2017年1月22日更新

【動物看護師が徹底解説!】1歳を超えた犬は避妊・去勢手術をしても大丈夫?メリット・デメリットは?

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

犬を飼い始めるときに、必ず説明を受ける避妊・去勢手術に関する話。このときだれもが”健康体にわざわざメスを入れるか?”と、悩むことでしょう。

確かに、手術は麻酔のリスクも伴い、臓器の一部を取り除くことになるのでデメリットもあります。しかし、飼い主さんや愛犬にもメリットが生じるのも確かです。そんなこんな悩んでいると、あっという間に1歳の誕生日。1歳を超えた避妊・去勢手術には、早めに行う手術と同じようなメリットが得られるのでしょうか。

 

そもそもなぜ手術をするのか

現代では、野良犬はあまり見なくなりましたね。都会から少し離れると、いるかもしれませんが、頭数は昔よりも激減しているはずです。避妊や去勢手術の目的の一つとして、交配をして出産することにより、飼い主のいない不幸な犬を減らすこと、というものがあります。これは野良犬に関してだけではなく、飼い犬でも同じことがいえます。

手術をすることで、散歩中にばったり会った飼い主さん同士が話し込んでいる間に、交配・妊娠してしまった、という事故を未然に防ぐ効果があります。また、避妊・去勢手術により性ホルモンに由来する病気を防ぐこともできます。しかし、その予防率は100%ではありません。この点が、特に飼い主さんを悩ませていることと思います。

健康体にメスを入れるのは虐待か

避妊・去勢手術により、摘出される臓器は、本来一生を終えるまで機能し続けるはずのものです。それを人間と共存しやすくするために、わざわざ麻酔をかけて、体に傷をつけるのは虐待ではないのか、と考える人がいるのも確かです。

手術を行う獣医師の中でも、必ず行うべきという先生もいれば、絶対にすべきではないという先生もいます。つまりこの手術について、どう考えるかは飼い主さん次第であることがわかると思います。しかし体を傷つけることだけに焦点を当て、虐待だと言い張るのは違います。手術について、メリット・デメリットをしっかりかかりつけの獣医師と相談をし、理解し、その上でどう考えるかが重要です。

 

1歳を超えても、手術自体のメリットは変わらないのか

犬の避妊・去勢については、病院によって推奨している時期が異なることもありますが、大体生後半年~1歳未満に行うのが一般的です。避妊手術に関しては、初めてのヒート(生理)が来る前に行うべきだといわれることもあります。とはいえ、これらの条件を過ぎてしまっても、手術を受けられないわけではありません。

気を付けなくてはならないのは、年を重ねれば重ねるほど体に支障が出てくる可能性があるので、若くて健康だったころに手術をするよりは麻酔のリスクが上がります。また、避妊手術に関しては、1回でもヒートがきてしまうと、そのあとに避妊手術をしても乳腺腫瘍を罹患するリスクを回避することはできないと言われることもあります

マーキングなどの行動はなくならないことも

とくに去勢手術のメリットとして挙げられることですが、マーキング行為や攻撃性が減る、発情期の無駄吠えや遠吠えがなくなるなどと言われることがありますが、1歳を過ぎてそれらの行動が癖になっている場合は手術をしても改善は期待できないことがほとんどです。

睾丸腫瘍の可能性は去勢手術をした時点でなくなりますが、前立腺肥大は1歳未満で去勢手術をした場合よりも回避率が劣るかもしれません。

後々行うなら、早期に決断を

どうしようかと悩んだまま、1歳を過ぎてしまったということになる前に早期にきちんと、避妊・去勢手術によるメリット・デメリットを理解し、どうするべきかを考えましょう。

避妊に関しては特に、子宮蓄膿症や乳腺腫瘍など大きな手術につながる病気になる可能性があるので、よくよく考えるべきです。それらの病気になった犬の飼い主さんのほとんどが、避妊手術をしておけばよかったと言うのです。この先に病気になるかならないかは、だれにも分かりません。愛犬の運命を決めるのは、飼い主さん自身ですので、曖昧なネット情報に左右されず信頼できる獣医師に相談をし、決断してくださいね。