2017年3月18日更新

ブラック&ホワイトだけじゃない!ボーダー・コリーのカラーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

日本では黒と白の2色のブラック&ホワイトと呼ばれるカラーのボーダー・コリーをみかけることが多いですね。確かにブラック&ホワイトはボーダー・コリーの基本的なカラーの1つですが実はさまざまなバリエーションがあるようです。今回はあまり知られていないボーダー・コリーの被毛のカラーについて調べてみました。

 

ボーダー・コリーの被毛の特徴は?

ボーダー・コリーの被毛はダブルコートと呼ばれる2重の構造をしています。ボーダー・コリーは牧羊犬として優秀な犬種を生み出すことを目的に、改良繁殖が続けられてきた犬種です。牧羊犬は天候に左右されることなく、屋外での長時間の労働に耐えられなければなりません。

そのためボーダー・コリーの毛は撥水性の高い上毛と、体温を守る下毛の2重構造になっており、雨などでも上毛が水を弾き下毛を濡らさないことで、体温を下げることなく活動することができるようになっています。

ダブルコートの犬種の特徴は、季節にあわせて下毛が抜け替わることで体温を調整している点です。そのため季節の変わり目には換毛期と呼ばれる下毛の生え変わりの時期があり、この時期はブラッシングをしても追いつかないほどの抜け毛があります。

ボーダー・コリーも例外ではなく抜け毛は多い犬種だといわれていますね。

また日本ではあまり知られていませんが、ボーダー・コリーには長毛のラフコートと短毛のスムースコートの2つのコートタイプがあります。日本で多くみかけるラフコートの犬種はオーストラリア系のボーダー・コリーに多いコートタイプで、性格的にも家庭犬向きの穏やかで優しい犬が多いといわれています。

対して短毛のスムースコートはイギリス系のボーダー・コリーに多いコートタイプで、牧羊犬としての気性が強く、賢く聡明ですがややきつい性格をしている犬が多いようですね。イギリス系のボーダー・コリーは性格的にきついところはありますが、オーストラリア系のボーダー・コリーよりもコマンドの入りがよい犬が多いといわれており、家庭犬よりは競技向きの犬が多いといわれています。

imasia_12745297_S

ボーダー・コリーのスタンダードカラーは?

ボーダー・コリーの日本でのスタンダードカラーについて、一般社団法人・ジャパンケネルクラブ(JKC)ではどのように定められているのでしょう。

一般社団法人・ジャパンケネルクラブのホームページ上では、さまざまなカラーが認められているとだけ記載されています。注意点としてはホワイトが優勢であるものは好ましくないとされていますが、具体的なカラーは記載されていません。

ボーダー・コリーと比較的近い犬種としてよく名前があがる、ラフ・コリーやスムース・コリーの場合はセーブル・マールとセーブル・マール&ホワイトはスタンダードカラーとして認められていませんが、ボーダー・コリーに関しては今のところはっきりとした規定は設けられていないようです。

 

ボーダー・コリーの人気のカラーは?

さまざまなカラーが認められているといわれても、実際にどのようなカラーがあるのか疑問がわきますよね。ボーダー・コリーのカラーとして認められているのは35種類もあるといわれています。

なかでも人気の高いカラーをいくつかご紹介しましょう。

ブラック&ホワイト

日本でも多くみかけるカラーですね。海外でもボーダー・コリーのスタンダードカラーとして人気が高いカラーのようです。顔面にブレーズと呼ばれる白い線が綺麗に入り左右対称にブラックが配色されていて、カラーと呼ばれる白い線が均一の太さで首を一周している犬はドッグショーでは高い評価を受けるようです。

カラー表記の中にはホワイト&ブラックというカラーもありますが、基本的にカラー表記は優勢なカラーが前に表記されるので、ホワイト&ブラックは体全体の5割以上がホワイトで、ブラック&ホワイトは逆に体全体の5割以上がブラックであるという意味になるようです。

レッド&ホワイト/チョコレート&ホワイト

茶系のカラーとホワイトの2色で構成されたカラーです。日本では柴犬のような赤褐色のことをレッドと呼びます。チョコレートはレッドよりも濃いチョコレートのような茶色で、深みがあり人気の高いカラーですね。

日本ではレッドは赤褐色、チョコレートはそのままチョコレート色をあらわしますが、海外では赤褐色はタン、チョコレートはレッドと表記されることが多いようです。つまりレッド&ホワイトはタン&ホワイトとなり、日本でのチョコレート&ホワイトがレッド&ホワイトになるようです。

イザベル&ホワイト

イザベルとはチョコレートよりも薄い茶色のカラーのことで、海外ではライラックと呼ばれることが多いようです。チョコレートよりも柔らかくレッドよりも落ち着いたカラーになります。

素材dog-1232667_640

マールカラー

マールカラーとは単色の中に不規則な斑模様が現れるカラーのことです。優雅で美しいカラーなのでとても人気が高いのですが、交配には注意が必要になるカラーです。

ボーダー・コリーのマールカラーには青みがかったグレーのブルーマール、レッドマール、チョコレートマール、イザベルマールなどの種類があります。

セーブル

セーブルとは黒貂のようなカラーという意味で、基本色になるカラーの中に黒い毛が混ざるカラーのことです。コリーらしい美しいカラーですが、ボーダー・コリーのカラーとしては日本ではあまり見かけない珍しいカラーです。

マールカラーはなぜ交配に注意が必要なの?

ボーダー・コリーでも人気が高くなっているマールカラーですが、交配には注意が必要なカラーだといわれています。

マールカラー特有の斑模様を作り出しているのは、マール遺伝子(ダックスフンドではダップル遺伝子)と呼ばれている遺伝子なのですが、この遺伝子は優性遺伝なので両親のどちらかがマールカラーでなければマールカラーの子どもは生まれません。

人気の高いカラーなので「できるだけ美しい斑模様を。」と考えると、確実にマールカラーが生まれる、マールカラー同士の掛け合わせをしたくなってしまうところですね。ところがこのマール遺伝子はダブルマールという組み合わせになってしまうと、生まれてくる子供は重篤な障害を持っていたり、死産の確率が高くなることがわかっているのです。

このようなことからマール同士の掛け合わせは禁止されており、マール同士以外でも好ましくないといわれているカラーの掛け合わせがあるのです。

imasia_6109437_S

まとめ

ボーダー・コリーのカラーについて色々と調べてきましたがいかがでしたか?

ボーダー・コリーというと白と黒というイメージが強いのですが、公認されているカラーは35色もあるといわれるとてもカラーバリエーション豊富な犬種のようです。ご紹介したカラーの他にもタンの入ったトライカラーなど魅力的なカラーが多くあるようです。

模様の出方も犬それぞれに個性があるので、カラーと模様の出方をあわせるとボーダー・コリーは1匹として同じカラーのない、ユニークなカラーを持った犬種だといえるでしょう。

 
 

関連カテゴリ