2017年2月1日更新

【動物看護師が徹底解説!】猫も鼻血を出す?原因と対処法について

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

あなたの愛猫が突然鼻血を出したら、びっくりしてしまいますよね。人間は鼻血がでても止まれば病院にいくほどではありませんが、猫の場合はどうしたらよいのでしょうか。そして、どんなふうに止血を行えばよいのでしょうか。猫の鼻血、対処法についてお伝えします。

 

通常はあまり出ない

人間は粘膜が弱っていたりすると、乾燥や鼻をすすった衝撃で鼻血が出てきてしまうこともあります。鼻血はわりとよく起こるもので、あまり緊急性のない出血と認識している方も少なくはないでしょう。しかし、猫はどうでしょうか。

猫の鼻血、あまり見たことがない飼い主さんの方が多いですよね。猫はあまり鼻血は出さない生き物なので、もしも鼻血が出てきたらそれは何か病気のサインといえます。鼻血が出る原因となる病気は様々ですが、癌などの重度のものから風邪の延長線上の軽いものまであります。どれに当てはまるかは、鼻血以外の症状を見て判断しなければわからず、また正しい判断は素人目にはつきにくいので、鼻血が出てきたらなるべく早くかかりつけの動物病院へ受診することをおすすめします

鼻血の原因となる病気は?

猫が鼻血を出す原因となる病気は、鼻腔内腫瘍や良性のできもの、鼻骨の骨折、粘膜の損傷、風邪などで粘膜に炎症・感染が起きている場合です。それ以外にも、血液の病気などでも鼻血が出ることがあるようです。

鼻腔内腫瘍やできもので出血している場合は、何かしらの衝撃で腫瘍やできものが自壊して出てきているでしょう。そうなる前には鼻呼吸を苦しそうにしていたり、鼻水ではない分泌液が出ている可能性があります。自壊するほど大きくなる前に、鼻腔内腫瘍やできものの存在に気付くことができるのが理想です。愛猫の呼吸様式や、鼻が腫れていないか、顔の一部が変形してきていないかは日常的によくよく観察しておくべきです。

鼻骨の骨折や粘膜の損傷などの場合は、鼻血が出る直前にその原因となるシーンが必ずあるはずなので、動物病院を受診すべきかどうかは言うまでもないでしょう。風邪の延長で鼻血が出ている場合もかなり病状が進行しているケースですので、早期に受診することをおすすめします。

 

どうやって止血するか

鼻血が出てきたら、自宅でできることは出てくるものを拭う程度です。できものや腫瘍、また鼻骨の骨折などで出血しているところを、上から抑えたり、詰め物をしたりして止めると余計に傷を広げることになりますので、無理に触らないほうがよいでしょう。

通常であれば、おさえたり、詰めたりしなくても出血は止まりますが、いつまでも止まる様子がないのであれば急いで動物病院へ向かいましょう。このくらい大丈夫、と楽観視して放置すると、重大な病気の発見が遅れることもありますので、出血がすぐ止まったとしても早めにかかりつけの動物病院へ受診し、原因を追究してもらってくださいね。

 
 

関連カテゴリ