2017年5月18日更新

活発で聡明なミニチュア・シュナウザーの散歩についてのまとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

口の周りのパフパフしたおひげとピンと立った耳がなんとも可愛らしいミニチュア・シュナウザー。ミニチュア・シュナウザーは人並みの頭脳を持つといわれるほど頭がよく機敏で活発な犬種です。室内で過ごすだけでは満足できないようですね。今回はそんなミニチュア・シュナウザーにとって散歩にはどんな意味があるのかなどを調べてみました。

 

ミニチュア・シュナウザーにとっての散歩の意味は?

ミニチュア・シュナウザーはネズミなどの小型の害獣を駆除する目的で生み出された犬種だといわれています。小型ながら引き締まった筋肉質な体つきをしており、運動能力も高い犬種です。

小型犬というとあまり運動量を必要としないと考えがちですが、ミニチュア・シュナウザーは運動への欲求も強い方ですし体力もあるので、室内で遊ぶだけで満足するようなことはありません。ミニチュア・シュナウザーは散歩でしっかりと運動への欲求を満たして、ストレスを発散してあげる必要があるようです。

また飼い主に対しては愛情深いミニチュア・シュナウザーですが、誰にでも懐く犬種ではありません。犬に対しても警戒心が強く規律を重んじる傾向があるため、見知らぬ犬や犬同士のマナーが悪い犬に対して、攻撃的な面を見せるところがあるようです。

ミニチュア・シュナウザーの場合は小さな頃から積極的に家族以外の人や他の犬と触れ合う機会を多く持ち、社会性を身に付けてあげることが大切だといわれています。散歩は飼い主がリードでコントロールしながら他の人や犬と触れ合わせてあげることができる絶好の機会でもあります。

ミニチュア・シュナウザーの場合は警戒心が強くなってしまう前に、ワクチンが済む4ヶ月辺りから意識をして散歩へ連れて行ってあげるとよいですね。

imasia_7726813_S

ミニチュア・シュナウザーに必要な散歩の目安は?

運動量豊富なミニチュア・シュナウザーはしっかりと運動させてあげないとストレスを溜めてしまうことがあるようです。また食欲旺盛な犬が多く運動と食事のバランスが崩れると肥満になりやすい傾向があるようです。

ミニチュア・シュナウザーの散歩は1日3回行かれるようであれば、1回の散歩は30分程度でよいといわれています。もし時間が取れず1日1回しか行かれないような場合は時間を長くして、足りない運動量は室内でボール遊びや追いかけっこをするなどで発散させてあげるとよいでしょう。

平日の散歩が思うようにできなかった時は、週末にドッグランで思い切り走らせてあげるなどの工夫が必要なようです。

 

季節にあわせて時間は調整しましょう

近年の激しい気候変動から夏の気温の上昇が著しいため、犬たちにとっては夏は過ごしにくい季節になっているようです。ミニチュア・シュナウザーも他の犬種と同様に暑さに弱い犬が多く、夏場の散歩は熱中症に注意が必要なようです。

夏場は散歩に出かける時間帯は直射日光と地面からの照り返しを避けるために、地面が熱を持つ前の午前5時~6時くらい、夕方は地面の熱がしっかりと抜けているのを確認してから散歩をするとよいでしょう。

冬は夏ほどの危険性はありませんが、室内で過ごすことが多いミニチュア・シュナウザーの場合は、室内と外との温度差で寒さを厳しく感じることがあるようです。外へ出た時に震えるなどの症状が現れなければそのまま散歩へ出てもよいですが、寒さに震えている場合は防寒のための洋服を着せるなどの工夫をしてあげるとよいですね。

時間帯も夏場とは逆に陽が高くなって暖かくなってきてから、ゆっくりと長い時間をとって散歩をさせてあげると心地よく散歩をすることができるようです。

素材schnauzer-893171_960_720

リーダーウォークを身に付けましょう

ミニチュア・シュナウザーは自立心が旺盛な犬種なので、散歩の際もしっかりとリーダーシップを発揮してあげないと、自分勝手に引っ張って散歩をするようになってしまうことがあるようです。

また警戒心が強く時に見知らぬ人や他の犬に対して威嚇的な態度を取ってしまう傾向があるため、安全に散歩をするためには飼い主がミニチュア・シュナウザーの行動を制御できている状態にしておく必要があります。そのためにはリーダーウォークを身に付けさせておくことが大切ですね。

リーダーウォークの教え方には色々とありますが簡単に実践できるものとしては、犬が飼い主の前に出た時にわざと犬の前を通って方向を変える方法、もう1つは引っ張ると首に負担がかかるチョークを利用して、犬が引っ張った時に首に軽いショックを与えるように犬と逆の方向に飼い主が動く方法です。

どちらの場合も犬に命令などをせずに無言でおこない、1回5分~10分くらいの短い時間での訓練がよいようです。本格的に散歩へ行く前にまずは室内や家の前などで訓練をおこなうとよいですね。それでもなかなか散歩の最中の引っ張り癖が治らないような時は、散歩の前にも時間を作ってリーダーウォークの訓練をおこなってから出かけるとようにするとよいようです。

ミニチュアシュナウザー

まとめ

ミニチュア・シュナウザーの散歩についていろいろと調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

ミニチュア・シュナウザーはとても運動能力が高く聡明な犬種です。飼い主と一緒に新しいことに挑戦することも大好きなので、ドッグスポーツにも向いているといわれています。ミニチュア・シュナウザーにとって飼い主とともにドッグスポーツに挑戦することは、知的好奇心と運動への欲求の両方を満たすことができるとても楽しい時間です。

散歩で屋外での主従関係や社会性を十分に身に付けることができたら、一緒にドッグスポーツに挑戦してみるのもよいのではないでしょうか。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード