2017年3月18日更新

食欲旺盛!運動大好きなゴールデン・レトリバーの散歩についてのまとめ

ほどよく長い金色の被毛が美しいゴールデン・レトリバー。1度は飼ってみたい大型犬としても人気の高い犬種ですね。でもいざ飼うとなるとゴールデン・レトリバーにはどのくらいの運動量が必要なのか気になるところです。今回はそんなゴールデン・レトリバーにとって散歩にはどんな意味があるのかなどを調べてみました。

ゴールデン・レトリバーにとっての散歩の意味は?

ゴールデン・レトリバーは水中回収犬として使役されてきた犬種です。水中回収犬の仕事は陸上で猟師が獲物を撃ち落とすのを待ち、仕留めた獲物を泳いで取りに行き陸地へと運ぶとても体力を必要とする仕事です。

ゴールデン・レトリバーはこの重労働を何時間でも続けていられるだけの、体力と集中力を持った犬種です。つまり知的好奇心旺盛で運動への欲求も強い犬種なので、家庭でペットとして飼う場合でも、毎日しっかりと体を動かせるようにしてあげないと、ストレスを溜めてしまいます。

またゴールデン・レトリバーは人や他の動物にとても友好的で、誰とでもすぐに仲良くなれることが長所だといわれていますが、家族以外の人や他の動物と触れ合う機会の少ない環境で育ててしまうと、長所である友好性をうまく引き出してあげることができないようです。

ゴールデン・レトリバーの友好性をうまく引き出してあげるためにも、ワクチン接種がすむ4ヶ月辺りから、ゆっくりと外の世界を楽しむような散歩から初めてあげるとよいようです。

犬_素材golden-retriever-1167593_640

ゴールデン・レトリバーに必要な散歩の目安は?

2歳~3歳までのゴールデン・レトリバーは好奇心旺盛で天真爛漫なところが全面に出てきて、落ち着きがあるというよりはやんちゃな性格の犬が多いようです。

できれば散歩でしっかりと運動への欲求を満たして、室内では静かに過ごせるようにしたいところですが、骨格形成が遅く股関節形成不全などの関節の病気に注意が必要な犬種なので、骨格が出来上がるまでの成長期はあまり激しい運動を続けておこなうのは避けた方がよいようです。

散歩を始めたころは無理にリードを引っ張って散歩するようなことはせず、外の雰囲気を楽しむ程度の軽い運動にとどめておくとよいでしょう。散歩に慣れてきたら徐々に距離と時間を伸ばしていくとよいようです。

成犬のゴールデン・レトリバーの散歩は1日2回で1回の散歩は30分~1時間程度でが目安だといわれています。散歩中もただ歩くだけの散歩では十分に満足しないので、ジョギングや早や足などを取り入れて速さを変えたり、散歩の途中で公園など周りの人に迷惑をかけない場所で、ロングロードを利用してボール遊びをさせるなどの工夫が必要になるようです。

また賢く聡明なゴールデン・レトリバーはいつも同じ散歩コースでは、知的な刺激が少ないため満足しなくなってしまうようです。いくつかの散歩コースを用意しておいて、季節や天候にあわせて変化を付けてあげるとよいでしょう。

リーダーウォークを身に付けましょう

ゴールデン・レトリバーは人に対してとても友好的なので、飛びつき事故が多い犬種でもあります。ゴールデン・レトリバーにしてみれば友愛の情を示しているだけで悪気があるわけではありませんが、大きくて力の強い大型犬ですから小さなお子さんに急に飛びついたりすると、大きな事故につながってしまうことがありますね。

また好奇心が強く気になるものがあると飼い主を引っ張っていってしまったり、下に落ちているものを口に入れたがったりする傾向もあるようです。

小型の犬種ならば力ずくでリードを引っ張って対抗することもできますが、大型のゴールデン・レトリバーでは人の力で対抗することはなかなか困難です。周囲の人や他の犬に迷惑をかけることなく、ゴールデン・レトリバーと安全に楽しく散歩をするためにはリーダーウォークの訓練が不可欠です。

リーダーウォークの教え方には色々とありますが簡単に実践できるものとしては、犬が飼い主の前に出た時にわざと犬の前を通って方向を変える方法、もう1つは引っ張ると首に負担がかかるチョークを利用して、犬が引っ張った時に首に軽いショックを与えるように犬と逆の方向に飼い主が動く方法です。

どちらの場合も犬に命令などをせずに無言でおこない、1回5分~10分くらいの短い時間での訓練がよいようです。本格的に散歩へ行く前にまずは室内や家の前などで十分に訓練をおこなうとよいでしょう。家族だけでの訓練でうまくいかない時はしつけ教室に通うなどプロの力を借りて、できるだけ小さな頃からしっかりと身に付けておくとよいですね。

