2017年5月18日更新

スポーティーなボーダー・コリーに洋服を着せることの意味は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

スポーティーな体つきとお茶目なカラーが魅力のボーダー・コリー。知能が高く運動能力も優れているボーダー・コリーはドッグスポーツだっておてのものです。そんなボーダー・コリーに洋服を着せることで動きを妨げしまうのは問題ですね。今回はそんなボーダー・コリーに洋服を着せる意味などについて調べてみました。

 

ボーダー・コリーに洋服を着せる意味は?

動きの激しいボーダー・コリーに洋服を着せることは、愛犬の動きを妨げることにつながってしまうのではないかと心配になる方もいらっしゃるかもしれません。確かに洋服によっては犬の動きを妨げてしまう可能性もありますが、用途をよく考えて愛犬のサイズにあった洋服を選んであげれば大丈夫です。

ではそこまで心を配ってボーダー・コリーに洋服を着せることには意味があるのでしょうか?ボーダー・コリーに洋服を着せる意味には次のようなものがあるといわれています。

犬_素材

マナーとしての着用

ボーダー・コリーは抜け毛の多い犬種だといわれています。

ボーダー・コリーは牧羊犬として優秀な犬種を生み出すことを目的に、改良繁殖が続けられてきた犬種です。牧羊犬は天候に左右されることなく、屋外での長時間の労働に耐えられなければなりません。

そのためボーダー・コリーの毛は撥水性の高い上毛と、体温を守る下毛の2重構造になったダブルコートと呼ばれる毛の構造をしています。雨が降っているような悪天候の中でも上毛が水を弾き下毛を濡らさないことで、体温を下げることなく活動することができるようになっています。

ダブルコートの犬種の特徴は、季節にあわせて下毛が抜け替わることで体温を調整している点です。そのため季節の変わり目には換毛期と呼ばれる下毛の生え変わりの時期があり、この時期はブラッシングをしても追いつかないほどの抜け毛があります。

自宅ならば掃除や空気清浄器の力を借りて綺麗に保つこともできますが、友人の家やドッグカフェなど多くの人が利用する公共の場所では、掃除をして帰るわけにもいきませんね。特に不特定多数の人が利用する公共の場所では、犬に対してアレルギーを持っている人も利用している可能性があります。

ボーダー・コリーを連れて友人の家や公共の場所へ出かける時は、毛をできるだけ落とさないように洋服を着せてあげることはマナーの1つのようです。

アレルゲンの付着を防止する

ボーダー・コリーはアレルギーを起こしやすい犬が多いといわれています。アレルギーの発症原因となるアレルゲンもそれに反応して起こす症状も犬によって様々ですが、症状の1つにアトピー性の皮膚炎があります。

アトピー性の皮膚炎はアレルギーの原因となるアレルゲンが肌に付着したり、吸い込んだりすることで発症する皮膚病のことです。アレルギーを起こす原因としては食べ物によるもの、ノミやダニなどの寄生虫、ハウスダストや花粉などの環境的な要因が考えらます。

症状としては痒がって手足を噛んだり、足でかくと大量のフケが出たりするようになります。重症化していくと脱毛を起こしたり、患部が赤黒くなり皮膚が分厚くなってしまったりすることがあるようです。

洋服には吸引を防ぐ効果はありませんが、肌への付着は予防することができますね。寄生虫や花粉などの環境的要素が多い自然豊かな場所へ行く時や、大型のショッピングモールなど人が多くほこりっぽい場所へボーダー・コリーを連れて行く時は、洋服を着せてアレルゲンの肌への付着を予防してあげるとよいですね。

熱中症への対策

ボーダー・コリーは全天候型の牧羊犬だといわれていますが、近年の夏の気温の上昇についていくことは難しく、他の犬種と同様に熱中症には注意が必要なようです。熱中症の予防には暑い時間帯の外出を避け、温度管理の行き届いた室内で過ごさせてあげることが1番ですが、運動への欲求の強いボーダー・コリーを1日中室内に閉じ込めておくのは可愛そうですね。

犬の洋服にも人の暑さ対策と同様にクール素材でできた洋服や、水で濡らすことで涼を取ることができるベストやバンダナが販売されるようになってきました。このような涼を取ることができるアイテムをうまく利用して熱中症を防ぐことは、獣医師からも推奨されている方法のようです。

