2017年5月18日更新

優しげな表情が魅力のゴールデン・レトリバーの飼いやすさについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

たれ目に見える優しげな瞳と可愛い垂れ耳が魅力的なゴールデン・レトリバー。ゴールデン・レトリバーは穏やかで人懐っこい性格から、初めて大型犬を飼う時におすすめの犬種として名前があがることが多い犬種ですね。では実際にはどうなのでしょうか?今回はそんなゴールデン・レトリバーの飼いやすさについて調べてみました。

 

ゴールデン・レトリバーの性格は?

ゴールデン・レトリバーの性格は?といわれて1番に思いつくのは、優しくて友好的な性格というものではないでしょうか?

ゴールデン・レトリバーが大型犬の中でもっとも家庭犬として適しているといわれる理由が、皆さんが1番最初に思い描いたゴールデン・レトリバーの性格である、優しく人や他の動物に対して友好的な性格にあります。

優しくおおらかゴールデン・レトリバーはあまり攻撃性を見せることがなく、小さなお子さんがいるご家庭やすでに先住のペットがいるご家庭でも飼うことができる大型犬だといわれています。飼い主に対してとても甘えん坊で家族と一緒になにかをすることが大好きですが、人や他の動物に対しても友好的な性格なので、家族と一緒に出かけているのに家族そっちのけで、他の人や動物に尻尾を振って愛想よく振る舞うこともあるようです。

忍耐強く飼い主や家族に対して気配りのできる点も、家庭犬として適した点ですね。明るく天真爛漫なので家族のムードメーカーとしても活躍してくれます。とても甘えん坊の犬が多く1匹で放っておかれるのは苦手なので、大型犬でも室内で飼育することが適しているでしょう。

素材golden-retriever-437410_640

ゴールデン・レトリバーのしつけはしやすい?

ゴールデン・レトリバーは確かに穏やかで優しい面を持った犬種ですが、大型の犬種である以上運動能力もパワーも人をはるかに超える能力を持っていることを忘れてはいけません。

また2歳~3歳まではやんちゃで元気な犬が多く、迎え入れた子犬の頃からしっかりとしつけをしておかないと、家具を壊されてしまったり、はしゃぎ過ぎて低血糖を起こしたりと、トラブル続きのペットライフになってしまうことがあるようです。

ゴールデン・レトリバーのしつけは子犬を迎えた時から、家のルールに従って家族全員が1貫した態度で接していくことが大切です。どのような場面でも常に犬に対して家族がリーダーシップをとって接していくことが必要で、甘やかしや家族が犬の要求に常に答えるような従属的な態度をとってはいけません。

また友好的な性格をしているゴールデン・レトリバーですが、小さなころから家族以外の人や他の動物と接する機会なく成長してしまうと、その友好性をうまく引き出してあげることができないようです。ゴールデン・レトリバーの友好的な性格をうまく引き出してあげるためには、小さな頃から積極的に家族以外の人や他の犬と触れ合う機会を設け、社会性を身に付けさせてあげることが必要です。

大型犬であるゴールデン・レトリバーのしつけは、チワワやシー・ズーのような小型の愛玩犬と同じ様に考えてはいけないようですね。やはり大型犬として規律のある生活をさせてあげることが必要になるようです。

 

ゴールデン・レトリバーの抜け毛と臭いは?

ゴールデン・レトリバーを室内で飼う時に気になるのは抜け毛と臭いの問題ではないでしょうか?

ゴールデン・レトリバーはほどよく長い上毛と、柔らかく密集して生えている下毛の2重構造になっているダブルコートという毛の構造をしています。ダブルコートの犬種は寒冷地で育種改良された犬種が多く、寒さから身を守るために密集した下毛が生えており、暖かくなると下毛が抜け変わることで暑さ寒さに対応できる仕組みになっています。

