2017年5月18日更新

カットスタイルが魅力のミニチュア・シュナウザーに洋服は必要?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ダブルコートなのに抜け毛が少なく伸び続ける毛質をしているミニチュア・シュナウザー。カットスタイル次第で表情が変わるのもミニチュア・シュナウザーの魅力です。「隠しちゃうなんでもったいない!」と考える方も多いのでは?今回はそんなミニチュア・シュナウザーに洋服を着せる意味などについて調べてみました。

 

ミニチュア・シュナウザーに洋服を着せる意味は?

ミニチュア・シュナウザーのカットスタイルにはスタンダードなシュナウザーカット以外にも、モヒカンやテディーベアカットなど魅力的なスタイルがたくさんありますね。

そんな魅力的なスタイルを洋服で隠してしまうのはもったいない!と考える方も多いと思います。ではミニチュア・シュナウザーに洋服を着せる意味はあるのでしょうか?ミニチュア・シュナウザーに洋服を着せる意味には次のようなものがあるようです。

素材schnauzer-1150228_640

マナーとしての着用

愛犬と一緒に友人の家やドッグカフェなどを利用する時に気になるのは、抜け毛と臭いの問題ではないでしょうか?特に多くの人が利用する公共の場所では犬にアレルギーを持っている方もいらっしゃいますし、臭いについても犬を飼っていない人には少しの臭いでも気になる方もいらっしゃいます。

ミニチュア・シュナウザーはダブルコートの犬種なのに下毛が抜けにくい構造になっており抜け毛は少ない犬種です。抜け毛の点ではあまり気になることはないかもしれません。しかしアレルギーのある人にとっては少しの量の抜け毛でも敏感に反応してしまうようですし、被毛だけでなくフケに対してもアレルギー反応が起きてしまう人もいるようです。

臭いも同様でミニチュア・シュナウザーはあまり体臭は気になる犬種ではありませんが、愛犬家にとっては香ばしく暖かい臭いと感じる犬の足の裏からの臭いも、犬を飼っていない人や犬が苦手な人にとっては獣くさい嫌な臭いと感じることもあるようです。

ミニチュア・シュナウザーに限らず犬と一緒に多くの人が利用する公共施設を利用する時や友人の家を訪問する時には、毛の抜け落ちと防臭のために洋服を着せることはマナーの1つとして必要なことのようです。

アレルゲンの付着を防止する

ミニチュア・シュナウザーは皮膚の弱いところがあり皮膚病には注意が必要な犬種だといわれています。特にアレルギーを持っている犬が多いことでも知られていて、アトピー性の皮膚炎にかかりやすい傾向があるようです。

アトピー性の皮膚炎はアレルギーの原因となるアレルゲンが肌に付着したり、吸い込んだりすることで発症する皮膚病のことです。アレルギーを起こす原因としては食べ物によるもの、ノミやダニなどの寄生虫、ハウスダストや花粉などの環境的な要因が考えらます。

症状としては痒がって手足を噛んだり、足でかくと大量のフケが出たりするようになります。重症化していくと脱毛を起こしたり、患部が赤黒くなり皮膚が分厚くなってしまったりすることがあるようです。

食餌アレルギーやアレルゲンの吸引は洋服で防ぐことはできませんが、環境的なアレルゲンの肌への付着は防ぐことができます。草むらや落ち葉の中を歩く時やほこりっぽい場所へ行く時には、洋服を着せてアレルゲンの付着を予防してあげるとよいですね。

汚れの防止

ミニチュア・シュナウザーのような小型犬は体高が低いため、雨の後のぬかるんだ道を歩くと泥を跳ね上げお腹が真っ黒になってしまうこともあるようです。

短毛のスムースコートならば蒸しタオルで拭くだけで汚れを取ることができますが、長毛の犬種の場合は蒸しタオルだけではなかなか綺麗に汚れを落とすことはむずかしいようです。しかし汚れるたびにシャワーを浴びるのでは大変ですね。

被毛を清潔に保つためにも、雨あがりには撥水性の高いレインコートなどの洋服を着せるなど、天候や散歩コースのコンディションにあわせて、汚れない工夫をしてあげるのもよいのではないでしょうか。

ミニチュアシュナウザー

体にあった洋服を選びましょう

ミニチュア・シュナウザーは胸の張った筋肉質な体格をしており、首の回りも意外とがっしりとしているので、洋服を買う時は胸や首回りに余裕のあるきつくない洋服を選んであげるとよいようです。

ペットショップなどで販売されている既成の洋服はサイズ表記が人と同じ様にS、M、Lなどと表記されていることが多いのですが、メーカーによって首回りのサイズや着丈などが若干異なります。お店によってはメーカーごとにサイズ対応表が掲示されているところもありますので、初めて洋服を購入する時は対応表を参考にしながら愛犬のサイズにあった洋服を選ぶと、「きつかった!」などの失敗が少なくて済むようです。