リーダーウォークの訓練が終わり本格的に散歩へ出かけるようになってからも、自宅前でリーダーウォークの訓練を5分くらいおこなってから散歩へ出ると、落ち着いて散歩ができることが多いようです。

imasia_5370645_S

賢いゴールデン・レトリバーには散歩時間は決めない方がよい

犬の散歩時間については決めるべきであるという意見と、決めない方がよいという意見の2つの意見がありますね。決めた方がよいという意見の多くは、規律正しい生活を好む犬にとって、時間毎に決まったことをさせてあげることで、情緒的にも安定した生活を送らせてあげることができるというものでしょう。

確かに群れ社会の規律正しいなかで生きてきた犬にとって、時間毎に決められた習慣で生活することは習性にあった心地のよい生活だといえます。しかし飼い主の生活が多様化している現在では、必ず決まった時間に散歩へ出かかることができる環境を整えてあげることが、難しくなっているのが現状ではないでしょうか。

ゴールデン・レトリバーのような賢い犬種の場合は、1度時間を決めてしまうと時間がくると必ず散歩へ行きたがるようになります。そのため時間がきても行かれないと催促吠えをしたり、時間通りにいかれないことにストレスをかかえてしまうこともあるようです。

時間的に余裕がある環境で飼育できる場合は、散歩や食事の時間を決めて規則正しい生活をさせてあげるのもよいかもしれませんが、時間的に不規則になることが考えられる場合は、散歩や食事の時間は決めずに飼い主の都合にあわせて生活ができるようにしておく方が、犬にも飼い主にも心地よく生活できるようです。

また近年の激しい気候変動から夏の気温の上昇が著しいため、夏の散歩では熱中症に注意しなければならなくなってきました。特に被毛の量も多く暑さに弱いところがあるゴールデン・レトリバーの場合は、夏の強い直射日光の中を散歩させるのは危険だといわれています。

夏の散歩は直射日光と地面からの照り返しを避けるために、地面が熱を持つ前の午前5時~6時くらい、夕方は地面の熱がしっかりと抜けているのを確認してから散歩をするとよいでしょう。

犬_素材golden-retreiver-926732_640

まとめ

ゴールデン・レトリバーの散歩についていろいろと調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

ゴールデン・レトリバーの散歩で「引っ張るし、噛むし、飛びつくし、散歩にならない。」と悩んでいる飼い主の方がいらっしゃるようです。ゴールデン・レトリバーというとゆったりとした歩調で悠然と飼い主の横をついて歩いているようなイメージがあるので、「何で?」と思う方も多いかもしれませんね。

ゴールデン・レトリバーは落ち着くまでに3年かかるといわれるほど、子犬の頃は好奇心旺盛でやんちゃなところが強い犬種です。そのため子犬の頃に小型の愛玩犬のようにかわいがってしまうと、気が付いたら手に負えないやんちゃでパワフルな犬へと成長してしまうこともあるようです。

ゴールデン・レトリバーはとても賢い犬種なので、1度リーダーウォークを覚えてしまえば、軽く首にショックを与えるだけで、大抵の衝動は抑えることができるようになるといわれています。落ち着きのある悠然としたゴールデン・レトリバーへ育てるためには、小さな頃からしっかりと訓練を積んで、室内だけでなく屋外でも常に飼い主がリーダーであることを教えてあげることが大切なようです。

ゴールデン・レトリーバーについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】ゴールデンレトリバーとの暮らしで注意すること

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【ドッグトレーナーが解説】かみつき犬はダメ犬?かみぐせ改善のためのしつけ方

ドッグトレーナー タグ・ファーツ長尾先生のコラム テーマ「かみつき」 かみつく犬は怖いですか? 犬にとってかみつくことはあたりまえの本能です。牙は獲物を捕らえ、かみ付き、肉……

犬のしつけの基礎

第一歩は“集中”させること! 犬のトレーニング・しつけの方法

“犬をトレーニングすること”はとても大切なことです。 犬を飼うのであれば、飼い主ひとりひとりがきちんと愛犬をトレーニングできるようになりたいものですね。 そこで今回は、トレーニン……

犬のしつけの基礎

【東京】おすすめドッグカフェ 10選

愛犬と共に、ほかの犬連れの友達や仲間と共に集まることができるドッグカフェ。美味しいメニューがそろっていたり、愛犬用のメニューも豊富だったりして、愛犬と一緒に楽しむことができます。 友達……

犬のしつけの基礎

ドッグカフェ初心者の方必見! 知らないと損をする5つのルール

テレビや雑誌でドッグカフェなどの特集をされることが近年多くなっています。実際、都市部を中心にドッグカフェやペット同伴可なレストランなども増加傾向にあるようです。 愛犬と一緒に行ってみたい!……

犬のしつけの基礎

子犬の時期の過ごし方が犬の一生を決める?子犬教育に欠かせない犬の社会化

「三つ子の魂、百まで」と言う言葉がありますが、犬も同様。子犬の頃の経験が後々の犬の性格を決めるのです。子犬の時期に他の犬や周りの人間とよい関係を築き、社会性をつけることを社会化と言いますが、……

犬のしつけの基礎