そのためゴールデン・レトリバーも春から夏にかけてと秋から冬にかけて換毛期があり、毎日のブラッシングでも対応しきれないほどの抜け毛があるようですね。

ゴールデン・レトリバーの本来の役割は猟師が撃ち落とした水鳥を水中から回収することです。冷たい水の中でも体温を奪われることなく作業をおこなうためには、下毛が水に濡れないようしっかりと上毛で弾いておく必要がありますね。上毛に十分な撥水性を持たせるためには皮脂の分泌を多くし、被毛に油分を持たせる必要があります。

体臭は皮脂の分泌が多いほど強くなる傾向があります。ゴールデン・レトリバーも例外ではなく、体臭は強い傾向があるようです。また垂れ耳なので耳の中が蒸れやすく臭いがしやすい点、大型犬なので小型犬よりもよだれの分泌が多く口周りの毛が汚れやすい点なども臭いの原因として気になるところですね。

また大型犬のため自宅で手軽にシャンプーをすることが難しい点も、抜け毛や臭いの対策として問題になるところのようです。ゴールデン・レトリバーを臭いや抜け毛が気にならない状態に保っておくためには、毎日のブラッシングや定期的なシャンプーなど被毛のケアに手間と時間をかける必要があるようです。

素材_puppy-823190_640

ゴールデン・レトリバーのかかりやすい病気は?

ゴールデン・レトリバーなどの大型犬を飼う時に1番気になることが健康面ではないでしょうか?

小型の犬種であれば具合が悪くなった時も抱っこをして病院に連れて行くことができますが、メスでも25kg~32kgオスなら30kg~34kgにもなるゴールデン・レトリバーの場合は、力のない状態の犬を病院に連れて行くことは車であってもかなり困難なことです。

また犬の場合は小型の犬種よりも大型の犬種の方が寿命が短い傾向がある点も気になるところですね。ゴールデン・レトリバーがかかりやすいといわれている病気について知っておくことで、早めに病気の兆候を見つけてあげることが大切なようです。 

ゴールデン・レトリバーがかかりやすいといわれている病気には次のようなものがあります。

胃拡張胃捻転症候群

ゴールデン・レトリバーのような胸の深い大型の犬種に多い病気で、突然死の原因の1つになっています。胃にたまったガスで胃が拡張し、風船がひっくる返るように捻じれてしまう病気です。

捻じれることで排出口を失ったガスはそのまま胃に充満し拡張を続け、周囲の血管や臓器を圧迫しやがて全身の循環不全に陥ります。また捻じれた胃や捻じれる際に巻き込まれた臓器では壊死が進んでいくため、早期発見早期治療をしなければ命に関わる危険な病気です。

初期の症状としては急に腹部が膨らむ、嗚咽をするが吐けない、よだれが多くなるなどが現れます。救急の処置で胃の中のガスを外へ排出し、緊急手術で捻じれた胃の整復、胃洗浄、捻じれ防止のための固定をおこなう必要があります。

腫瘍性疾患

特に老齢期になってからの発症が多いのが腫瘍性疾患です。ゴールデン・レトリバーは良性・悪性ともに腫瘍ができやすい体質なので注意が必要なようです。

骨肉腫

骨の組織が癌化した状態のことで骨髄、皮質骨、骨膜などに発症します。犬の場合は骨に腫瘍できた場合悪性である確率が高く、特に大型~超大型と呼ばれる犬種の2歳と7歳~9歳が好発年齢だといわれています。また関節内への転移は少ないものの、肺への転移が多くみられるのも犬の骨肉腫の特徴です。

症状としては足に触ると硬い腫れができる、足を引きずるように歩く、歩くのを嫌がる、運動量が減るなどがあげられます。癌が小さく犬に体力があるような場合は外科的な手術と化学療法を併用した治療がおこなわれ、癌が進行している場合や高齢の犬の場合は化学療法や薬物療法による治療がおこなわれます。

いずれにしても致死率がとても高い病気で、手術と化学療法を併用したとしても10ヶ月程度の余命だといわれています。

悪性リンパ腫

リンパ組織が癌化した状態のことでリンパ肉腫とも呼ばれています。発症場所や症状によって多中心型、消化器型、縦隔型、節外型に分けられます。悪性リンパ腫が発症する原因ははっきりとはわかっていません。