また洋服を購入する前には予め愛犬のサイズを採寸しておくとよいようですね。犬の洋服を買う時に採寸しておく場所は次の5つだといわれています。

  • 胴回り:前足のつけ根から背中を回って胸の一番広いところを1周
  • 首回り:首輪の位置を1周
  • 背丈:首のつけ根から尻尾のつけ根まで
  • 腹側着丈:腹側の首輪の位置から排泄で汚れない位置まで
  • ウエスト:後ろ足の抜け根から背中を回って胴の一番細いところを1周

最近では犬の洋服もオーダーメイドやセミオーダーで作ってくださるお店もあるようです。既成の洋服でなかなか思うようなものに出会えない場合は、愛犬のサイズにぴったりな服を作ってもらうのもよい方法です。料金は既成の洋服よりもやや高額になることが多いようですが、着心地のよいデザインもぴったりの洋服が手に入るのはポイントが高いですね。

 

着慣れるまではゆっくりと

最近ではドッグカフェや犬と泊まれる宿泊施設などでは、マナーの面で洋服の着用を義務付けているところもあるようです。愛犬と一緒に出かける範囲を広げるためには、洋服を着せることが必要になってきているということですね。

しかし犬にとって洋服は着慣れない違和感のあるものです。着せてすぐに外へ出かけようとしても嫌がって動けなくなってしまったり、暴れて脱ごうとするようなこともあるようです。洋服を着せる時は焦らずゆっくりと慣らしてあげることが大切です。

初めて着せる洋服はできるだけ軽く違和感のない洋服を選ぶことが重要です。最初はいつも過ごしている安心できる場所で着せてあげて、嫌がるようならすぐに脱がしてあげましょう。絶対に無理をさせてはいけません。少しでも着ていられたらたっぷりと褒めてあげます。

食いしん坊のミニチュア・シュナウザーの場合は、オヤツをうまく利用して着ていられる時間を伸ばすのも有効ですね。飼い主に褒められることが大好きなミニチュア・シュナウザーは、洋服を着ることを褒められることを繰り返すうちに、次第に着られる時間が長くなっていくようです。なかには褒められたいから自分から進んで洋服を着る犬もいるようですね。

洋服も他のしつけと同様に小さな頃から着せておくと、比較的スムーズに洋服を着ることができるようになるようです。基本的なしつけが終わったら洋服に挑戦してみるとよいですね。

脱いで過ごす時間も作ってあげましょう

外へ出かける時に洋服を着せることは被毛や肌を綺麗に保つ意味でも、他の人への配慮の面でも必要なことのようです。しかしもともと洋服を着る習慣のない犬にとっては、自宅でも洋服を着て過ごすことは衛生面であまり望ましいことではないようです。

洋服を着ることで毛やフケが落ちることを防ぐことはできますが、その分洋服の中に溜まっていってしまう状態が続いてしまいます。また洋服の中は汗がこもりやすく肌が蒸れやすい状態になっています。

肌が弱く皮膚炎に注意が必要なミニチュア・シュナウザーにとって、肌の蒸れやフケや抜け毛が常に肌の側にあるような不衛生な状態は、皮膚炎を誘発してしまう可能性があるのでできるだけ避けたいところです。

自宅では温度管理が行き届いた洋服を着ないで過ごすことができる場所を用意しておいて、着ないで過ごすことができる時間を作ってあげるとよいですね。

素材schnauzer-893171_960_720

まとめ

ミニチュア・シュナウザーに洋服を着せることについて色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

ミニチュア・シュナウザーはゴワゴワとしたワイヤーと呼ばれる毛質が特徴ですが、固くはりのある状態を保つためにはストリッピングというケアをする必要があります。ストリッピングとは被毛を1度すべて抜いてしまい、新しく生え変わらせることで固く丈夫な毛質を保っていくケアです。

ミニチュア・シュナウザーらしい固い毛質を保つためには必要なケアなのですが、正しくおこなわないと犬に苦痛を与え肌を傷めてしまう難しいケアのようです。日本ではプロのトリマーの方でもやってくださる方が少なく、やっていても高額になることが多いようです。

ドッグショーなどに出陳する場合には退色を防ぎ固い毛質を保っておく必要があるので、ストリッピングは不可欠なものですが、ペットとして家庭で飼育する分には柔らかく変化していく被毛を楽しむのも1つの手ですね。

ただし洋服を着せることを考えるとストリッピングをしていないミニチュア・シュナウザーの被毛は、とても柔らかく絡みやすい毛質をしているため、洋服を脱がせたら毛玉だらけという問題があるようです。

洋服を着せる時は脱がせた後の被毛のケアを忘れずにしてあげるとよいですね。