涼しくなった時間帯を選んで出かけることを心がけて、涼のとれるアイテムをうまく取り入れることで、夏場でも外で活動できるようにしてあげるとよいですね。

imasia_14977062_S

体にあった洋服を選びましょう

ボーダー・コリーはメスで12kg~19kgオスでは14kg~20kgになる犬種です。そのため洋服もLやLLの大きめのサイズに物がよいようですね。しかし動きの激しいボーダー・コリーの場合はできる限り体にフィットしていて、動きを妨げることがない洋服を選んであげたいものです。

犬の洋服を選ぶ時は愛犬のサイズを測っておくと失敗が少ないようです。犬の洋服を選ぶ前に測っておくとよいといわれているポイントは次の5つです。

  • 胴回り:前足のつけ根から背中を回って胸の一番広いところを1周
  • 首回り:首輪の位置を1周
  • 背丈:首のつけ根から尻尾のつけ根まで
  • 腹側着丈:腹側の首輪の位置から排泄で汚れない位置まで
  • ウエスト:後ろ足の抜け根から背中を回って胴の一番細いところを1周

またボーダー・コリーなどコリー種の洋服を専門に作っているショップもあるようです。専門店ではコリーの体の特徴にあわせた洋服が販売されているので、サイズをあわせてあげればフィット感のある洋服を手に入れることができます。

インターネット上にも多くのショップがありますので、さまざまなショップを覗いて見てデザインや素材、サイズなどがあうショップを見つけておくのも、愛犬の洋服選びで失敗しない方法の1つですね。

 

着慣れるまではゆっくりと

「洋服を着せたら動きがぎこちなくなってしまって。」という話しをよく聞きます。どんなに着ることに意味があったしても、犬にとって洋服は着慣れない違和感のある物であることには違いはありません。初めて着る時はどうしても違和感から動きがぎこちなくなったり、暴れて脱ごうとするようなこともあるようです。

犬に洋服を着せる時はまずは着慣れるまでゆっくりと慣らしてあげることが大切です。

初めて着せる洋服はできるだけ軽く違和感のない洋服を選ぶことが重要です。最初はいつも過ごしている安心できる場所で着せてあげて、嫌がるようならすぐに脱がしてあげましょう。絶対に無理をさせてはいけません。少しでも着ていられたらたっぷりと褒めてあげます。

食いしん坊のボーダー・コリーの場合は、オヤツをうまく利用して着ていられる時間を伸ばすのも有効ですね。飼い主に褒められることが大好きなボーダー・コリーは、洋服を着ることを褒められることを繰り返すうちに、次第に着られる時間が長くなっていくようです。なかには褒められたいから自分から進んで洋服を着る犬もいるようですね。

洋服も他のしつけと同様に小さな頃から着せておくと、比較的スムーズに洋服を着ることができるようになるようです。基本的なしつけが終わったら洋服に挑戦してみるとよいですね。

脱いで過ごす時間も作ってあげましょう

外へ出かける時に洋服を着せることには意味がありますが、自宅でも着せたまま過ごすことには問題もあるようです。犬の洋服を着せることのデメリットは、洋服の中に抜け毛やフケが溜まって不衛生な状態になってしまうことと、洋服の中は湿気が溜まりやすく肌が蒸れてしまうことです。

犬は人よりも肌が薄くとても敏感です。そのため人よりも皮膚病にかかりやすいようです。抜け毛やフケが常に肌の近くにある不衛生な状態や、肌の蒸れは皮膚病を誘発する原因になってしまいます。

洋服を着せる時は自宅では室温の管理が行き届き、抜け毛や臭いなどを気にすることなく過ごすことができる場所を用意して、着ないで過ごす時間を作ってあげるとよいですね。

imasia_6109437_S

まとめ

ボーダー・コリーに洋服を着せることについて色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

装飾のついた洋服を着せる場合は誤飲を防ぐために、犬が着ている時に噛んで取ってしまえるような位置に装飾がついていないことを確認しておきましょう。特にボタンやリボンなどの小さな装飾が口の届く位置についている場合は危険です。

ボーダー・コリーはスポーティーな見た目が魅力的な犬種です。スポーティーな体つきに似合わない装飾の多い洋服を着せるのは、動きを妨げる原因にもなりますしせっかくのボーダー・コリーの魅力を削いでしまうことにもなりますね。

ボーダー・コリーにはできる限りシンプルで、着心地のよい洋服を選んであげるとよいのではないでしょうか?

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード