2017年1月20日更新

京都の猫さんに朗報!京都で初めての猫専門病院「ねこの病院」がオープン

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

画像出典:@Press:アットプレス
ただでさえ病院がキライな猫。これから何が起こるのか分からない恐怖と闘いながらケージの中で順番を待つ猫にとって、同じ待合室の犬の存在はストレス以外のなにものでもありません。犬ももちろん可愛いけれど、できれば犬のいない場所で順番を待ちたい・・・多くの猫の飼い主さんはそう思っているのではないでしょうか。そんな声に応えて京都、北野天満宮に2016年11月にオープンしたのが「動物病院京都 ねこの病院」です。犬の匂いや鳴き声のしない待合室や診察室は猫ばかりでなく、犬が苦手な飼い主さんにとっても安心していられる空間ですが、実はこの病院、猫と犬を分けるという目的以外にも高い志があるのだそう。一体、どんな病院なのでしょうか。

 

猫の飼い主さんへのフォローが充実。だから猫も幸せになれる

猫ブームと言われるようになって、猫を取り上げるTV番組や雑誌が増えてきました。文句なしに可愛い猫の姿を見て「私も猫を飼いたい!」と思うのは良いことなのですが、猫は意外にデリケートな動物。安易に猫を飼ってしまって、結局飼いつづけることができず、飼育を諦めてしまう事例が増えるのは悲しすぎます。「ねこの病院」の目的のひとつは、初心者の飼い主さんが猫を手放すことなく飼いつづけられるようにサポートすること。待合室の上部スペースにキャットウォークを設置するのも、猫の可愛さに親しんだり、猫の習性を学んだりできるようにという考えからなのです。
画像出典:@Press:アットプレス
もうひとつの目的は猫の健康に対する飼い主さんの意識を高めてもらうこと。体調不良=死という野性的本能をもつ猫は、体調が悪くてもあまり表に出さないのが普通です。そのため、飼い主さんが気づく頃には手遅れになっていることも。こうした不幸な事例を増やさないためにも、健康診断などによる予防や飼い主さんによる日頃のケアを啓蒙していくこと・・・それがこの病院の目指すところなのです。

もちろん、病院としての設備も整っていて入院室やICUもありますので、安心して治療を受けることができます。院内のペットホテルには特別室なども設けられていますので、トータルで飼い主さんをサポートしてくれるのも嬉しいですね。
画像出典:@Press:アットプレス

保護活動にも積極的な取り組みを

「ねこの病院」では、飼い猫だけでなく身寄りのない保護猫のための活動も視野に入れています。既に猫を飼っている飼い主さんへの啓蒙ももちろん大切ですが、現に捨てられてしまった猫達の保護についても早急な対応が必要。一人でも多くの人に猫を飼う悦びに目覚めてもらい、保護猫達に新しい家を見つけるために積極的に取り組んでいくとのことです。こういう病院が日本全国にできると良いですね。
画像出典:@Press:アットプレス

  • 名称:動物病院 京都 ねこの病院
  • 住所:京都市上京区一条通御前通東入西町24-1 北野エスポワコリン1F
  • 電話:075-464-0222
 
 

関連カテゴリ