2017年1月28日更新

【動物看護師が解説!】ワクチン接種で起こりうる副作用は?注意すべき症状と対策~犬編~

毎年必ず1回の接種が決められている、混合ワクチン。ペットホテルやドッグランを利用する際に証明書が必要となることもあり、狂犬病ワクチンと同じく、毎年忘れずに接種してくださっている飼い主さんも多いことでしょう。ワクチンは病気を予防・重篤化を防ぐ目的で接種されますが、気になるのが副作用。混合ワクチンの副作用とは、どんなものがあるのでしょうか。

混合ワクチンの種類は様々

動物病院ごとでワクチンの種類が1種類に決められているところ、2種類から選べるところさまざまあり、地域で異なることもあります。混合ワクチン全体を見てみるといくつも種類もあり、何を接種するべきなのか迷ってしまいますよね。

その迷いを軽減するために、それぞれの動物病院では少ない数に絞ってあることがありますが、ワクチンは病気を予防するものだと言われていますので、混合数が多ければ多いほど良いと思われがちです。しかし、それは本当なのでしょうか?

数が増えると、副反応(副作用)を起こす可能性も増える

混合ワクチンは、2種、5種、6種・・・と種類があり最大は9種となります。では、9種のワクチンが一番予防できる病気も多いし、9種にしよう!と考えがちですが、実はそれはある程度の危険を伴う選択なのです。

混合ワクチンはいくつもの病気の原因となるものが、合わさって入っているため、その数が多ければ多いほど体への負担は大きくなります。ワクチン接種をすると、一時的に弱く病気にかかったような状態になるので、免疫が落ちてしまいます。そうすると、外部からの菌やウイルスにかかりやすくなったり、稀ではありますが、ワクチンに含まれる病原菌が猛威を振るう場合があります

どんな症状が現れる?

軽度のものであれば、微熱が出たり、食欲不振、活動性の低下などが見られます。中には、顔がパンパンに腫れあがるムーンフェイスとよばれる症状が出たり、接種部の赤み、腫れ、痒みなどが起こることもあります。一番最悪の副反応は、アナフィラキシーショックと呼ばれる、呼吸器などに症状が現れるものです。この場合は手当が遅れると、死に至る場合があります。

ワクチン接種後は、散歩を控えたり、シャンプーを控えたりするよう説明されると思いますが、この約束を守らなかったことで副反応が起こることもあります。ストレスや、疲れがワクチン接種と合わさると、免疫が低下し、より病気にかかりやすい状態になってしまうからです

なんとなくでは選ばないこと

一番初めに書きましたが、ワクチンには地域性があることがあります。6種以上に含まれているレプトスピラは型が2つありますが、これは主に野ネズミの尿などから感染するといわれています。西日本に多いともいわれ、もちろん東日本であっても林や森が近くにある場合は、予防をしたほうが良いでしょう。ただし、完全室内飼育、もしくは散歩はコンクリートの上のみ、川遊びや山のレジャーなどに行かないのであれば、レプトスピラを含むワクチンを、副反応が起こる可能性が高くなると承知しながら無理やり打つ必要はないでしょう。

住んでいる地域や、生活スタイルなどで必要なワクチンの種類がそれぞれ変わってきますので、本当に愛犬にこの数のワクチンは必要なのかどうか、かかりつけの動物病院の獣医師に相談するのがよいでしょう。また、同じワクチンを毎年打っていて大丈夫だったのに、突然副反応が起こることもありますので、ワクチン接種後はなるべく家で安静にして、体の回復を待ちましょう。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

迷子犬を探す手がかりに!!狂犬病ワクチン接種でもらえる鑑札。

春になると市や区から「狂犬病のワクチンを打ってください」とハガキが送られてきます。 日本には狂犬病は出ていないから…など打たない方もちらほらといらっしゃるようですが、法律違反になりますので……

犬のワクチン接種

獣医師が解説!犬の〝年齢別〟予防接種のいろは。

愛犬の健康管理は飼い主のとても大切な役割です。日々の健康的な生活習慣による健康管理はもちろんですが、伝染病を予防するための予防接種(ワクチン接種)も愛犬のために忘れてはならないことのひとつで……

犬のワクチン接種

任意ですが【混合ワクチンについて】愛犬の元気は飼い主さんの元気!

混合ワクチンで予防できる病気一覧 そもそも、ワクチンを摂取していれば下記に記述する病気の可能性は低くなります。 しかし、混合ワクチン摂取のタイミングには賛否両論がありますので、それを踏ま……

犬のワクチン接種

犬を連れてキャンプに!犬と楽しむためのキャンプ場の選び方と準備

春から秋にかけて人気なのがキャンプ。最近ではペットを同伴できるキャンプ場も増えています。一緒に自然に親しむ機会は愛犬にとっても飼い主さんにとっても良い想い出になることでしょう。 しかし……

犬のトイレグッズ

【獣医師が解説】防げる病気は防いであげたい。犬の予防まとめ

狂犬病予防接種(年1回) 生後91日以上の犬の飼い主には、毎年1回の狂犬病予防注射を受けさせることが義務づけられています。 4月(年1回) 犬からの感染が多いので「狂犬病」……

犬の感染症

2分でわかる!子犬の登録と狂犬病の予防注射について

皆さんは犬を飼育すると、様々な「義務」が生じることを知っていますか?簡単に犬を飼うといっても、守らなければいけないことや、やっておかなければいざというときに飼い主の立場が不利になってしまうこ……

犬のワクチン接種

【獣医師監修】狂犬病予防注射してますか?恐ろしい狂犬病から愛犬を守りましょう。

狂犬病とは 狂犬病ウイルスに感染した動物に噛まれたり引っ掻かれたりしてできた傷口からウイルスが体内に侵入して発症する、全てのほ乳類が感染する人獣共通感染症です。侵入したウイルスは脳神経組織……

犬のワクチン接種

犬や猫のワクチン接種の前後にお風呂は避けるべき?接種前後の注意点とは?【動物看護師が徹底解説】

犬も猫も、年に一度必要になるワクチン接種。毎年のことなので、説明も右から左であまり頭に入っていない飼い主さんも多いのではないでしょうか。ワクチンは打てば良い、というものではなく、打つ前と後に……

猫のワクチン接種

【動物看護師が解説!】ワクチン接種で起こりうる副作用は?注意すべき症状と対策~犬編~

毎年必ず1回の接種が決められている、混合ワクチン。ペットホテルやドッグランを利用する際に証明書が必要となることもあり、狂犬病ワクチンと同じく、毎年忘れずに接種してくださっている飼い主さんも多……

犬のワクチン接種

【獣医師監修】年に一度の狂犬病の注射、本当に必要なの? 狂犬病のワクチンの意義

狂犬病は、一度発症すると人間、動物ともに致死率100%と言われる恐ろしい病気です。しかし、日本国内では昭和33年以降、この病気の発生は報告されていません。 それでも狂犬病の予防注射は必……

犬のワクチン接種

獣医師ではない人がワクチン注射をすることはある?【動物看護師が徹底解説】

寒い冬を越えて、暖かい春がやってくると狂犬病ワクチンや混合ワクチンなどの、予防接種の時期で忙しくなりますね。動物病院も混んでいるし、遠くまで通っている人にとっては、もっと手軽に済ます方法はな……

犬のワクチン接種