2017年5月18日更新

金色に輝く被毛が魅力のゴールデン・レトリバーに洋服は必要?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

金色に輝く美しい被毛はゴールデン・レトリバーの魅力の1つです。柔らかくたなびくさまはゴールデン・レトリバーの内面的な優しさや生命力をあらわしているようで美しいものですね。そんな魅力的な被毛を洋服で隠すなんてもったいない?今回はそんなゴールデン・レトリバーに洋服を着せる意味などについて調べてみました。

 

ゴールデン・レトリバーに洋服を着せる意味は?

ゴールデン・レトリバーの魅力の1つでもある被毛を覆い隠してしまうような洋服を、わざわざ着せる意味はあるのでしょうか?疑問に感じる方も多いことでしょう。

お洒落のためだけならば綺麗な被毛を隠してしまう洋服を着せる必要はありませんね。しかしゴールデン・レトリバーに洋服を着せることには、次のような意味があるよです。

マナーとしての着用

ゴールデン・レトリバーに洋服を着せる1番の目的は、自宅以外の場所へ出かける時のマナーとして着用させることです。

ゴールデン・レトリバーはとても抜け毛が多い犬種です。その理由はゴールデン・レトリバーの毛の構造にあります。

水中回収犬として活躍してきたゴールデン・レトリバーの被毛は、水の中でも体温を奪われることなく仕事が続けられるような構造になっています。撥水性が高くはりのある上毛と保温性の高い柔らかく密集した下毛の2重の構造になっていて、上毛が水を弾き下毛を濡らさないことで水中でも体温が保たれる仕組みになっています。

ゴールデン・レトリバーのように2重構造になっている被毛のことをダブルコートと呼び、サモエドやシベリアン・ハスキーなど体温を守る必要がある寒冷地で生活する犬種に多い毛の構造となっています。ダブルコートの特徴は気温にあわせて下毛が抜け替わることで、常に一定の体温を保つことができるようになっていることです。

ゴールデン・レトリバーも例外ではなく、春から夏にかけてと秋から冬にかけての2回の換毛期があり多くの毛が抜け落ちます。

またゴールデン・レトリバーは上毛の撥水性を高めるためにやや脂性なところがあることや、垂れ耳なので耳の中が蒸れやすく臭いがしやすいこと、よだれの分泌が多く口周りが汚れやすいことなど、臭いについても気になることが多い犬種のようです。

「愛犬の臭いは気にならない!」という飼い主の方も多いと思いますが、友人の家や多くの人が集まる公共の場所では気にしないというわけにはいきません。抜け毛も自宅なら掃除をすれば済みますが、自宅以外の場所へ出かける時に大型の掃除機を持って歩くわけにはいきませんね。

すべての抜け毛や臭いを予防することはできませんが、洋服を着せることで毛の抜け落ちや臭いの付着をある程度軽減することができます。洋服である程度抜け毛や臭いを軽減してあげれば、帰る前にハンディータイプの粘着ローラーや小さな消臭剤を使えば、抜け毛や臭いを残さずに気持ち良く帰ることができます。

最近ではドッグカフェやペットと泊まれる宿泊施設など犬と一緒に利用できる公共施設では、施設内での洋服の着用をマナーとして義務付けているところも多くなってきています。ゴールデン・レトリバーと一緒に出かける範囲を広げていくためには、洋服を着せることが必要になってきているようですね。

犬_素材golden-retreiver-926732_640

アレルゲンの付着を防止する

ゴールデン・レトリバーはアレルギーを持っている犬が多いことでも知られています。アレルギー反応の1つにアトピー性の皮膚炎があります。アトピー性の皮膚炎は発症すると根治が難しく、体質の改善をおこなわないと再発を繰り返すとても難しい病気です。

アトピー性の皮膚炎はアレルギーの原因となるアレルゲンが肌に付着したり、吸い込んだりすることで発症する皮膚病のことです。アレルギーを起こす原因としては食べ物によるもの、ノミやダニなどの寄生虫、ハウスダストや花粉などの環境的な要因が考えらます。

症状としては痒がって手足を噛んだり、足でかくと大量のフケが出たりするようになります。重症化していくと脱毛を起こしたり、患部が赤黒くなり皮膚が分厚くなってしまったりすることがあるようです。

食べ物によるアレルギーやアレルゲンの吸引を洋服で防ぐことはできませんが、花粉や寄生虫、ホコリなどの肌への付着は防ぐことができます。草むらや枯れ葉の多い場所など自然豊かな所や、人が多くほこりっぽいところなどへ連れて行く時は、洋服を着せて環境的なアレルゲンの付着を防いてあげるとよいですね。

熱中症への対策

ゴールデン・レトリバーは毛の構造から夏の暑さに弱く、熱中症に注意が必要な犬種です。特に近年は気候の変動から夏の気温の上昇が著しく、ゴールデン・レトリバーには過ごしにくい季節になっているようです。

犬の洋服にも人の暑さ対策と同様にクール素材でできた洋服や、水で濡らすことで涼を取ることができるベストやバンダナが販売されるようになってきました。このような涼を取ることができる洋服や小物を使って、外出の時はもちろん室内でもうまく体温コントロールをしてあげることは、獣医師も推奨している夏の過ごし方になってきています。

