2017年5月18日更新

友好的で活発なゴールデン・レトリバーと一緒にドッグランへ行くには?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

友好的なゴールデン・レトリバーは人や他の犬と触れ合うことが大好きです。そんなゴールデン・レトリバーにとって、自由に他の犬と触れ合い走り回ることができるドッグランは、上手に利用したい施設ですね。今回はそんなゴールデン・レトリバーとドッグランに行くにはどうしたらよいのかを調べてみました。

 

ドッグランとは?

ドッグランと聞くと多くの方は柵で囲われた芝生の広場を思い浮かべるのではないでしょうか?

ドッグランは飼い犬とその飼い主のための専用の広場のことで、1990年にニューヨークに作られたのが始まりだといわれています。ドッグランの中では犬はリードを付けることなく自由に遊ぶことができます。多くの方がイメージした柵で囲われている理由は、ノーリードの犬たちが施設の外へ出てしまわないようにするためのものです。同じ理由から出入り口が管理扉や2重扉になっているところが多いようです。

ドッグランの多くは施設の中に犬用の水飲み場や、日差しを遮るような木立、犬と飼い主が休むことができる休憩場などが設置されていて、飼い主と犬が心地よく過ごすことができるように設計されています。最近ではドッグカフェが併設していたりプールが常設されているようなところもあり、飼い主と犬が1日中遊ぶことができる充実した設備を備えたドッグランもあるようです。ドッグランを目的に愛犬と一緒に旅行に出かける方も増えてきていますね。

活発で知的好奇心旺盛なゴールデン・レトリバーにとって、自由に走り回ることができドッグスポーツにも挑戦することができるドッグランは、うまく利用すればストレス発散にぴったりの是非利用したい施設ですね。楽しく安全に利用するためには、利用者同士がマナーを守って正しく施設を利用することが大切です。

特にサイズ別に分かれておらず小型犬から大型犬まで一緒に利用するタイプのドッグランを利用する時には、ゴールデン・レトリバーのような大型の犬種は周りの犬や飼い主に対して十分に配慮をする必要があるようです。

Golden retriever

利用前に身に付けておくべきこと

ゴールデン・レトリバーは穏やかで小型の犬種とも上手に遊べる犬が多いようですが、それでも遊びの中で小型の犬を踏んだり蹴ったりしてしまうと大きなケガをさせてしまうことがあります。

悪気があってしたことではなくても、ケガをさせた方の飼い主の責任は重く、愛犬も危険な犬とみられてしまいます。ゴールデン・レトリバーとドッグランを利用する時には、最低限のしつけは済ませてから利用するようにしましょう。

ゴールデン・レトリバーと一緒にドッグランを利用する時に、最低限身に付けておきたいしつけは次のようなものです。

呼び戻し

ドッグランを利用する時に絶対に必要になるのが、名前や「おいで」に反応して飼い主の元に戻ってくる呼び戻しです。

ドッグランの中では犬は飼い主の元を離れて自由に遊ぶことができます。そのため夢中になり過ぎてヒートアップしてしまったり、他の犬との遊びがエスカレートして喧嘩になってしまうようなトラブルも多くあります。

特にゴールデン・レトリバーは2歳~3歳まではやんちゃで興奮しやすいところがあるので、他の犬や周りの人に迷惑をかけてしまいそうな時には早めに呼び戻してあげるよいですね。

ドッグランの中では楽しいこと夢中になることがたくさんあるため、多くの犬がいつもはできていることができなくなってしまうことがあります。そのため室内や散歩では名前や「おいで」に敏感に反応して、100%飼い主の元へ来るようにしつけておく必要があるといわれています。

散歩中も周りの方の迷惑にならない場所を選んで、ロングリードを利用して呼び戻しの訓練をしておくとよいでしょう

クールダウン

呼び戻しとあわせて身に付けておきたいしつけがクールダウンです。

前にも書いているとおりゴールデン・レトリバーは落ち着きが出てくるまでに時間がかかる犬種だといわれており、2歳~3歳の若年の頃は夢中になると興奮してしまう犬も多いようです。大型のゴールデン・レトリバーが興奮した状態で走り回ってしまうと、周りの犬に迷惑をかけてしまうことになりますね。

