2017年1月31日更新

愛猫との最期のお別れ~猫の葬儀の方法~

ペットは、どんなに大切にしていても、私たち人間よりも長生きすることは稀です。

猫の寿命は16歳程度と言われています。「猫は死期が近くなると姿を消す」と聞いたことがある人は多いと思いますが、昨今は室内だけで飼われている猫も増え、飼い主さんに看取られて亡くなる猫も増えています。

そんな家族の一員である愛猫と死別したら、どうすれば良いのでしょうか。

いつまでも遺体を家に安置しておくわけにはいきませんよね。かといって、庭先に埋葬するのも簡単ではありません。

愛猫が亡くなったら、「今までありがとう」の気持ちで、葬儀を執り行ってはいかがでしょうか。ここでは、愛猫の葬儀の方法について簡単にお話します。

最愛のペットが亡くなったら

猫_素材
可愛がっていた愛猫が亡くなったら、どうすれば良いのでしょう?いつまでも遺体を家に置いておくわけにはいきませんし、庭先に埋めるわけにもいきません。

どうしても庭に埋葬したいのであれば、1メートル以上の穴を掘るようにしましょう。穴が浅いと、他の動物に掘り起こされる恐れがあります。また、土葬をすると遺体が土に還るまで長い時間がかかります。そのため、日が経つにつれて異臭がしてくることもあります。

以前は土葬が主流でしたが、最近の都市部では愛猫が亡くなったら火葬にするのが一般的です。ペット専門の火葬場やペット専門の葬祭業者もあるので、まずはペット葬祭業者に連絡を取ってみましょう。

ペット葬祭業者には、愛猫の火葬はもちろん、葬儀や法要、年忌供養など総合的にサポートしてくれる業者もたくさんあります。中には、メモリアルアイテムの作成やペットロスのケアなども行っている業者もあります。

愛猫を火葬にする際は、好きだったペットフードや愛用の首輪、花など、天国に持って行ってもらいたいものを準備しておきましょう。一緒に燃やせるものに制限がある場合もあるので、わからないことがあればお世話になる業者の方に聞くのが安心です。

ペットを埋葬する

猫_素材
火葬にしたあとは、お骨を埋葬します。人間であれば、先祖代々のお墓に埋葬するのが一般的ですが、愛猫の場合はどうすれば良いのでしょうか?

お寺や霊園によっては、ペット専用の霊園があるところもあります。愛猫のお骨はペット霊園に埋葬するのが良いのではないでしょうか。

もし自宅から近い場所にあるペット霊園が分からない時は、ペット葬祭業者の方に聞いてみましょう。

ペット霊園には、「共同墓地」と「個別墓地」があります。また、「納骨堂」を備えているところも珍しくありません。

「共同墓地」に埋葬する場合、他のお宅のペットと一緒の場所に埋葬することになります。大きな供養塔が立っている場合も多く、定期的に読経や法要といった供養も行ってくれるところがほとんどです。

「個別墓地」は、ペットごとにお墓を建てます。墓石にペットの名前を刻んだりすることもできますが、「共同墓地」に比べて墓地使用料などが若干高くなるのは避けられません。

いずれの墓地の場合でも、自分が行きたいときに行って、お墓参りをすることができます。

ペットも同じお墓に入れる場合がある

猫_素材
利用している霊園や墓地によっては、ペットと人間が一緒のお墓に入れる場合もあります。法律的にも、ペットのお骨と人間のお骨を一緒に埋葬することは問題ありません。

しかし、お墓は自分一人のものではありません。

家族や親族の中には「どうして猫も一緒のお墓に入るの?」と思っている人が居ないとも限りません。また、動物と一緒のお墓に入るのに抵抗があるという人もいるでしょう。

確かにペットは大切な家族の一員で、人間と同じお墓に入れたいという気持ちもわかりますが、人間とお墓に入れる際は家族や親族とよく話し合って、充分な同意を得てからにしたほうが安心です。

また、墓地の管理者にも同意・承諾を得ておくようにしましょう。

「ありがとう」の気持ちでお別れを

猫_素材
愛猫は大切な家族の一員です。亡くなった後は、ぜひ「ありがとう」の感謝の気持ちを持って送ってあげたいものですね。

愛猫が亡くなった後は

  • ペット葬祭業者に連絡をする
  • ペットを火葬にする
  • お骨を埋葬する

という手順を踏んで、ペットを天国へ送ることになります。

愛猫との別れは辛いものですが、愛猫がこれまで私たちに与えてくれたものへの恩返しとして、しっかりと葬儀・供養をしてあげましょう。

ペット生活



編集部

犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

エコだけじゃない、猫のいる家で蛍光灯をLEDに変える理由

あなたの家では照明にどんな光源を使っていますか?昔ながらの白熱灯や蛍光灯でしょうか?それともエコを意識してLED電球をつけているでしょうか。家の照明は光の色や省エネ性能などを考慮して選ぶ人が……

猫の雑学

避妊、去勢していない猫は気をつけて。2月は発情が始まる時期

最近では子猫の時期に去勢、避妊手術を受けさせる飼い主さんが増えてきて、発情の季節になっても普段と変わらず何食わぬ顔で過ごしている猫が多くなりました。それでも、「猫をケージに入れられず病院に行……

猫の雑学

小さなお子さんの相棒に!子供のいる家庭に向く猫の特徴とは

小さいお子さんがいるけれど、猫ちゃんも飼いたい。そんな人のために、小さいお子さんがいる家庭に向いている猫をお教えしましょう!猫の癒しの効果は、お子さんの精神の安定的な成長や、家族間の会話が増……

猫の雑学

青目の白猫は難聴?その理由と確率とは…【獣医師が解説】

「青目の白猫は難聴が多い」って聞いたことはありませんか?これは単なるうわさではなく、れっきとした事実です。今回は青目の白猫が難聴になる理由とその確率を見ていきましょう。 毛の色と難聴に関係……

猫の雑学

寒い冬を乗り切ろう!猫のために私たちができること

寒い冬……スキーやスノーボードといったウィンタースポーツや、冬ならではの美味しいものなど、寒い時期ならではの楽しみがありますね。しかし、猫にとってみればどうでしょうか?実は、冬は猫にとってあ……

猫の雑学