2017年1月10日更新

子猫のフードをドライフードにしたい!いつからどう変えていく?【獣医師が解説】

子猫が成長するにしたがって、食餌をミルク→離乳食(ウェットフード)→ドライフードにしていくことが一般的です。「離乳食からドライフードに変えるタイミングや変える方法はどうしたらいいんだろう」とお悩みの方へ、その方法をまとめてみました。参考にしてみてくださいね。

ドライフードに変えるタイミング

imasia_2258404_S

生後1~2か月から切り替えていく

まず、母乳で育っている場合は、歯が強くなってくる生後1~2か月齢位で徐々に母親が授乳しなくなるのが一般的です。乳歯は前歯が3週間程度から生え始め、奥歯が2か月齢くらいまでに大体生えそろいます。

基本的に歯が生えそろえばドライフードは食べることができますので、切り替えのタイミングは生後2か月が一つの目安になります。

ドライに変えるときは徐々に切り替える

ウェットフードからドライフードは一気に変更するのではなく、徐々に変えていく必要があります。徐々に変えていって、完全にドライフードにしても消化不良が起きず順調に体重が増えていけば、切り替え成功です。

ドライフードをふやかすポイント

ドライフードに切り替えていくにあたって、最初はドライフードをふやかす必要があります。

ふやかすのはお湯でも、水を入れてレンジでも構いませんが、あまり高温にするとビタミンなどの栄養成分が壊れてしまうと言われています。沸騰した熱湯をかけたりレンジで高温にするのはやめましょう。

また、自然界に「ホットフード」は存在していません。一番温かいご飯でも40度以下の肉ですので、熱すぎないように確認しながら与えましょう。猫は「猫舌」ですからね。

もしふやけにくい場合は、ドライフードを袋に入れて叩いてつぶしてからふやかすといいでしょう。キャットフードは油でコーティングされていることも多く、そのままでは表面の脂が水をはじいてしまってふやけにくいこともあります。

ドライフードへの切り替え方の例

基本的に切り替えのタイミングやスピードは、猫の様子を見ながらになります。切り替え方の例をご紹介します。

ふやかしドライフードとウェットフードを混ぜる:1.5~2か月齢

まず最初は、ふやかしフードをウェットフードに混ぜることからスタートすることから始めます。最初はウェットフードと同じくらい、噛まなくても指で簡単につぶれてしまうくらいにふやかしてウェットフードに混ぜて与えてみましょう!

徐々に固くしていき、ウェットフードは切る:2~4カ月齢

ドライフードをふやかし始めたら、下痢やおう吐の有無、体重の増減をしっかり観察しながら徐々に固くしていき、ウェットフードも徐々に切っていきましょう。目安としては、1カ月くらいかけて硬くするイメージです。

完全にドライに切り替える:2.5~4か月齢

嘔吐や下痢、体重の増減を見ながら完全にドライに切り替えます。体重はできれば毎日測り、1週間で100gくらい増えているかどうかを必ず確認して下さい。体重が増えない、下痢をしているなどがあればフードの切り替えがうまく行っていないか何か病気があるかのどちらかです。一度動物病院で相談した方がいいでしょう。

1日に与えるドライフードの回数

imasia_8783020_S
一般的には

  • 2,3か月齢で1日4回
  • 4,5か月齢で1日3回
  • 6カ月齢で1日2回くらい

を目安にしてもらったらいいと思います。ドライフードを完全に食べられるようになれば1日2回にしてもらっても大丈夫ですが、回数に関しても便と体重の増減を確認しながら考えてあげてください。

先住猫がいる場合

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
子猫は他の猫が食べているフードを食べたがります。また、子猫用のフードは少し味が違って、先住猫が食べたがることもあります。一緒にしておくと、どちらか早く食べる方の猫が自分のフード以外も食べてしまうことがあります。その場合には

  • 食べてしまった子が消化不良で下痢やおう吐をしたり、太りすぎてしまう
  • 取られてしまった子が痩せて来る
  • 喧嘩が起こる

といったリスクがあります。

できるだけ食べる場所を分けるようにしてください。
もし先住猫が置き餌ではないと食べないという場合は、子猫が食べてしまわないようフードの場所を工夫するなどしてもらった方がいいでしょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】秋に旬の秋刀魚は猫に食べさせても大丈夫?どんな調理法がいいの?

秋に美味しい食べ物のひとつが秋刀魚。脂の乗った秋刀魚は秋に必ず食べたい食べ物ですが、猫にとってもそれは同じのようです。テーブルの上に置いておいた秋刀魚が気づいたら無くなっていたとか、猫に齧ら……

猫に必要な栄養

猫に必要な栄養素に注目して、グレインフリーのキャットフードを作るカナガン

小さくて可愛い姿をしていても猫はれっきとした肉食動物。ご飯の上に鰹節を掛けたねこまんまは昔は猫の食事の定番でしたが、猫が必要としている栄養分をほとんど供給できていません。猫には穀物によりもタ……

キャットフード

【獣医師が解説】猫のごはんは何時に与えるもの?

