与えるフードの種類によっても異なりますが、一般的なドッグフードを食べさせると考えて、月でおおよそ4,000円~6,000円程度が必要だといわれています。

ペットの医療費は保険がきかないため、気を付けなければならない病気が多い犬種の場合は、医療費への備えが大変になってしまうことが心配ですね。ミニチュア・シュナウザーは遺伝的にも安定した丈夫な犬種だといわれているので、医療費への備えは少なくて済む可能性があるのは飼育費用の面ではポイントが高いところです。

ただしミニチュア・シュナウザーの場合は綺麗なスタイルを保つためには定期的なトリミングが必要になります。特にドッグショーなどへ出陳する場合は、ストリッピングというケアが必要になります。

ストリッピングはミニチュア・シュナウザーが本来持っているワイヤーのような固い毛質を保つためのケアで、日本ではプロのトリマーでも正しくできる人が少ないといわれています。そのためストリッピングをおこなうとトリミング料金が高額になることが多いようです。

ストリッピングは固くワイヤーのような毛質を保つためのものなので、フワフワとした柔らかい毛質でよければブラッシングと通常のトリミングで十分です。ショーなどに出す予定がなければ無理にする必要はないかもしれませんね。

犬_素材

まとめ

ミニチュア・シュナウザーの飼いやすさについて実際に生活をすることを考えて、色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

ミニチュア・シュナウザーはとても飼い主の気持ちに敏感で賢い犬種です。しっかりとした主従関係を築くことができれば、しつけもしっかりと入るので犬を飼うことが初めての人でも比較的飼いやすい犬種だといわれていますね。

また飼い主と一緒になにかに挑戦することも好きで運動能力も高い犬種なので、フリスビーやアジリティーなどのドッグスポーツに挑戦してみたいと考えている方にもおすすめの犬種のです。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード