2017年5月18日更新

ミニチュア・シュナウザーの散歩には首輪がいいの?ハーネスがいいの?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

思慮深くもいたずらっぽくも見える独特の風貌が魅力的なミニチュア・シュナウザー。元気いっぱいなミニチュア・シュナウザーにとって散歩は1日の中で楽しみな時間です。安全に散歩をさせてあげたいものですね。今回はミニチュア・シュナウザーの散歩には首輪がいいのかハーネスがいいのかについて調べてみました。

 

首輪とは?ハーネスとは?

元気いっぱいのミニチュア・シュナウザーと一緒に安全に散歩をすることを考える時に、飼い主の方が1番悩んでしまうのが首輪にするべきかハーネスの方がよいのかということでしょう。

「首輪だと抜けてしまいそうだし、ハーネスだと毛に跡が付いてしまいそう。」確かに難しい問題ですね。どちらがミニチュア・シュナウザーに適しているのかを考えるために、まず首輪とハーネスがどのようなものなのかを知っておきましょう。

首輪の特徴

首輪というとどのようなものを思い浮かべますか?多くの方は皮でできたベルトのようなものを思い浮かべるのではないでしょうか?

最近では皮だけでなくナイロンや布などさまざまな素材でできた首輪が販売されています。形状もベルトタイプやバックルタイプだけでなく、ハーフチョークやマーティンゲールなどしつけに適していて首への負担も少ないものも販売されているようですね。

首輪は字のとおりに犬の首に巻くものですが、犬の首に巻く理由は犬のしつけ方に起因するといわれています。犬は目上の犬が目下の犬を叱る時に相手の首を噛んで教えます。首輪はその習性を生かして犬をしつけることができるのです。

また見た目にわかりやすく、飼い主がいることを主張できるのも首輪の特徴ですね。犬が迷い犬になった時に首輪を巻いていれば一目でその犬に飼い主がいることがわかります。首輪に迷子札や直接連絡先を記入しておけば、保護された時にすぐに連絡をもらうこともできます。

その他にも首輪をつけていると犬に危険がおよんでいる時に、とっさに飼い主が掴んで制御することができるというメリットもあるようです。このようなことから首輪は散歩で利用しなくても、常に着用しておく方がよいといわれています。

ハーネスの特徴

ハーネスは本来はそり犬をそりにつなぐための道具です。そり犬は重い荷物や人を乗せたそりを、悪路の中でもしっかりと引っ張って走らなければなりません。そのためにはそりと犬とをつなぐ道具は、体に負担がなく犬が物を引きやすいものである必要があるのです。

ハーネスは胴体に巻くので首に巻く首輪よりも体に負担をかけることなく、力を入れて物を引っ張ることができます。現在はそり犬だけでなく盲導犬や介助犬など、長時間人を導いて歩く使役犬と人とをつなぐ道具としても活用されていますね。

ペットとして飼われている犬が散歩で利用するハーネスは、主にリボン状のものを前足に通すような形のものが多いですが、最近では首輪と同様にさまざまな形式のものが販売されているようです。

ミニチュアシュナウザー

それぞれのメリット・デメリット

首輪やハーネスの特徴が理解できたところで、次に散歩で使う時のメリットとデメリットを考えてみましょう。

首輪とハーネスそれぞれを散歩で利用する時のメリットとデメリットは次のようにいわれています。

首輪のメリット・デメリット

メリット

  • 着脱が簡単に行える
  • いつもつけておくことができる
  • 首に直接ショックを与えることができるので犬とのコミュニケーションが取りやすくしつけに向いている

デメリット

  • 首が細く頭の小さい犬種の場合は抜けやすい
  • 引っ張った時に首や気管に負担が大きい

ハーネスのメリット・デメリット

メリット

  • 引っ張っても首や気管に負担がかからない
  • 胴に回すので抜けにくい

デメリット

  • 犬が引っ張りやすい構造なので引っ張り癖を付けやすく治しにくい
  • 犬が咬んで壊してしまう可能性があるので装着をしたままにしておくことができない
  • 前足を通して胴体に回さなければならないので着脱に時間がかかる

素材schnauzer-600931_640

 

ミニチュア・シュナウザーに適しているのは首輪?ハーネス?

