2017年1月29日更新

【動物看護師が徹底解説!】猫の肉球が冷たい!猫にも冷え性ってあるの?対策は?

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

厳しい寒さがやってきて、手足の冷たさに頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。寒い場所にいて冷えるのは誰にでもあることですが、暖房が入っている部屋でも、夏でも、末端が冷えてしびれてしまうという方は、冷え性かもしれません。そんな冷え性、猫にもあるのでしょうか?

 

冷え性は何故起こるのか?

なぜ、手足の先だけが冷えてしまうのでしょうか?冷え性は特に女性に多く、ホルモンなどの原因もよく言われていますが、主な原因は血流不足といわれています。手足の末端部分まで、きちんと血液が回らないため冷えてしまうそうです。

さて、猫を飼っている方は愛猫の足をそっと握ってみてください。猫は温かい場所を好むので、十分に足先まで温められているとは思いますが、体よりもちょっと手足がひんやりするのであれば、冷え性の可能性があるかもしれません。

猫は何故冷え性になる?

猫の場合、冷え性と呼んでよいのかはわかりませんが、冷え性と似たような現象が起きることがあるのは事実です。筋力の少ない猫や、高齢の猫が特にそのような”冷え”を感じやすいでしょう。手足が冷えてしまう理由は、人間と同じです。人間も、猫も末端部分まで十分に血液が行き届かない場合があるということです。ふかふかの布団の上や、人間の膝の上などにいれば、体全体が温まってきますが、もし手足だけずっと冷たいままだったら、どんな対策をしてあげればよいのでしょうか。

 

猫の冷え対策は?

猫に靴下を常に履かせておくわけにはいきませんし、カイロやホットカーペットも低温やけどの恐れがあるため、目を離しているときは危険が伴います。なるべく部屋の中を温かくしたり、ふかふかの保温性のあるベッドを用意したりなど、外部から体を温めることは容易ですが、冷え性の原因は血流でしたよね。体を温めても末端まで運ばれる血液が滞ってしまうと、冷えは改善されないままになってしまいます。手足の冷えを改善してあげたいのであれば、その血流の滞りをなくせばよいということです。

マッサージが効果的

冷え性の根本の原因を叩くためには、血の巡りをよくすることです。巡りをよくするためには、マッサージが非常に効果的で、毎日行いやすい作業でもあります。手足が冷えているな、と感じたら、足先をきゅっきゅっと握るようにして、血流をよくしてあげましょう。また、足先から心臓に向かって、皮膚を撫でるようにマッサージするのもよいでしょう。血の巡りをよくすることで、冷えも解消され血液循環もよくなるので、臓器にもきちんと血液が運び込まれ、働きがよくなります。冷えだけではなく、健康維持のためにも効果的ですので、テレビを見ながら、ひざに愛猫を抱いている数分間だけでも意識的にマッサージをおこなってみてくださいね。