治療法としては抗がん剤による化学療法がメインですが、抗がん剤での治療ができないようなケースには放射線療法が用いられます。

ただしどちらの治療もあくまでも完治させる治療ではなく、犬の生活の質(QOL)を維持し生活を楽にさせることが中心の治療で、残念ながら発症した場合は2年後の生存率は25%と低く致死率の高い病気になっています。

尿石症・尿路結石

膀胱などでできてしまった結石が尿道に詰まってしまう病気です。結成基の種類によって様々な病名がありますが、犬の場合は細菌性の膀胱炎などの尿路感染症が原因で起こると考えられている、ストラバイト結石が多くみられるようです。

結石で尿管が詰まってしまうのでおしっこが出にくくなり、重症化すると急性腎不全や尿毒症を起こすこともあります。

治療は内科的におこなわれる場合と外科的におこなわれる場合があり、投薬や処方食などを使用し結石を溶かして小さくしていく場合は長期に通院が、外科的に結石を除去する場合は高額な手術費が必要になります。また症状によっては抗生剤などの投薬や点滴治療がおこなわれる場合もあります。

ゴールデン・レトリバーの飼育費用は?

ゴールデン・レトリバーのような大型の犬種を飼う時には、小型犬とは比較にならない飼育費用と生活スペースが必要になることは覚悟しておかなければなりません。

まず子犬を迎えるにあたって用意しておかなければならない、ケージやキャリー、トイレなどの生活用品はすべて大型のものを用意しなければなりません。なかにはケージやキャリーを用意せずに子犬の頃から室内で自由に生活させている方もいらっしゃるようですが、しつけの面を考えるとあまりよいことではないようです。

できるだけ自宅内に犬の生活スペースを設け、寝る時や食事の時など人と犬が別に過ごす時間を作り、規律正しい生活を送らせるとよいでしょう。

次に食費ですがゴールデン・レトリバーは食欲旺盛な犬が多いため、エサにかかる費用も相応にかかることが多いようです。しかしもっとも気になるところは食餌アレルギーを持っている犬は多い点です。

食餌アレルギーを持っている犬の場合は、アレルゲンを抜いた療養食や手作り食を与える必要があります。療養食は一般的なドッグフードに比べて高額になるため、一般的なドッグフードを与えている犬と比較すると倍まではいきませんが、かなり負担が大きくなることが考えられます。

手作り食は作り方によって費用を抑えることができるようですが、手間と時間が必要になりますね。

医療費の面でも大型犬の場合は小型犬よりも1度にかかる医療費が高額になります。大型犬で注意が必要だといわれている胃拡張胃捻転症候群を発症した場合を考えると、手術費用だけで10万円を超える可能性があるといわれています。

もちろん病院によって設定料金は異なるので一概には言えませんが、大型犬を飼う場合は1度の医療費でかなり高額な請求があることも念頭に置いて、医療費の備えは十分にしておく必要があるようです。

犬_素材puppy-1207816_640

まとめ

ゴールデン・レトリバーの飼いやすさについて実際に生活をすることを考えて、色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

犬が好きな人にとって大型犬とともに生活をすることは憧れの1つですね。特にゴールデン・レトリバーは優しく上品な見た目だけでなく、性格的にも穏やかで人に対して愛情深いので、初めて飼う大型犬としておすすめの犬種であることは間違いないでしょう。

しかし注意が必要なのは大型犬と小型犬では力も運動量もそして飼育にかかる費用もまるで違うということです。愛情表現のつもりの飛びつきも、小型犬なら飼い主が事前にリードを引けば防ぐことができますが、ゴールデン・レトリバーがおこなえば飼い主も飛びつかれた相手も転倒してしまうことがあるのです。

大型犬と小型犬の違いをしっかりと理解して、大型犬用の準備を整えてから子犬を迎えることができるならば、ゴールデン・レトリバーは家族の1員として最良のパートナーとなってくれることでしょう。

ゴールデン・レトリーバーについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】ゴールデンレトリバーとの暮らしで注意すること

 
 

関連カテゴリ