ゴールデン・レトリバーのように毛の量も多く、被毛の中に暑さを溜めこみやすい犬種の場合は、暑い季節を上手に乗り越えるためにうまく洋服を活用する必要があるようです。

体にあった洋服を選びましょう

近年ゴールデン・レトリバーは小型化されている傾向があるようで、ペットショップなどでゴールデン・レトリバーのサイズとして参考表記されているものよりも、小さなサイズがぴったりの犬も多くなってきているようです。

犬の洋服はデザインや素材よりも動きを制限しないサイズのあった洋服を選ぶことが重要です。そんな犬の洋服を選ぶ時は、事前に愛犬のサイズを測っておくと失敗が少なくて済むようです。犬の洋服を選ぶ時に測っておくとよいといわれているのは次の5つになります。

  • 胴回り:前足のつけ根から背中を回って胸の一番広いところを1周
  • 首回り:首輪の位置を1周
  • 背丈:首のつけ根から尻尾のつけ根まで
  • 腹側着丈:腹側の首輪の位置から排泄で汚れない位置まで
  • ウエスト:後ろ足の抜け根から背中を回って胴の一番細いところを1周

人気犬種のゴールデン・レトリバーの場合はゴールデン・レトリバー専門の洋服を作っているお店もあるようです。専門店ではゴールデン・レトリバーの体付きにあった洋服を作成しているので、着心地のよい洋服を見つけやすいというメリットがあります。

ネット販売をしているお店も多いので、検索して見てはいかがでしょうか?色々なお店を比較してお気に入りを探してみるのも楽しいですね。

Woman sitting on a sofa taking a photo of themselves at home in the living room

 

着慣れるまではゆっくりと

可愛い洋服を見つけた飼い主の気持ちとしては「早く着せたい!早くみんなに見せたい!」と思うものですね。飼い主としての気持ちはよくわかるのですが、残念ながら犬にとっては迷惑な気持ちかもしれません。

洋服を着る習慣のない犬にとって洋服を着ることは違和感がある気持ちの悪いものです。そのため洋服を着せると嫌がって暴れたり、あまり動かなくなってしまうようなこともあるようです。

洋服に違和感を感じている状態で無理に外へ連れ出してしまうと、洋服に対する嫌悪感だけでなく出かけることにも躊躇するようになってしまいます。犬に洋服を着せる時は無理をさせずにゆっくりと慣らしてあげることが大切です。

初めて着せる洋服はできるだけ軽く違和感のない洋服を選ぶことが重要です。最初はいつも過ごしている安心できる場所で着せてあげて、嫌がるようならすぐに脱がしてあげましょう。絶対に無理をさせてはいけません。少しでも着ていられたらたっぷりと褒めてあげます。

食いしん坊のゴールデン・レトリバーの場合は、オヤツをうまく利用して着ていられる時間を伸ばすのも有効ですね。飼い主に褒められることが大好きなゴールデン・レトリバーは、洋服を着ることを褒められることを繰り返すうちに、次第に着られる時間が長くなっていくようです。なかには褒められたいから自分から進んで洋服を着る犬もいるようですね。

洋服も他のしつけと同様に小さな頃から着せておくと、比較的スムーズに洋服を着ることができるようになるようです。基本的なしつけが終わったら洋服に挑戦してみるとよいですね。

脱いで過ごす時間も作ってあげましょう

自宅以外の場所へ出かける時には、マナーのためにも被毛や肌を清潔に保つためにも洋服を着せてあげたいところですが、1日中洋服を着て過ごすこともまた肌への負担が大きく皮膚病を誘発することにつながってしまうようです。

確かに洋服を着せていると毛の抜け落ちや臭いの付着を軽減することができます。しかしその分洋服の中には毛やフケ、湿気などが溜まっていく状態が続きます。常に抜け毛やフケが肌の側にある不潔な状態や、湿気がこもり蒸れてしまうような状態は肌への負担が大きいものです。

また柔らかい毛質をしているゴールデン・レトリバーは、洋服を脱ぐと毛玉がたくさん出来ていることもあるようです。毛玉も皮膚炎を誘発する原因の1つになります。自宅の中では室温管理の行き届いた洋服を着ないで過ごすことができる場所を用意しておいてあげるとよいですね。

犬_素材puppy-1207816_640

まとめ

ゴールデン・レトリバーに洋服を着せることについて色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

ゴールデン・レトリバーは美しい長毛が魅力の1つですが、洋服を着せる時には長い毛が洋服のサイズをわかりにくくしてしまう原因になってしまうようです。季節によっても毛の量が変わる点も、ジャストサイズの洋服を探すことを難しくしている要因のようですね。

首回りや胴回り、ウエストなどのサイズを測る時は、被毛の分を考慮してあまりきつくせず、ある程度の緩みを持たせてあげるとよいでしょう。試着のできるお店で購入する場合は愛犬を同伴して試着をしてから購入するとよいですね。