2017年1月12日更新

【ドッグトレーナーが解説】犬のトイレトレーニングが成功した!!トレーニングって終わってもいいの?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

トイレトレーニングの記事も終盤に入ってきました。
まずは、こんな質問からです。

 

トイレの成功時にはどのくらい褒める?


「すごいね、良かったね、えらいね!」などの言葉や気持ちを伝えるわけですが、犬の性格によりそれぞれです。少しオーバーに褒めることもあれば、そうすることで逆にテンションがあがってしまう場合もあるからです。

レッスンでは、犬の性格と、飼い主さんの性格をマッチングしたところをアドバイスしています。また、トレイでできることが当たり前になると、褒めることを忘れがち。毎回、オーバーに褒めなくてもいいですが、気持ちは伝えてあげましょう。目があったら、笑顔をみせるだけでも効果はあります

トイレトレーニング卒業の目安


トイレトレーニングに一生懸命になるより、少し忘れたくらいのときの方が、成功が続くことが多いです。「実は私たちが犬に試されたりしてね」なんて会話もでるほどです。

パピーの頃からトイレトレーニングを始めれば、成犬になるころにはほぼできるようになります。しかしトイレに限らず、その他のトレーニングにおいても、「卒業」はありません。体調や加齢による、行動の変化、トイレの失敗は、体調不良の訴えであることもあるからです。

シニアになれば、おねしょをする犬もいます。人と同じ。叱ったところで直るものでもないのです。トイレトレーニングの「記事」については、終盤になりましたが、実際はこれからも続きます。何においても「完璧」はないので、求めすぎないこと・いつも気に留めてあげることが健康管理にもなり、犬と暮らす上で大切な部分です

 
 

関連カテゴリ