2017年3月18日更新

運動能力抜群のボーダー・コリーにはどんな散歩が必要?

フリスビーやアジリティーなど多くのドッグスポーツで活躍しているボーダー・コリー。姿勢を低くしてディスクを追う姿は惚れ惚れするほど美しいですね。知能も運動能力も高いボーダー・コリーは普段の生活ではどのような散歩が必要なのでしょう?今回はそんなボーダー・コリーにとっての散歩について調べてみました。

ボーダー・コリーにとっての散歩の意味は?

ボーダー・コリーは優秀な牧羊犬として生み出され、全犬種の中でも抜群の運動能力と高い知能を兼ね備えた犬種です。体力的にもとてもタフで長時間歩いても疲れることを知らないといわれています。そんなボーダー・コリーにとって毎日の散歩にはどのような意味があるのでしょう?

ボーダー・コリーの散歩には運動への欲求を満たすだけでなく、家の中にはない刺激を受け知的好奇心を満たすという意味が含まれているようです。体を動かすことも大好きですが、頭を使って考えて行動することが大好きなボーダー・コリーにとって、外を歩くことはさまざまな音や動きに出会い新しい発見をすることができる機会でもあります。

また飼い主に対して忠実でともに何かをすることが好きなボーダー・コリーにとって、飼い主が自分に注目してともに歩いてくれる散歩の時間は、コミュニケーションの時間としても楽しみな時間でもあるようです。

楽しみな時間だけではなく、しつけの面でもボーダー・コリーにとって散歩は重要な意味があります。牧羊犬は特徴として警戒心が強い面があります。ボーダー・コリーも例外ではなく、小さな頃から限られた人の中だけで生活をしてしまうと、家族以外の人や他の犬に対して攻撃的な面をみせる犬に成長してしまうことがあるようです。

散歩は飼い主がコントロールを取りながら、家族以外の人や他の犬とのコミュニケーションをとらせてあげることができる機会でもあります。警戒心の強い傾向があるボーダー・コリーの場合は、ワクチン接種がすむ4ヶ月辺りから人や犬とのコミュニケーションをとれるような散歩を心がけるとよいですね。

imasia_10528564_S

ボーダー・コリーに必要な散歩の目安は?

ボーダー・コリーはタフで疲れ知らずなところがある犬種なので、運動量も相応に必要だといわれています。しかし股関節形成不全などの関節の病気が心配なところがあり、骨格が出来上がる1歳前の成長期に激しい運動を続けて行ってしまうと、骨や関節に悪影響を及ぼしてしまうことがあるようです。

子犬の頃の散歩は無理をさせずに、愛犬のペースにあわせてゆっくりと慣らしていってあげるとよいですね。

骨格ができてきたら1日2回で1回の散歩は30分~1時間程度の散歩が目安だといわれています。しかしボーダー・コリーの場合は長時間だらだらを歩くよりも、メリハリのある充実した内容を好む傾向があるようですね。例えば号令をかけながら歩く速さを変えたり、散歩の途中に服従訓練を入れてみたりなど、飼い主と一緒に何かをしていると感じる時間を挟んであげるとよいようです。

また知能の高いボーダー・コリーはいつも同じ散歩コースでは、コースの内容を覚えてしまい飽きてしまうようです。いくつかの散歩コースを用意してあげて散歩の途中でコースを変えみるなど、変化を付けてあげるとよいですね。

リーダーウォークを身に付けましょう

犬にリーダーウォークをさせることの意味は、散歩中の引っ張り癖を治すという意味だけでなく、常に飼い主が上位であることを犬にわからせるという意味もあるのです。

知能の高いボーダー・コリーにとって、リーダーウォークを覚えることはそれほどむずかしいことではありません。しかし外を歩く時は常にリーダーウォークをさせることで、飼い主をリーダーとして認めさせ続けることが大切なのです。

