2017年5月18日更新

ソルト&ペッパーってどんな色?ミニチュア・シュナウザーのカラーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ディズニーのワンワン物語に出てくるオス犬のキャラクターのカラーは、実はミニチュア・シュナウザーのソルト&ペッパーというカラーだといわれていますね。他の犬種では聞きなれないソルト&ペッパーとはどんなカラーなのでしょう?今回はあまり知られていないミニチュア・シュナウザーの被毛のカラーについて調べてみました。

 

ミニチュア・シュナウザーの被毛の特徴は?

ミニチュア・シュナウザーはゴワゴワとした固い上毛と、柔らかく密集して生えている下毛の2重構造をしたダブルコートと呼ばれる毛の構造をしています。通常ダブルコートの犬種は、下毛が抜け替わることで季節にあわせた体温の調整をおこなっているのですが、ミニチュア・シュナウザーの下毛は抜けにくいのが特徴です。

そのためダブルコートなのに抜け毛が少ない犬種としても有名ですね。抜け毛が少ない分手入れは大変なようです。本来は抜け落ちる下毛が抜けないため、肌の通気性を上手に保ってあげるためには毎日しっかりとブラシングをして、不要な毛を取ってあげる必要があるためです。

またカットしないと伸び続ける毛質をしているため、綺麗なスタイルを保つためには定期的なトリミングが不可欠なようです。

ミニチュアシュナウザー

ミニチュア・シュナウザーのスタンダードカラーは?

ミニチュア・シュナウザーの日本でのスタンダードカラーについて、一般社団法人・ジャパンケネルクラブ(JKC)ではどのように定められているのでしょう。

ミニチュア・シュナウザーのスタンダードカラーとして認められているカラーは、ブラックの下毛と上毛を持つ漆黒のブラック、対してホワイトの下毛と上毛を持つ純白のホワイト、ソルト&ペッパー、ブラック&シルバーの4色です。

ソルト&ペッパーの被毛は1本1本が塩と胡椒を振ったような斑になっていて、一般社団法人・ジャパンケネルクラブではこの胡椒つまりペッパーの部分は十分に色素があることが好ましいとされています。

また下毛はグレーでなければならず、色調は幅広くダーク・アイアン・グレーのような濃いグレーから、シルバー・グレーのようなやや白っぽいグレーまで認められています。頭部や胸、足にはっきりとした明るいカラーのマーキングが出ることは好ましくないとされ、マスクと呼ばれる前顔部分もしくは鼻先から口元にかけての部分は全体のカラーと調和した暗色でなければならないとされています。

ブラック&シルバーに関しては目の上と頬、髭、喉、前足の中手骨(フロント・パスターン)、足、後足の内側から肛門の周り、胸の前(三角形が2つ付いたような形)のシルバーのマーキングがあり、いがいの部分は上毛下毛ともにブラックであることが望ましいとされています。また前顔部分、頸、耳の外側もブラックであることと規定されています。

 

退色するって本当?

ミニチュア・シュナウザーのカラーでよく耳にするのが成長とともに色が薄くなっていくということではないでしょうか?実際には退色するのはソルト&ペッパーのみのようで、ブラック&シルバーやブラックはあまり退色はしないようです。

ミニチュア・シュナウザーはテリアとして分類されることが多いですが、実際にはテリアの血は入っていません。ですが上毛の毛質はテリアの物に非常に近く、ワイヤーといわれるゴワゴワとした手触りが特徴的な毛質をしています。

ワイヤーの毛質は固くはりのある状態を保っておくためには、ストリッピングと呼ばれるケアをおこなわなければなりません。ストリッピングとは毛質を保ちたい部分の被毛を1度すべて抜いてしまい新しい毛に生え変わらせることで毛の質を向上させるというケアです。

1度抜いてしまうことで太く固い被毛に生え変わると同時に、子犬の頃と同様の濃い色の被毛が生えてくるのでソルト&ペッパーの退色を防ぐことができるといわれています。つまり通常のトリミングやブラッシングだけのケアをしていると、上毛が抜け替わらないため徐々に細く柔らかくなり、色も退色していくということのようです。

しかし被毛をすべて抜いてしまうストリッピングは技術的にとても難しく、正しくおこなわないと犬に苦痛を与えることになりますし、肌を傷める結果にもなってしまいます。日本ではプロのサロンでもおこなっているところが少なく、やっていても高額になることが多いようですね。

ドッグショーへ出陳する場合は、ミニチュア・シュナウザーらしい固い被毛であることが必要なので、ストリッピングをおこなう必要がありますが、家庭でペットとして飼育する場合は無理におこなう必要のあるケアではないようです。

成長とともにフワフワに変わっていく毛質と、柔らかく明るいカラーへと変色していくのを楽しむのもまたよいのではないでしょうか。

犬_素材dog-1174939_640

認められていないカラーは?

スタンダードカラーとして認められていないカラーはミスカラーと呼ばれ、ドッグショーへ出陳すると大きな減点になったり、ミスカラー同士の繁殖は避けるべきであるなど繁殖にも注意が必要だといわれています。

ミニチュア・シュナウザーにもスタンダードとして認められていないカラーがいくつかあります。ミニチュア・シュナウザーで認められていないカラーは次のようになります。

  • ブランク&タン
  • ブラック&ホワイト(ホワイト&ブラック)
  • レバー
  • レバー&シルバー
  • レバー&タン
  • レバー&ホワイト
  • レバー・ペッパー
  • レバー・ペッパー,パーティー
  • レバー,パーティー
  • ウィート
  • ウィート・ペッパー

犬_素材puppy-434841_640

まとめ

ミニチュア・シュナウザーのカラーについて色々と調べてきましたがいかがでしたか?

ワンワン物語のキャラクターのカラーにも使われているとおり、ミニチュア・シュナウザーの代表的なカラーはソルト&ペッパーです。遠目に見た感じではグレーの印象が強いカラーですが、実際には白、黒、グレーが微妙に交じり合った複雑で素敵なカラーです。

確かに色濃く濃淡が出ているソルト&ペッパーも素敵ですが、年を重ねていくにつれてシルバーグレーやチャコールグレーのように変色したカラーもとても美しいものです。

「やっぱりミニチュア・シュナウザーらしい固い毛質がいい!」と考えてストリッピングをするのもよし、「成長にあわせてカラーを楽しみたい!」と考えるのもよし、どちらもミニチュア・シュナウザーならではのカラーの楽しみ方ですね。

 
 

関連カテゴリ