2017年5月18日更新

ゴールデン・レトリバーの散歩には首輪がいいの?ハーネスがいいの?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

優しくて穏やかな性格が人気のゴールデン・レトリバー。体力もあり運動への欲求も強い犬種なので毎日の散歩は欠かせませんね。そこで問題になるのはリードを付けるのは首輪か?ハーネスか?ということでしょう。今回はゴールデン・レトリバーの散歩には首輪がいいのかハーネスがいいのかについて調べてみました。

 

首輪とは?ハーネスとは?

大型犬のゴールデン・レトリバーと安全に楽しく散歩をするためには、首輪がよいのかハーネスがよいのかということは、多くの飼い主の方が悩むところのようです。

首輪とハーネスのどちらがゴールデン・レトリバーに適しているのかを考える前に、首輪とハーネスがどのようなものなのかをご紹介しておきましょう。

首輪の特徴

首輪は読んで字のごとく犬の首に巻いて使うものですが、犬の首輪には散歩でリードをつなぐ以外にもいくつかの目的なあるようです。

1番大きな目的は見た目にわかりやすく飼い主がいることを主張できることです。

散歩の途中でリードを離れてしまったり、玄関が空いている隙に外に出てしまった時などに首輪を巻いていると、保健所などに保護された時も保護期限が延長になることがあるようです。首輪に迷子札や連絡先を記入しておけば、保護した人から直接連絡をもらうこともできますね。

また室内で遊びに夢中になって階段から落ちそうになっていたり、興奮して家具やガラス窓にぶつかりそうな時など、愛犬が危険だと感じた時にとっさに掴んで危険を回避する役目もあるといわれています。

これらの理由から首輪は室内で過ごしている時も付けておくことが望ましいといわれています。

ハーネスの特徴

ゴールデン・レトリバーでハーネスと聞くと盲導犬や介助犬として活躍している時に、人を導くための道具として装着しているところを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ハーネスは元はそり犬とそりをつなぐための道具として作られたものです。重量のあるそりを長時間引っ張ることができるように、体に負担をかけることなく犬が物を引っ張りやすい作りになっています。長時間装着していても犬に負担が少ないことから、盲導犬や介助犬など人を長時間導いて歩く使役犬と人をつなぐ道具としても、ハーネスが使われているようですね。

散歩用に使われるハーネスはナイロンなどでできたリボン状のものを前足に通す形のものが多いようですが、最近では引っ張り癖をしつけることができる物や、より体への負担が少ないベストタイプの物などさまざまなものが販売されているようです。

素材_puppy-823190_640

それぞれのメリット・デメリット

では首輪やハーネスを散歩に使うとどうなるのでしょう。散歩で利用することを考えると首輪もハーネスもそれぞれにメリットとデメリットがあるようです。

首輪とハーネスそれぞれのメリット・デメリットは次のようにいわれています。

首輪のメリット・デメリット

メリット

  • 着脱が簡単に行える
  • いつもつけておくことができる
  • 首に直接ショックを与えることができるので犬とのコミュニケーションが取りやすくしつけに向いている

デメリット

  • 首が細く頭の小さい犬種の場合は抜けやすい
  • 引っ張った時に首や気管に負担が大きい

ハーネスのメリット・デメリット

メリット

  • 引っ張っても首や気管に負担がかからない
  • 胴に回すので抜けにくい

デメリット

  • 犬が引っ張りやすい構造なので引っ張り癖を付けやすく治しにくい
  • 犬が咬んで壊してしまう可能性があるので装着をしたままにしておくことができない
  • 前足を通して胴体に回さなければならないので着脱に時間がかかる

imasia_11320317_S

 

ゴールデン・レトリバーに適しているのは首輪?ハーネス?

