2017年1月15日更新

寒い冬を乗り切ろう!猫のために私たちができること

ペット生活



編集部

犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

寒い冬……スキーやスノーボードといったウィンタースポーツや、冬ならではの美味しいものなど、寒い時期ならではの楽しみがありますね。しかし、猫にとってみればどうでしょうか?実は、冬は猫にとってあまり快適とは言えない季節です。何より寒いですし、冬ならではの危険もあります。猫に冬の間も快適に過ごしてもらうために少し工夫をしてあげましょう。ここでは、私たちが簡単にできる「猫が安全・快適に冬を過ごすためのポイント」を3つご紹介します。

 

猫は寒いのが苦手

猫は、一般的に寒さが苦手だと言われています。というのも、猫の御先祖様が暖かい南の方に住んでいたから。極端な夏の暑さももちろん苦手ですが、冬の寒さも苦手なんです。
サイベリアン_猫_素材
猫は、冬が近くなると冬を乗り切るための準備を始めます。寒くなってくると毛が暖かい冬毛に生え変わり、食事の量も増えます。体に脂肪を蓄えて、厳しい冬を乗り切るためです。

冬が近づくにつれ食欲が増すのは本能的なものですが、ここで無制限に食事を与えてしまうとあっという間に肥満になってしまいます。飼い猫であれば、ある程度飼い主の方で食事の量をコントロールしてあげましょう。

また、猫が快適に過ごせる環境を整えてあげることも大切です。

猫が快適な環境づくり

では、冬の間猫が快適に過ごせるようにするためには、どのような工夫をすればよいのでしょうか?

①ブランケットなどを準備する

猫_素材
冬が近くなったら、ぜひブランケットや毛布など暖かいものを用意してあげましょう。ブランケットや毛布があるだけで、随分猫が過ごしやすくなります。

猫がもぐりこんでくつろげるようなベッドがあれば、それを利用するのも良いでしょう。中には毛布やブランケット、飼い主さんが着なくなったセーターなどを入れてあげてください。

②暖房器具には要注意!

ストーブなどを利用しているお家も多いかと思いますが、猫を飼っているのであれば、猫が接触しないように充分注意してください。ストーブの火などに接触すれば、当然毛が燃えてしまいます。ヤケドを負ってしまう恐れもあります。心配な場合は、ベビー用のヒーターガードで覆うなどの対策をすると安心です。

また、脱水症状にも注意してあげてください。ホットカーペットやペットヒーターなどの温度は、低めに設定しておくのがベター。コタツの中に入っていったときも、こまめに様子を見てあげましょう。

猫は暑さや寒さに対する感覚が鈍いと言われています。そのため、気付かぬうちに脱水症状を起こしたり、低温ヤケドを起こしていたりすることがあるのです。暖房器具を使い始めたら、猫の安全も考えて必要な対策を行うようにしましょう。

③水分補給はしっかりさせよう!

猫_素材
寒くなると、冷たい飲み物は飲みたくないですよね。それは猫も一緒です。ぜひ、室温の水を準備してあげましょう。冷たい水は飲まなくても、室温の水であればしっかり飲んでくれることがあります。

また、冬に備えて脂肪を蓄えると、脂肪を分解して水分を補給することができるので、ますます水を飲まなくなります。猫の肥満にも注意が必要です。

十分に水を飲まないと、おしっこが濃くなる・腎臓に負担がかかるといった問題が出てきます。その結果、猫下部尿路疾患になってしまう猫も珍しくありません。

健康に冬を乗り切るためにも、水分補給と体重に気を配ってあげましょう。

 

猫と一緒に冬を乗り切ろう!

猫_素材
猫と一緒に冬を快適に乗り切るためには、飼い主の気配りが欠かせません。ぜひ、猫にとって快適で安全な環境を整えてあげてくださいね。

  1. ブランケットや毛布など「あったかアイテム」を準備する
  2. 暖房器具を使用する時は猫の安全を考えた対策を行う
  3. 肥満に気を付けつつ、水分補給はしっかりさせる

この3つのポイントを押さえて、猫と一緒に冬を快適に過ごしましょう。

猫が使うものや場所は、暖かい部屋の中に置いておくと猫が快適に過ごせますよ。

 
 

関連カテゴリ