2017年2月10日更新

猫用グレインフリーフード5種を試して比較!食いつきや排泄物、毛づやの変化は?

キャットフードやドッグフードで『グレインフリー』という言葉をよく聞きませんか?グレインフリーとは穀物を使っていないフードのことで、肥満やアレルギー対策に良いと言われています。

試してみようと思っても種類がたくさんあって何を選べば良いのか分からない!という方も多いかと思います。そこで今回は、5つのグレインフリーフードを試して比較してみました!!

試したフードはこちら!


我が家の愛猫2匹(14歳と5歳のメス)に5種類のフードを5日間ずつ食べてもらい、それぞれのフードに対して

  • 粒の大きさ
  • フードの香り
  • 猫の食いつき具合
  • 排泄物の変化
  • 毛艶やその他体調の変化

を比較しました。

我が家の猫たちでの検証なので、すべての猫さんに当てはまるわけではありません。猫さんによって味の好みなどが異なる場合もありますので、ご注意ください!

オリジン キャット&キティ

原産国はカナダで、放し飼い鶏肉と七面鳥肉、全卵、カナダ産天然魚を豊富に使用して猫の自然な食事を再現した全猫種・全年齢対応のキャットフードです。果物や野菜も含まれていて炭水化物の含有量を最小限に押さえています。

Amazonでの評価も高く、340gの小さいサイズがあるので、まずは少量からのお試しが出来るのも飼い主さんにとっては嬉しい点かもしれません。

粒の大きさ


一般的なフードの大きさと大差はありませんでした。少し平べったい形状で老猫さんも難なく食べていました。

フードの香り

香りは強めです。袋を空けた瞬間、猫達がざわつきました!!おいしそうな香りだったのか「早く食べさせろ!」と大騒ぎでした!

猫の食いつき具合


ものすごい勢いで食べました!!!14歳の老猫さんはまともな写真が撮れないほどの食いつき具合・・・休む間もなくガツガツ食べてあっという間に完食!!5歳の猫さんの分まで横取りしそうな勢いでした。


5歳の猫さんは最初は警戒していましたが、おいしそうな香りに負けたのか食べ始めるといつも以上にガツガツ食べていました!!

排泄物の変化

2匹ともに快便!!普段から快便ですが、いつもより少し便の量が減りました。反対におしっこの量は増えていたので、水分の摂取量が増えたのかなという印象。

フードを変えて一番の変化はトイレからアンモニア臭がしなくなったことです!!普段のフードならトイレも回収した排泄物を入れている袋も臭うのですが、ほぼ気にならないレベルになりました。

その他の変化

短期間での検証なので体調の変化は特に感じられませんでしたが、普段食べているものよりもよほど美味しかったのかごはんの時間に大騒ぎするレベルがあがりました(笑)猫を飼っている方ならお分かり頂けると思うのですが、足の周りをうろうろ、「ごあーーん」と鳴いて催促、フードをお皿に入れるそばから食べ始める・・・などがすべてレベルアップしました!!

アカナ パシフィカキャット

アカナ (ACANA) パシフィカキャット 340g

原産国はカナダで、カナダ北西太平洋産のサーモン、ニシン、カレイといった最高品質の魚類が使用されています。保存料を使用せずに加工されており、原材料の70%が魚で低炭水化物。人工的な防酸化剤は使用していないそうです。

Amazonでのレビューでは高い評価を得ているようです。こちらも340gの少量サイズがあり、試してみてから本格的に移行できます!

粒の大きさ


粒の大きさは普通で、形状はかなり平べったいです。食べやすそうな形状と大きさだなという印象。

フードの香り

袋を開けたら魚介の香りがふわっと広がります。我が家の猫さんたちはオリジンのフードに引き続き大騒ぎでした!!

猫の食いつき具合


ものすごい勢いで食べました!!平べったいので食べやすかったのか、いつもより噛んで食べていました。そして14歳の老猫さんはあっという間に完食!5歳の猫さんも老猫さんに取られまいと一生懸命食べていました!