首輪とハーネスの特徴やそれぞれのメリット・デメリットをふまえて、ゴールデン・レトリバーが散歩に使うにはどちらが適しているのかを考えてみましょう。

ゴールデン・レトリバーは2歳~3歳まではやんちゃな犬が多く、しっかりとリーダーウォークを教えておかないと、飼い主の転倒事故や飛びつき事故を起こす危険があるようです。リーダーウォークの訓練にはハーネスよりも首輪が適しているといわれています。

犬同士でルールを教える時は目上の犬が目下の犬の首を噛んで教えます。首輪は飼い主がリードを引くことで犬の首にショックを与えることができます。つまり犬のしつけの習性を生かして、犬に対して飼い主の意志を伝えやすい道具になっているのです。

ゴールデン・レトリバーの場合はリーダーウォークがしっかりと身につくまでは、首輪を利用して訓練をおこなうのがよいようです。

しかしゴールデン・レトリバーは骨格は出来上がるまでに時間がかかる犬種で、成長期に強くリードを引っ張るようなことをしてしまうと、骨格に歪みが出たり気管虚脱などの病気につながってしまうことがあるようです。

あまりリーダーウォークの訓練がうまくいかないような時は、無理に首輪で訓練を続けるのではなく、適した道具の選択なども含めてプロのトレーナーの助言を仰ぐのもよいのではないでしょうか?

嫌がる時は無理をさせずにゆっくりと慣らしましょう

ゴールデン・レトリバーにとって散歩は知的好奇心と運動への欲求を満たすだけでなく、家族以外の人や他の犬とのコミュニケーションを学ぶための大切なものです。ワクチン接種の終わる4ヶ月辺りからは積極的に連れて行ってあげたいところですね。

しかし首輪やハーネスを付けてすぐに散歩へ連れて行けるかというとそうはいきません。犬にとって首輪もハーネスもつける習慣がないもので、初めて付ける時には違和感のあるものです。最初のうちは嫌がって噛んだり、違和感から動けなくなってしまうことがあるようです。

首輪もハーネスもまずは室内で付けることに慣れさせてあげることが大切なようです。

首輪やハーネスに慣らすにはまず室内で首や胴に軽いリボンのようなものを巻いて、何かを巻くことに慣らしてあげるとよいでしょう。リボンが巻かれていても気にしなくなってきてから、首輪やハーネスを巻くようにします。

それでも皮や布の感触に慣れずに嫌がることも多いと思います。その場合は無理をさせずすぐに外してあげましょう。少しずつ慣らしてあげることが大切です。巻かれていても落ち着いていられるようになったら、散歩の前の準備として室内でリードを付けて遊んであげましょう。

室内で遊ぶことに慣れてきたら初めて外へと散歩に出かけてみましょう。最初は外の雰囲気に緊張して慣れたはずの首輪やハーネスを嫌がることもあるかもしれません。その時も無理をさせず、犬のペースにあわせてあげることが大切です。少し歩けたらたくさん褒めてあげましょう。これを繰り返して少しずつ距離を伸ばしていきます。褒める時にご褒美のオヤツをあげるのも効果的なようです。

リーダーウォークの訓練が終わってハーネスへ切り替える時にも、同じ手順でハーネスに慣らしてあげるとよいですね。

素材_shutterstock_74571484

まとめ

ゴールデン・レトリバーには首輪が適しているのかハーネスが適しているのかを、散歩で利用することを中心に調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

最近では首輪やハーネスもさまざまなタイプのものが販売されています。

首輪ではハーフチョークやマーティンゲールなど、半分が通常の首輪のような状態になっていて半分がチェーンなど引っ張ると閉まるような作りになったものがあります。普通に付けている時は通常の首輪よりもゆるみができるので負担が少なく、引っ張った時にだけ首に衝撃がかかるので、普通の首輪よりもしつけには適しているといわれていますね。

またハーネスにもイージーウォークハーネスやターキー引っ張り防止ハーネスなどは、ハーネスのデメリットでもある引っ張り癖のしつけができるもので、関節などに不安のあるゴールデン・レトリバーには向いているグッズだといわれています。

通常の首輪やハーネスでなかなかうまくしつけができない時は、このようなグッズもうまく活用して安全に楽しく散歩ができるように工夫をしてみるとよいですね。

 
 

関連カテゴリ