2017年2月2日更新

【動物看護師が徹底解説!】猫同士のケンカで出血!病院につれていく?応急処置は?

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

猫は犬のように、毎日の散歩も、頻繁なシャンプーも基本的には必要ありません。可愛くてついつい大家族にしてしまう方も多いでしょう。多頭飼いは悪いことではありませんが、気になるのが猫同士の相性。喧嘩ばかりだと、危険な怪我につながることもありますよ。

 

爪も歯も鋭く細い

猫の喧嘩と言われて1番に頭に浮かぶのは、パシパシと相手を叩く”猫パンチ”ではないでしょうか。あまり頭にきてない時や、じゃれ合ってからかっている時は、爪が出てないことがほとんどですが、本気モードの喧嘩となると、相手に深く傷を負わせるほど強く引っ掻くこともあります。猫の爪は鋭く細いので、簡単に深い傷になってしまいます。また、猫もときに噛むことがあります。爪と同様、歯も鋭く細いので小さな穴のわりには奥深くまで傷ついていて、重症化するケースが多数あります。

特に外での喧嘩は注意

完全室内飼育で、全頭正しいスケジュールでワクチン済み、部屋の中が清潔であれば、喧嘩で傷を負ったとしても部位によっては軽度で済むこともあるかもしれません。しかし、定期的に外へ散歩に出していて、その先で喧嘩をして帰って来たのであれば、どんな場合でも受診は必要になるでしょう

野良猫はどんな菌を持っているかわからず、ほんの少しの傷でも化膿してしまうことが多くあります。また、引っかき傷はまだしも、咬み傷がある場合は注意が必要です。胸部や腹部を強く噛まれると、胸膜や腹膜が炎症を起こす可能性があります。放っておくと、そのまま死に至る可能性もあるので、始めは無症状に見えても早めにかかりつけの動物病院へ受診すると良いでしょう。

 

家でできる応急処置は?

怪我をして傷ができた場合、家でできることといえば止血くらいでしょう。血が止まっていれば、そのまま触らずに自然治癒を待つか、動物病院へ連れて行きましょう。砂や泥など、傷の周りが汚れていれば洗浄をしてもよいですが、消毒はしないようにしましょう。人間用の消毒液を使うとアレルギーが出たり、危険な成分が含まれていると中毒を起こす危険性もあります。また、皮膚再生を促すものまで除菌してしまい、治りが遅くなってしまうので下手に触らないようにしましょう。

どの部分の怪我であっても、危険は伴います。顔であれば、目の角膜を傷つけていたり、口の中を傷つければ食事を摂らなくなるでしょう。手足であっても、傷が深く骨膜に炎症を起こせば、危険な状態になります。1番気をつけなければいけないのは、胴体の怪我です。上記のように胸膜、腹膜に炎症を起こしたり、化膿して皮膚組織が大きく壊死して、手術をして縫わなければならなくなることもあります。小さな傷から、思わぬ方向へ状況が変わることがありますので、下手に手出しはせずかかりつけの動物病院へ連れて行きましょう。

 
 

関連カテゴリ