2017年1月31日更新

愛猫との最期のお別れ~猫の葬儀の方法~

ペットは、どんなに大切にしていても、私たち人間よりも長生きすることは稀です。

猫の寿命は16歳程度と言われています。「猫は死期が近くなると姿を消す」と聞いたことがある人は多いと思いますが、昨今は室内だけで飼われている猫も増え、飼い主さんに看取られて亡くなる猫も増えています。

そんな家族の一員である愛猫と死別したら、どうすれば良いのでしょうか。

いつまでも遺体を家に安置しておくわけにはいきませんよね。かといって、庭先に埋葬するのも簡単ではありません。

愛猫が亡くなったら、「今までありがとう」の気持ちで、葬儀を執り行ってはいかがでしょうか。ここでは、愛猫の葬儀の方法について簡単にお話します。

最愛のペットが亡くなったら

猫_素材
可愛がっていた愛猫が亡くなったら、どうすれば良いのでしょう?いつまでも遺体を家に置いておくわけにはいきませんし、庭先に埋めるわけにもいきません。

どうしても庭に埋葬したいのであれば、1メートル以上の穴を掘るようにしましょう。穴が浅いと、他の動物に掘り起こされる恐れがあります。また、土葬をすると遺体が土に還るまで長い時間がかかります。そのため、日が経つにつれて異臭がしてくることもあります。

以前は土葬が主流でしたが、最近の都市部では愛猫が亡くなったら火葬にするのが一般的です。ペット専門の火葬場やペット専門の葬祭業者もあるので、まずはペット葬祭業者に連絡を取ってみましょう。

ペット葬祭業者には、愛猫の火葬はもちろん、葬儀や法要、年忌供養など総合的にサポートしてくれる業者もたくさんあります。中には、メモリアルアイテムの作成やペットロスのケアなども行っている業者もあります。

愛猫を火葬にする際は、好きだったペットフードや愛用の首輪、花など、天国に持って行ってもらいたいものを準備しておきましょう。一緒に燃やせるものに制限がある場合もあるので、わからないことがあればお世話になる業者の方に聞くのが安心です。

ペットを埋葬する

猫_素材
火葬にしたあとは、お骨を埋葬します。人間であれば、先祖代々のお墓に埋葬するのが一般的ですが、愛猫の場合はどうすれば良いのでしょうか?

お寺や霊園によっては、ペット専用の霊園があるところもあります。愛猫のお骨はペット霊園に埋葬するのが良いのではないでしょうか。

もし自宅から近い場所にあるペット霊園が分からない時は、ペット葬祭業者の方に聞いてみましょう。

ペット霊園には、「共同墓地」と「個別墓地」があります。また、「納骨堂」を備えているところも珍しくありません。

「共同墓地」に埋葬する場合、他のお宅のペットと一緒の場所に埋葬することになります。大きな供養塔が立っている場合も多く、定期的に読経や法要といった供養も行ってくれるところがほとんどです。

「個別墓地」は、ペットごとにお墓を建てます。墓石にペットの名前を刻んだりすることもできますが、「共同墓地」に比べて墓地使用料などが若干高くなるのは避けられません。

いずれの墓地の場合でも、自分が行きたいときに行って、お墓参りをすることができます。

ペットも同じお墓に入れる場合がある

猫_素材
利用している霊園や墓地によっては、ペットと人間が一緒のお墓に入れる場合もあります。法律的にも、ペットのお骨と人間のお骨を一緒に埋葬することは問題ありません。

しかし、お墓は自分一人のものではありません。

家族や親族の中には「どうして猫も一緒のお墓に入るの?」と思っている人が居ないとも限りません。また、動物と一緒のお墓に入るのに抵抗があるという人もいるでしょう。

確かにペットは大切な家族の一員で、人間と同じお墓に入れたいという気持ちもわかりますが、人間とお墓に入れる際は家族や親族とよく話し合って、充分な同意を得てからにしたほうが安心です。

また、墓地の管理者にも同意・承諾を得ておくようにしましょう。

「ありがとう」の気持ちでお別れを

猫_素材
愛猫は大切な家族の一員です。亡くなった後は、ぜひ「ありがとう」の感謝の気持ちを持って送ってあげたいものですね。

愛猫が亡くなった後は

  • ペット葬祭業者に連絡をする
  • ペットを火葬にする
  • お骨を埋葬する

という手順を踏んで、ペットを天国へ送ることになります。

愛猫との別れは辛いものですが、愛猫がこれまで私たちに与えてくれたものへの恩返しとして、しっかりと葬儀・供養をしてあげましょう。

ペット生活



編集部

犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

肥満?やせすぎ?健康管理のため知っておこう!猫の体重を正しく測る5つの方法

猫の体重管理には、定期的な体重測定が重要です。体重を定期的に測っていると増減が分かりますので、健康管理にも役立ちますよ。でも、抱っこされるのが嫌な猫や触られるのが嫌な猫の場合、体重を測ること……

猫の雑学

猫専門病院って動物病院とどこが違うの?猫だけのための病院「猫専門病院」について

猫を病院に連れて行くときに悩ましいのが待合室にいる犬たちの存在。例え飼い主さんが犬好きでもケージの中の猫は犬の気配や臭いにおびえています。きっと猫は「頼むから犬のいないところに連れて行ってく……

猫の雑学

猫の歯をじっくりみたら…猫の歯はすきっ歯で○○がなかった!!