クールダウンには「お座り」「ふせ」「待て」のコマンドが有効だといわれています。まず呼び戻して他の犬と離れさせ「お座り」もしくは「ふせ」をさせます。その後「待て」をかけて他の犬の動きなどを目で追うことなく飼い主に注目できるようになるまで待たせます。

クールダウンは室内だけでなく屋外でのしつけがとても大切です。できるだけ人や犬の往来があり車やバイクなどの音の聞こえるような、犬が気を散らしやすい場所を選んでしつけをおこなうとよいでしょう。

神経質なところがある犬の場合は、地べたや草の上に座ったりふせることを嫌がることもあるようです。散歩に出かけるようになったら、できるだけ早い時期から外で「お座り」や「ふせ」をさせるようにしておくとよいですね。

人や犬とのコミュニケーション

ゴールデン・レトリバーは人や他の犬に対して友好的な犬種だといわれていますが、小さな頃から家族の中だけで生活をしていると、せっかくの長所である友好性をうまく引き出してあげることができないようです。ゴールデン・レトリバーの友好性をうまく引き出してあげるためには、小さな頃から家族以外の人や他の犬と触れ合う機会を多く設けてあげることが必要です。

「ならばドッグランを早くから利用すればいいじゃない。」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし人や犬との正しいコミュニケーションの仕方を学んでいない状態でドッグランを利用してしまうと、他の犬からマナーのなっていない犬として叱責を受けてしまったり、逆に加減がわからず相手の犬を傷つけてしまうこともあります。

ドッグランを利用する前に散歩などリードを付けた状態で、飼い主がうまくコントロールしながら人や犬とのコミュニケーションの仕方を教えてあげる必要があるのです。

素材golden-retriever-437410_640

 

利用する時に守るべきこと

ドッグランにはサイズ別に大型・中型犬用と小型犬用に分かれているところもありますが、小型犬から大型犬まで一緒に遊ぶことができるところも多くあります。

サイズがわかれていないドッグランはさまざまな犬種と触れ合うことができることが魅力ではありますが、サイズも性格も違う犬と考え方の異なる飼い主が集まるのでトラブルも多くなるようです。

お互いに気持ち良く安全にドッグランを利用するためには、飼い主が守らなければならないマナーがあります。ドッグランを利用する時に飼い主が守るべきマナーは次のようにいわれています。

ワクチン・狂犬病の予防接種は済ませておきましょう

犬同士を触れ合わせる時に必ずしておかなければならないことが、ワクチンの接種と狂犬病の予防接種を済ませておくことです。

散歩も最初のワクチン接種が済む4ヶ月までは控えた方がよいといわれているように、危険性の高い感染症のから愛犬を守り病気の蔓延を防ぐためには、犬が集まる公共の施設を利用する時はその年のワクチンの接種と狂犬病の予防接種は済ませておく必要があります。

ドッグランの中にはワクチンと狂犬病の予防接種が済んでいることを証明できない場合は、入場できない所もあります。初めて利用するドッグランへ行く時には、ワクチン接種済みの証明書と鑑札、狂犬病の予防接種が済んでいることのプレートを持っていくとよいでしょう。

愛犬からは絶対に目を離さない

ゴールデン・レトリバーはあまり他の犬とトラブルになることはない犬種だといわれていますが、多くの犬が自由に遊んでいるドッグランでは常に、何が起こるかわからないという気持ちを持っておくことが大切です。

トラブルを事前に防ぐためには、ドッグランを利用している間は愛犬から目を離さずに、周りの人や犬に迷惑をかけそうな時や、逆にドッグラン内の雰囲気が悪くトラブルに巻き込まれそうな時に、素早く対応できるようにしておく必要があります。

