2017年1月28日更新

【動物看護師が解説!】ワクチン接種で起こりうる副作用は?注意すべき症状と対策~猫編~

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

うちの猫は病院が嫌い、と感じている飼い主さんも多いのではないのでしょうか。そんな中でも、一年のうちに必ず1回はワクチン接種のために動物病院を訪れなくてはならないですよね。病院嫌いの飼い主さんにとっては、このワクチン接種に動物病院へ行くという行為が憂鬱に感じることでしょう。そんなワクチン、普段は何も気にせずに接種しているかもしれませんが、薬と同じように副作用があるってご存知でしたか?

 

ワクチンには様々な種類がある

猫のワクチンだけで考えても、ワクチンの種類は数種類存在し、それぞれ予防できる病気が違います。病院によっては、猫は〇種、犬は〇種、とはじめから接種できる種類が決まっている場合もありますが、多くの病院は〇種と〇種、などと飼い主さんが必要に応じてワクチンを選択できるようになっています。犬猫それぞれ、存在するワクチンをすべて所有している病院はほぼありませんが、飼い主さんからの希望があれば取り寄せてくれることもあり、病院になくても相談してみましょう。

ワクチンは〇種、と呼ばれることが多く、猫は最低3種のワクチン接種をお勧めしています。5種、6種と数が多くなれば予防できる病気は多くなりますが、その分体への負担は増え、副作用を起こす可能性が増えることもあります

副作用とはどんなものか

病気になるのを防ぐため、健康のために打たなくてはならないワクチンですが、稀にワクチンを打ったせいで体調を崩すことがあります。今はネットで調べると様々な情報を手に入れることができ、猫のワクチンについても心配な記事を目にすることもあるでしょう。悪い記事ばかりが目立っているように思え、ワクチンを接種することに対して疑問をもつ飼い主さんも多いかもしれません。

確かに副作用は存在し、接種後に発熱や、活動性の低下、食欲低下、顔の腫れ、接種部の腫れ・熱感、しこり、最悪の場合はアナフィラキシーショックを起こすこともあります。しかし、一番初めの接種ではわかりませんが、ワクチンを打った際に副作用が比較的大きく出現する場合には、副作用をなるべく抑えるための注射を併用することもできます。それでもワクチンを接種することが猫にとって負担となると判断した場合は、接種を回避することもできます。

 

適格な判断が必要

重大な副作用が起こる前に必要なのは、自宅での飼い主さんによる健康管理と、ワクチン接種を行う獣医師による身体検査です。

ワクチン接種前に、風邪をひいた、食欲が低下しているなど、普段と違う心配な症状が現れている場合は、1年を過ぎてしまうような時期であっても、ワクチン接種を一度見送りましょう。免疫が下がっているときにワクチン接種を行うのは危険です。必ず、完全に健康な状態に戻ったと飼い主さんが判断してから、接種をすべきです。

そして、ワクチン接種の前は必ず入念な身体検査を行ってくれる獣医師の元で行いましょう。ささっと体全体を見て、熱も測らずにワクチン接種を行う病院は避けるべきです。血液検査やレントゲンを撮るまで入念でなくても構いませんが、心音や肺音、腸音、体全体の触診、熱を測るなど、少しでも心配な点がないかきちんと調べてくれる獣医師の元で行いましょう。

接種後は安静に

どの病院でも、接種後は自宅で安静にしてくださいと言われるはずです。激しい運動や、おもちゃでの遊びは控えて、静かに過ごしましょう。

また、重篤な副作用であるアナフィラキシーショックは接種後1時間以内で症状が現れることが多いので、接種後に飼い主さんが出かけてしまうなど愛猫から目を離すようなスケジュールで接種しに行くのはやめましょう。接種前も接種後も愛猫の様子をきちんと観察できる時間が必要です。そして、何か体調に変化があればすぐに接種した動物病院へ診察へ行きましょう。副作用を重篤な状態まで引きずらないかどうかは、飼い主さんの判断にゆだねられます。不安なことがあれば、すぐに病院へ相談しましょう。

 
 

関連カテゴリ