リーダーウォークの教え方には色々とありますが簡単に実践できるものとしては、犬が飼い主の前に出た時にわざと犬の前を通って方向を変える方法、もう1つは引っ張ると首に負担がかかるチョークを利用して、犬が引っ張った時に首に軽いショックを与えるように犬と逆の方向に飼い主が動く方法です。

どちらの場合も犬に命令などをせずに無言でおこない、1回5分~10分くらいの短い時間での訓練がよいようです。本格的に散歩へ行く前にまずは室内や家の前などで十分に訓練をおこなうとよいでしょう。

border-collie-752848_640

賢いボーダー・コリーには散歩時間は決めない方がよい

ボーダー・コリーのように知能の高い犬の場合は、家族の誰かが常に同じ時間に散歩に行かれる環境でない場合は、できる限り時間をずらして不規則な時間に散歩をさせるとよいといわれています。

ボーダー・コリーのような賢い犬種の場合は1度時間を決めてしまうと、時間がくると散歩に行きたがって催促吠えをしたり、我慢をすることでストレスや不安を抱えてしまうことがあるためです。

また散歩の時間を決めておかない方がよい理由としては、気候の変動から季節によっては散歩に適さない時間も多くなってきていることもあげられます。

特に夏の散歩は注意が必要で、人よりも毛の量が多く汗による体温コントロールができない犬の場合は、散歩中の体温の上昇から熱中症を発症してしまうケースが年々増加しているようです。

夏の散歩は直射日光と地面からの照り返しを避けるために、地面が熱を持つ前の午前5時~6時くらい、夕方は地面の熱がしっかりと抜けているのを確認してから散歩をするとよいでしょう。

犬_素材

まとめ

ボーダー・コリーの散歩についていろいろと調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

ボーダー・コリーは犬によってかなり性格にばらつきがある犬種のようです。そのため素人ではなかなかしつけが難しい場合もあるようです。散歩中のトラブルは家族だけでなく他の人を巻き込む事故へつながってしまう可能性がありますね。

もし家族だけでしつけることが難しいと感じた場合は、早い時期からプロの力を借りてしっかりとしつけをおこなってから散歩へ出かけるとよいでしょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【中国・四国地方】あの観光地、犬の同伴できる?難しい?

犬を連れて旅行に行く場合、人間だけ行動するよりも下調べが大切になります。「行きたい施設に犬を連れて行くことはできるのか?」「犬と一緒に食事を取れるレストランはあるのか?」など事前にチェックし……

犬との旅行

あらためて振り返る、犬の散歩の理由とメリット。

みなさんは犬の散歩に行っていますか?時間がなかったりめんどくさかったり、あまり散歩に行かないなんて事もありますよね。しかし、犬にとって散歩はとても大切なものです。今回はそんな散歩についてまと……

犬の散歩の基礎

【ペットシッターが解説】お散歩拒否の愛犬に歩いてもらうには?

愛犬のお散歩デビューで拒否されてしまう、今まで行けていたのに拒否されてしまう、状況は異なりますがどちらも飼い主さんにとっては心配な出来事です。愛犬がお散歩を拒否するようになってしまった原因を……

犬の散歩の基礎

【ドッグトレーナーが解説】引っ張りは卒業!スマート散歩のススメ(動画)

最近はお散歩の依頼も多くなってきました。特に大型犬は飼い主さんがシッカリと制御できないと思わぬ事故に繋がりかねません。毎日の日課だから、お互いに落ち着いて歩きたいですね。 リードの持……

犬の散歩の基礎

食欲旺盛!運動大好きなゴールデン・レトリバーの散歩についてのまとめ

ほどよく長い金色の被毛が美しいゴールデン・レトリバー。1度は飼ってみたい大型犬としても人気の高い犬種ですね。でもいざ飼うとなるとゴールデン・レトリバーにはどのくらいの運動量が必要なのか気にな……

犬のしつけの基礎