2017年2月10日更新

肥満?やせすぎ?健康管理のため知っておこう!猫の体重を正しく測る5つの方法

ペット生活



編集部

犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫の体重管理には、定期的な体重測定が重要です。体重を定期的に測っていると増減が分かりますので、健康管理にも役立ちますよ。でも、抱っこされるのが嫌な猫や触られるのが嫌な猫の場合、体重を測ること自体苦労します。そこで、今回は猫の体重を測る方法を5つご紹介します。猫に合った測り方を選んで、体重管理や健康管理に役立てましょう。

 

猫の体重を測る方法

1.猫を抱っこして測る

猫を抱っこして体重計で測る方法が一般的ですね。あなたの猫が甘えん坊で触られることが好きな猫なら、この方法が手っ取り早くて簡単です。猫を抱っこしたまま体重計に乗って猫とあなたの合算体重を測ります。そして、あなたの体重を測って猫とあなたの合算体重から差し引けば、猫の体重が分かりますね。

2.猫用のスケールで測る

猫用のスケールなら、乗りやすさや居心地の良さが考えられた作りになっているので、猫の体重を測る方法としておすすめです。じっとできない猫の場合は、猫がおとなしくできる容器に入れるなどして工夫すると良いですね。ペットショップやネットでも購入することができます。人間のベビー用のスケールでも使えるので調べてみてください。

3.キャリーバッグに入れたまま測る

抱っこや触られることが苦手な猫なら、キャリーバッグに入れたまま体重計で測る方法がおすすめです。キャリーバッグに猫を入れたまま体重を測り、キャリーバッグの重さを差し引くだけです。入り慣れているキャリーバッグならおとなしくしていられるし、猫に触れることなく体重を測ることができます。

4.吊り秤で測る

デジタルの吊り秤を購入して、猫を入れた容器ごと測る方法があります。キャリーバッグや袋など吊り下げられるものに猫を入れて吊り下げて体重を測るだけです。吊り秤を使用している飼い主さんの中には、猫が好きなビニール袋や紙袋などに入ったところを狙って吊り秤に吊り下げている人もいます。

5.動物病院で測る

野良猫など引き取った猫でどんな方法も上手くいかないということもあります。人に触られることへのトラウマがあるのかもしれません。そんなときは自宅で無理に測ろうとせず、動物病院に行った際に測ってもらいましょう。

さいごに


猫の体重を測る方法をご紹介してきました。適正な体重は骨格に合った体重を獣医師に聞いて把握しておきましょう。最近では、猫用のスケールや吊り秤など猫の体重を測るためのグッズがいろいろと販売されています。猫が大好きなビニール袋やおやつなどを上手に利用して、猫がストレスなく体重が測れるように工夫すると良いです。また、触られることや抱っこされることが苦手な猫でも、焦らずに少しずつ慣らしていくようにしましょう。

 
 

関連カテゴリ