食べ終わった後のお皿も舐めまくっていたので、相当美味しかったみたいです!!

排泄物の変化

オリジンのフードに引き続き、排泄物の臭いが気にならなくなりました。ほぼアンモニア臭はなくなったのですが、排泄物の量がぐっと減ったので便秘なのかな?と少し心配になりました。

その他の変化

このフードが良いのか、グレインフリーフードを続けているのが良いのか、14歳の老猫は少し毛艶が良くなりました!5歳の猫さんはあまりなでさせてくれないのですが、見た目の艶が少しよくなったように思います。

カナガン キャットフードチキン

カナガンキャットフード チキン(1.5kg)
原産国はイギリスで、原料にはイギリス産平飼いチキンを60%以上使用しています。

よく広告などで見かけるグレインフリーフードの中ではかなり有名なフードではないでしょうか?Amazonでは「食べなかった」というレビューが多く、サイズも大きいものしかないので、挑戦するには少し勇気がいるかもしれません。

粒の大きさ


割と大粒で丸いので、老猫には少し食べにくそうでした。ごほうびのおやつ等に向いているかなーという印象の粒の大きさです。

フードの香り

そんなに香りは強くないようで、袋を顔の近くに持っていくとざわざわしていましたが猫さんたちの騒ぎ具合は控えめでした。

猫の食いつき具合



粒が大きいので若干食べにくそうでしたが、食いつきは抜群!!2匹とも一瞬で完食しました!

排泄物の変化

他のフードに引き続き、アンモニア臭がほぼありませんでした!しかし、便がコロコロっと小さめで量が減りました。便秘になりやすい猫さんには向いていないのかなーと思いました!

その他の変化

毛艶や体調には特に変化はなかったように思います。Amazonのレビューにあるような「食べない」「便がゆるい」ということは我が家の猫には起こりませんでした。

ナチュラルバランス グリーンピース&ダック

ナチュラルバランス グリーンピー&ダック キャットフード 2.2ポンド(1kg)
アレルギーの原因と言われている穀物類を一切使用していないので、アレルギーがある猫さんにも食べてもらえます。

チャック付きの袋でさらに小分けに包装されているので、酸化を気にせずごはんを与えられます。小分けなので、飼い主さん数人でシェアしてお試しができます!

粒の大きさ


粒の大きさは一般的なフードとほぼ変わりません。少し平べったい形状で老猫さんでも食べやすそうでした!

フードの香り

香りはあまりせず、猫さん達の騒ぎ具合も控えめでした。ほんのりグリンピースの香りがします。

猫の食いつき具合

他のフードに続きこちらも食いつきは抜群!!美味しそうに一瞬で完食し、お皿までキレイにしてくれました!!

排泄物の変化

他のグレインフリーフードと同様にアンモニア臭は気になりませんが、便の量もおしっこの量も減った印象。特に5歳の猫さんには合わなかったのか、便秘気味でした。

その他の変化

便秘気味になったこと以外は特に体調面での変化もなく、いつも通り元気な様子でした。

ニュートロ ナチュラルチョイスキャットフード

ニュートロ ナチュラルチョイス キャットフード 穀物フリー アダルト サーモン 2kg

アレルゲンになりにくいとされている原料のみを使ったフードで、主原料は生のサーモン。穀物不使用で食物アレルギーのある猫さんにも与えられます。

500gの小さいサイズがあるので、まずは試してみたいという方も安心です!

