2017年6月7日更新

飼う前に知っておこう!イギリスの犬のことわざが教えてくれること

イギリスで生まれた犬のことわざ、知っていますか?

犬_素材golden-retreiver-926732_640

日本にもことわざがあるように、海外にも言い伝えられている言葉があります。今回は、イギリスに伝わる犬のことわざを紹介します。


子供が生まれたら犬を飼いなさい。

子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。

子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。

子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。

そして子供が青年になった時、

自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。

このようなことわざ、聞いたことがあるでしょうか。誰が言ったのかはわかりませんが、素敵ですよね。子供が生まれた時に犬を飼うことで、犬は子供とともに成長していきます。時にはケンカをしながら、時には一緒に笑いながら、ともに大人になっていきます。

しかし、犬の寿命というのは人間ほど長くはありません。赤ん坊が青年になる頃に、犬は天国へ旅立ってしまうのです。たくさんの愛情を子供に与えながら、最後は自分の死で命の大切さを説くというのは、切ないですが大切なことのように思います。

ではこのことわざは、人々にどのようなことを教えてくれているのでしょうか。

ことわざが教えてくれること

相手を大切にし、信頼すること

犬_素材

犬は愛情深い動物で、古来から人間とともに生きてきた、大切なパートナーです。生まれた時から犬とともに暮らすことで、犬に対して大きな愛情を注ぐでしょうし、逆に愛情を与えてもらうこともあるはずです。

赤ん坊が小さい頃、犬はその子を守ろうとします。さらに子供が大きくなるとともに走り回って遊んだり、一緒に過ごすことがますます増えていくはずです。そうしてともに過ごすうちに、互いに信頼感を持ち、相手を大切にするということを人は犬から学ぶのです。

当たり前のものが当たり前でなくなる日が来ること

素材_shutterstock_338355821

犬は、人間と一緒に何十年も生きることはできません。どんなに仲が良くても、どんなに離れたくないと思っても、犬は先立ってしまうのです。

犬は命が永遠ではないこと、大切にしなければならないということを教えてくれる存在です。そして、いつもそばにあるものが、いつなくなるかはわからないから、日々すべての人や物と愛情をもって接し、大切にしていかなければならないということを知ることができるのです。

絆を深めて、犬とのより良い関係を築きましょう!

imasia_9538570_S

海外のことわざというのも日本のものと同様、考えさせられますね。日本のことわざとはまた違う魅力があるように思います。今、犬を飼っている人もこれから飼う人も、紹介したことわざをしっかりと胸に刻んで、大切な愛犬との生活を楽しみましょう。

ペット生活



犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

犬の飼い主さんに一度は読んでほしい「犬の十戒」。犬との関係を考えされられます。

「犬の十戒」という犬からの10のお願い文があるのをご存知でしょうか?作者不明のまま世界中に広まった詩のような文章で、犬と人間との理想的な関係を犬の立場から語りかけるという内容になっています。……

犬の雑学

飼う前に知っておこう!イギリスの犬のことわざが教えてくれること

イギリスで生まれた犬のことわざ、知っていますか? 日本にもことわざがあるように、海外にも言い伝えられている言葉があります。今回は、イギリスに伝わる犬のことわざを紹介します。 ……

犬の十戒