猫に食事を与える時間を決めていますか?猫が気が向いたときに食べられるように、ごはんを出しっぱなしにしているという人もいるでしょう。しかし、「猫に自由にごはんを食べさせていたら肥満になってしま……

キャットフード

【獣医師監修】猫にチョコレートは大丈夫? NO! 猫にはチョコレートは食べさせないで

猫は意外にも甘いものが好き。生クリームやアイスクリームなどをペロッと食べてしまうこともあります。甘いもの自体、あまり猫の健康にとって良くはありませんが特に危ないのがチョコレート。今回は猫とチ……

猫に必要な栄養

日本の猫のために日本のメーカーが企画。「カントリーロード」のキャットフード

日本の猫は遊び場が狭いために運動不足になりがちですし、去勢、避妊していて太りやすいという傾向があります。「カントリーロード」はこうした日本特有の事情や環境で生きている猫のために脂肪、低カロリ……

キャットフード

グレインフリーフードのキャットフードのおすすめは?人気のグレインフリーのキャットフードを調査

猫のフードを探していると最近目につくのが「グレインフリー」という言葉。猫のフードに敏感な飼い主さんにとっては当たり前になってきた「グレインフリー」のキャットフードですが、まだまだ知らない人も……

キャットフード

【獣医師が教える!】愛犬・愛猫のライフステージ別ペットフードの選び方

愛犬や愛猫の健やかな暮らしには、健康的な食習慣が欠かせません。最近では、各メーカーからとてもたくさんの種類のフードが販売されています。 ずらりと並んだたくさんの種類のフードの中から、ど……

猫に必要な栄養

下部尿路疾患の猫を飼っていたら食べさせたい専用の療法食

猫の下部尿路疾患はFLUTDとも呼ばれ、膀胱から尿道にかけて起こる病気の総称です。猫の祖先は砂漠に住んでいた関係で、体内に水を保持しておく必要がありました。水分を無駄に排出しないために、尿の……

猫の食事・キャットフード

健康に良いだけでなく美味しい!長寿を目標に作られた「Simply」のキャットフード

猫は食べ物に関して非常にわがままな動物です。健康に良く素材にこだわっていても猫が食べてくれなければ意味がありません。プレミアムフードを食べてくれなくて食いつきの良いジャンクフードに戻ってしま……

ドイツの厳しいペットフード基準をクリアした「アニモンダ」のキャットフード

「アニモンダ」はドイツでハムやソーセージを製造するストックマイヤー社の子会社が生産するペットフードブランドです。「ペットは家族の一員である」という理念のもと人間が食べられる高品質な食材を原料……

キャットフード

魚好きな猫が喜ぶ!イタリア発のプレミアムキャットフード「FORZA10」

ペットフードに厳しい規制を課しているヨーロッパブランドのキャットフードは、人間が食べられる食材にこだわっているブランドが多いため、愛猫家の中には指名買いしている人も多いと言います。しかしなが……

キャットフード

【動物看護士が解説】犬猫の療法食ってどんなもの?食べないときはどうすれば良い?

動物病院や、一部のペットショップで見ることのできる犬猫の療法食。パッケージ自体に説明書きが少なく、いまいちどんな食事なのかわかりませんよね。病院で出される食事だからなんとなく良さそう、という……

キャットフード

【獣医師監修】猫はたまねぎを食べても大丈夫?猫にたまねぎをあげると中毒になる危険性が!

猫は盗み食いのプロ。きちんと猫用のごはんをあげていてもテーブルの上に乗った人間の食事をちゃっかり自分のお腹に納めてしまったりすることがあります。しかしながら、もし猫が食べてしまったメニューの……

キャットフード

【ちょっと猫飼いに聞いてみました!】キャットフードは何を選べばいい?

猫について獣医師に聞くほどのことではないのだけど、でも知っておきたいことってありますよね。猫飼いのスタッフが考えてみました。 質問!猫のフードはどうやって選べばいいですか? 猫飼いの人に……

猫のニュース

【獣医師が教える!】愛猫の状態に合ったキャットフードの選び方

量販店や動物病院、インターネット通販などで見かけるたくさんのフードの中から、どれを愛猫に選べばよいのか悩んだことはありませんか?猫の食事は、猫の年齢やライフステージによって選択することが勧め……

手作りごはんにチャレンジする前に!猫にとってビタミンが必要な理由とは

近年は猫ブームということもあり、愛猫にも手作りごはんを作ってあげたいと思っている方もいるのではないでしょうか。 そんなとき、必要になってくるのが栄養の知識。中でもビタミンは猫の体にとっ……

キャットフード

ペットフードと手作りフードどちらを選ぶ?獣医師が教えます!

愛犬や愛猫の主食には何を与えていますか?何かと便利なペットフードを与えている人もいれば、手間隙かけた手作り食を与えている人もいるでしょう。今回のテーマは、手作り食とペットフード、それぞれの良……

猫の食事の基礎

ペットフードの安全を守る「ペットフード安全法」ってどんな法律?

ペットフードの安全を守る「ペットフード安全法」ってどんな法律? 多くの犬や猫の飼い主さんは犬や猫に市販のペットフードを食べさせていることでしょう。ペットのために特別に作られたペットフー……

キャットフード

猫のご飯は1日に何回?季節によって食欲が違うかも?猫のご飯Q&A

愛猫の体をモミモミ。ウンウン、ちゃんと肋骨がなんとか触れるみたい。よかった、我が家の猫はそんなに太っていないようです。 冬のニャンコ。なんだか顔が丸くなり、被毛もみっしり。そのせいか、……

猫のニュース

愛猫向け オランダ産ヤギミルクって?

子猫はもちろんのこと、ほとんどの猫は大人になっても牛乳が大好きです。しかしながら、猫には牛乳に含まれる乳糖を分解するラクターゼという分解酵素がないため、消化不良で下痢をしてしまう場合があり、……

キャットフード