首輪とハーネスの特徴やそれぞれのメリット・デメリットをふまえて、ミニチュア・シュナウザーが散歩に使うにはどちらが適しているのかを考えてみましょう。

自立心が旺盛なミニチュア・シュナウザーは、散歩に慣れていない状態だと自分勝手に飼い主を振り回すような散歩をしてしまう傾向が強いようです。また警戒心が強いため、家族以外の人や他の犬に対する社会性を身に付けていないと、見知らぬ人や気に入らない犬に対して攻撃的な面をみせることもあるようです。

ミニチュア・シュナウザーは散歩を始める時は必ずリーダーウォークの訓練をしておく必要があります。リーダーウォークの訓練にはハーネスよりも首輪が適しているといわれています。特に引っ張らずに巻いている時は犬に違和感を与えず、飼い主が引いた時だけ首にショックを与えることのできる、ハーフチョークなどの可動式の首輪がよいようですね。

ただしすべてが可動するタイプの首輪は使い方を理解していないと無駄に首が締まってしまう危険性があるので、使う時には訓練士などからの手ほどきを受けるべきだといわれています。訓練を受ける時間がない場合は、ハーフチョークやマーティンゲールのように半分は固定されているものを使用するとよいでしょう。

首輪でうまくついて歩けるようになったら、メリット・デメリットをよく考えながら犬の体の状態にあわせて、ハーネスと首輪をうまく使い分けてあげるとよいですね。

散歩嫌いの原因の1つは首輪やハーネスにある?

ミニチュア・シュナウザーはがっしりとした見た目とは裏腹に繊細なところを持った犬種です。そのため付け慣れない首輪やハーネスに対して強く違和感を感じてしまうこともあるようで、付け初めはかなり嫌がる犬が多いようです。

嫌がっている状態で無理に散歩に出かけてしまうと、余計に首輪やハーネスに対して苦手意識を付けてしまいます。頑固なところのあるミニチュア・シュナウザーに1度苦手意識を持たせてしまうと、首輪やハーネスをなかなか付けさせてくれなくなってしまうようです。

首輪もハーネスもまずは付け慣れることから始めてあげることが大切ですね。

首輪やハーネスに慣らすにはまず室内で首や胴に軽いリボンのようなものを巻いて、何かを巻くことに慣らしてあげるとよいでしょう。リボンが巻かれていても気にしなくなってきてから、首輪やハーネスを巻くようにします。

それでも皮や布の感触に慣れずに嫌がることも多いと思います。その場合は無理をさせずすぐに外してあげましょう。少しずつ慣らしてあげることが大切です。巻かれていても落ち着いていられるようになったら、散歩の前の準備として室内でリードを付けて遊んであげましょう。

室内で遊ぶことに慣れてきたら初めて外へと散歩に出かけてみましょう。最初は外の雰囲気に緊張して慣れたはずの首輪やハーネスを嫌がることもあるかもしれません。その時も無理をさせず、犬のペースにあわせてあげることが大切です。少し歩けたらたくさん褒めてあげましょう。これを繰り返して少しずつ距離を伸ばしていきます。褒める時にご褒美のオヤツをあげるのも効果的なようです。

リーダーウォークの訓練が終わってハーネスへ切り替える時にも、同じ手順でハーネスに慣らしてあげるとよいですね。

犬_素材

まとめ

ミニチュア・シュナウザーには首輪が適しているのかハーネスが適しているのかを、散歩で利用することを中心に調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

ストリッピングをしていないミニチュア・シュナウザーの被毛はとても細く柔らかい毛質をしています。そのため首輪やハーネスがあたっている部分の毛が切れたり抜けたりして、脱毛をしてしまうことがあるようです。

どちらもうまく使えるようにしておいて、脱毛していたり肌が赤くなっているなどの症状がある場合は、症状が治まるまでハーネスならば首輪に首輪ならばハーネスに付け替えてあげるとよいですね。

 
 

関連カテゴリ