猫は口を大きく開けることが少なく、口を触られるのを嫌う子も多いです。そのため、愛猫の口の中を見たことがないという飼い主さんも多いともいますが、猫の口の中、特に歯はヒトと大きく違っているんです……

猫の雑学

猫と一緒に住みたいと思ったら、まずチェックしてみたい「しっぽ不動産」のサイト

猫との出会いは時に突然やってきます。既に猫を飼っている皆さんも「ペットショップでキュートな猫と目が合ってしまった」「子猫を拾ってしまった」「友達の家で子猫が生まれた」など、予想外のきっかけか……

猫の雑学

標的は風鈴、扇風機、網戸・・・気をつけたい!夏ならではの【猫のいたずら】

猫はいたずらが大好きです。もともと狩猟本能の強い動物ですので、動いているものや音のするものには興味深々。気がついてみたら、大切なものが猫の魔の手にかかっていたなんてことはよくあります。そこで……

猫の雑学

【犬と猫はここが違う?】同じ仕草でも意味が真逆。犬と猫の不思議な行動

ペットとして同じように可愛がられている犬と猫ですが、時にその仕草の意味や反応がまったく逆の意味をもっていることがあります。少女マンガ家の松本ひで吉先生は、連載の「さばげぶっ!」の中で、お菓子……

犬の雑学

そんな汚い水を飲まないで。。。猫がお風呂で水を飲む理由と対策。

「なんか猫の飲み水が減らないな」とか「やたらお風呂の方に歩いていくな」なんて思ったことはありませんか? また、「きれいな飲み水を置いてあるのに、お風呂場にたまった水を飲みたがる」なんて気付い……

猫の雑学

あなたも「猫」からインターナショナル。「猫」は外国語で何と呼ぶの?

外国語は苦手でも、猫好きなら世界中で猫がどんな言葉、発音で呼ばれているかは興味があるのではないでしょうか?聞かれてすぐに単語を思い出さなくても、耳慣れた単語として耳にしている可能性もあるかも……

猫のニュース

なんだか外がにぎやか…1月頃からはじまる猫の発情期ってどんな感じ?

1月頃になるとそろそろ気になってくるのが猫の発情期。大きな鳴き声が気になって眠れないという方もいるのではないでしょうか? そもそも発情期ってなに? 猫の発情期はメス発信です。まず……

猫の雑学

猫の飼い主さんなら知っておきたい。猫の歯のカタチとその役割

永久歯に生え替わった大人の猫の歯、何本あるかご存知ですか?実は猫の歯は全部で30本。同じ動物でも、犬は42本、豚やイノシシは44本、人間は32本ですので猫の歯の数は比較的少ない方だと言って良……

猫の雑学

猫に好かれたいなら知っておきたい!猫が撫でてもらいたいところ、触られたくないところ。

自分の家の飼い猫なら「どこを撫でると喜ぶか」知っていて当然ですが、他人の家の猫や猫カフェの猫など、初めて会う猫に喜んでもらうためには、どこをどう撫でたらいいのか分からない場合もありますね。そ……

猫の雑学

【猫の換毛期を乗り越えよう!】飼って初めて知る、猫の抜け毛の大変さ

洋服が長袖から半袖になる季節は、家の中で猫の抜け毛が増える時期でもあります。1日掃除機をかけないだけで、抜け毛がふわふわと廊下を舞いますし、黒っぽい洋服を着ているとべったりと貼りついてきて、……

猫のニュース

あれ?? 猫と一緒に暮らしていても意外と知らない猫の不思議

猫を飼っている人でもちょっとマジマジと見てみないと知らない猫の不思議があるのをご存知ですか? 飼い始めて飼い主さんがお医者さんに行ってしまうなんて笑い話になったり。猫の事を知っている人……

猫のニュース

猫好きは要チェック!3月26日は第一回ねこ検定

世の中にはいろいろな検定がありますが、猫好きの人に取ってほしいのが「ねこ検定」。今年2017年に「第一回ねこ検定」が行われます。今回はそんなねこ検定についてご紹介します。 ねこ検定とは ……

猫の雑学

【猫の雑学】猫の舌の驚くべき能力。猫舌に隠れた秘密

猫と暮らしていると、猫の行動が人に似ていることに気付くことも多いでしょう。一方、猫ならではの行動や動きを見るのも楽しいですね。今回はそんな猫の身体能力、その中でも「舌」についてご紹介します。……

猫のニュース

猫も夢を見るの?寝言を言うの?いびきをかくの?猫の眠りの秘密に迫る

いつみても可愛い猫の寝顔。飼い主さんにとってはいびきをかいていても寝相が悪くても寝顔を見ているだけで癒しになりますよね。睡眠時間の長い猫、睡眠の質はどのようになっているのでしょうか?ずっと熟……

猫の雑学

全部知ってる?意外に多い猫の体に関することわざ

長きにわたって人間の社会と密接な関係を持つ猫。猫が日本に入ってきたのは奈良時代ごろだと言われています。そんな1,000年以上の関係により、猫は様々な言葉に登場します。猫が使われることわざや慣……

猫の雑学

愛猫との最期のお別れ~猫の葬儀の方法~

ペットは、どんなに大切にしていても、私たち人間よりも長生きすることは稀です。 猫の寿命は16歳程度と言われています。「猫は死期が近くなると姿を消す」と聞いたことがある人は多いと思います……

猫の雑学

なぜか猫に嫌われる人は要チェック!猫に嫌われやすい声を出してるかも?

猫とのコミュニケーションの方法はいくつかありますが、猫好きの人の場合、猫と触れ合う時に声をかけている人も多いと思います。声をかけながら触れ合うことは、猫とのコミュニケーションとしても有効です……

猫の雑学

猫にモテモテってこんな人!野良猫が安心して近づいてきてくれる方法とは?

猫が好きな人は、飼い猫に限らずどんな猫達とも仲良くしたいという願いがあるものです。街を歩けば野良猫にバッタリ・・・!なんて嬉しい瞬間が訪れることもありますが、近づいても猫に逃げられてしまうこ……

猫のニュース