ゴールデン・レトリバーのように大型の犬種の場合は、悪気はなくても加害者になってしまうことがあることを忘れてはいけません。トラブルになりそうな時にいつでも愛犬を止めに入れるように待機しておくことも重要です。

発情中は利用しない

避妊をしていないメスは発情中は多くの犬が集まる場所へは、連れて行かないようにしましょう。

発情中のメスを連れて多くの犬がいる公共施設を利用すると、周囲の犬や飼い主の方に迷惑をかけてしまいます。発情中のメスはオスを引き付ける強烈な臭いを放っています。この臭いはオスにとってはどんなに訓練を積んでいても衝動をおさせることができないほど魅力的なものなので、興奮して飼い主を引きずってしまったりオス同士が喧嘩になってしまうことがあるからです。

周囲の犬や飼い主の方に迷惑をかけるだけではなく、愛犬自身も危険がおよぶ可能性があります。興奮したオスに襲われてケガをしてしまうこともありますし、最悪の場合は望まない妊娠をしてしまうことも考えられますね。

発情中は体調を崩しやすいものです。室内や安心できる場所でゆっくりと静かに過ごさせてあげるとよいでしょう。

排泄は済ませてから、粗相はすぐに片付けましょう

多くの犬が利用するドッグランを衛生的で気持ちのよい状態に保っておくためには、ドッグラン内で粗相をしないように飼い主1人1人が心配りすることが大切です。

ドッグランを利用する前には自宅でしっかりと排泄を済ませるようにしましょう。自宅から離れたドッグランを利用する場合は、ドッグランに入る前に散歩をさせるなどの工夫をするとよいでしょう。

ドッグランの中には犬のトイレスペースが用意されているところがあります。トイレスペースが用意されている場合は、リードを離す前にトイレの場所を確認してから離すようにするとよいですね。

ドッグランの規約に従って正しく利用しましょう

ドッグランにはそれぞれの施設に利用の際の規約が決められています。規約の内容はさまざまで、利用時間や利用料金などの基本的なものから、粗相の際の片付け方が決まっていたり、ワクチンと狂犬病の予防接種が済んでいることの証明する必要があったりと、細やかな内容になっている場合もあります。

どの内容も施設を管理している方々が、利用者がお互いに気持ち良く利用するためにと考えて作られたものです。施設を利用している間は規約に従って正しく利用するように心がけましょう。初めて利用するドッグランへ行く時は、予めホームページや電話などで利用規約を確認しておくとよいでしょう。

imasia_5370645_S

ゴールデン・レトリバーとドッグランを利用するには?

ゴールデン・レトリバーとドッグランを利用するために必要なことについて調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

ゴールデン・レトリバーは基本的にはとても友好的で、誰とでもどんな犬とでも仲良く協調性を持って遊ぶことができるといわれています。しかし中にはスイッチが入ると興奮が抑えられなくなってしまう犬や、他の犬に対して心を開くことができない犬もいるようです。

ドッグランは必ず利用しなければならない施設ではありません。特に他の犬に対して強い苦手意識がある犬にとっては、ストレスを感じるだけで決して楽しい場所ではないでしょう。

「ゴールデン・レトリバーなんだから他の犬と仲良く遊んで欲しい。」という気持ちはわかりますが、他の犬に対して唸ったり吠えたりする犬をドッグランへ連れて行くのは、利用している他の飼い主や犬たちに迷惑をかけるだけでなく、他の犬から嫌がられ嫌われる経験を積んでしまう愛犬にとっても辛いだけの時間になってしまいます。

ゴールデン・レトリバーでもさまざまな個性があり必ずしも全ての犬がフレンドリーだとはかぎりません。他の犬が苦手でどうしてもうまく遊べない場合は、貸切ることができるドッグランを利用するなど、愛犬の個性にあわせた利用方法を考えてあげるとよいですね。

ゴールデン・レトリーバーについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】ゴールデンレトリバーとの暮らしで注意すること

 
 

関連カテゴリ