粒の大きさ


大きさは普通で、少し細長い形状をしています。2匹とも難なく食べていました。

フードの香り

香りはあまりなく、猫さんたちの騒ぎ具合は控えめ。

猫の食いつき具合


香りにはあまり反応しませんでしたが、食いつきは抜群!!!他のフードと同様一瞬で完食しました。また、人間嫌いで普段は手からごはんを食べない5歳の猫さんが手から食べてくれたので、お気に召していただけたようです♪

排泄物の変化

便の量もおしっこの量もしっかりあり、アンモニア臭もほぼなく、便の固さも問題なしでした。

その他の変化

このフードが合っていたのか、グレインフリーフードを食べ続けたからなのか、14歳の老猫の毛艶が良くなり、触り心地がふわふわになったように感じました!

グレインフリーフードを続けた結果


約1ヶ月間グレインフリーフードを試してみましたが、一番の劇的な変化は「排泄物の臭い」です!!我が家では猫さんは猫専用部屋で過ごしているのですが、室内にトイレの臭いが気にならなくなりました。また、回収した排泄物をまとめた袋も臭いが気にならなくなり、トイレ掃除が楽になりました!

毛艶についても我が家の猫さん達はふわふわで柔らかくつやつやになったような気がします。

我が家の猫さんたちは特にアレルギーもなく、ごはんの好き嫌いもあまりしないので、どのごはんでも食いつきは抜群でした。残すこともなく、ぺろっと一瞬で完食しキレイにお皿をなめてくれました!!


猫さんにも好みがあり、体に合うもの、合わないものがあるのでフードを変えるときは食べた後の様子をよくよく観察してあげてください。そして体調が悪そうだったり、何かいつもと違う様子があればすぐに獣医さんの指示をあおってください。

まとめ

今回の結果はおおむね以下の表のとおりでした。あくまで我が家の猫さんたちとの相性ですので、ご参考までに!

粒の大きさ 香り 食いつき具合 排泄物の変化 毛艶やその他体調の変化
オリジン
アカナ
カナガン
ナチュラルバランス
ニュートロ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【ちょっと猫飼いに聞いてみました!】多頭飼いで適正量を給仕するにはどうすればいい?

猫について獣医師に聞くほどのことではないのだけど、でも知っておきたいことってありますよね。猫飼いのスタッフが考えてみました。 質問!多頭飼いで適正量を給仕するにはどうすればいい? フ……

キャットフード

【獣医師監修】猫は生の魚を食べても大丈夫?手放しでOKとは言えず注意が必要!

「猫の好きな食べ物は?」と聞いたら日本では十中八九「魚」という答えが返ってくるのではないでしょうか。それほど「猫は魚が好き」というイメージが強いのですが、果たして生の魚は猫にとってベストなご……

キャットフード

毎日カリカリではかわいそう?飼い猫のごはんを手作りするメリットとは?

「毎日キャットフードを食べていて飽きてしまわないのだろうか」「キャットフードばかりで可哀想」などと感じたことのある飼い主さんは多いのではないでしょうか。 そんな飼い主さんには、飼い猫の……

猫の食事・キャットフード

シンガプーラの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

猫との生活を満喫している方も、これから生活を始めようと考えている方も、猫の健康について興味がないという方は、いないでしょう。猫ブームの影響もあり、猫の健康や高齢化について関心が高まっています……

キャットフード

【スペシャルキャットフードのすすめ】ダイエット専用フードが良い理由とおすすめキャットフードブランド

室内飼いの猫が多くなり長寿になって嬉しい反面、運動不足で体重オーバーになる猫も増えてきています。肥満になると猫はさまざまな病気に罹りやすくなりますので、早目のダイエットが必要です。そんな時、……

ニュース

療法食をあげなきゃいけないのですが食べてくれません。【ちょっと猫飼いに聞いてみました!】

猫について獣医師の言う通り療法食を出しても食べてくれない。人と違い説得も出来ずに困ってしまいますね。こちらは療法食を食べるアイディアなどになります。くれぐれも獣医師と相談しながら取り入れてく……

キャットフード

ペットフードの安全を守る「ペットフード安全法」ってどんな法律?

ペットフードの安全を守る「ペットフード安全法」ってどんな法律? 多くの犬や猫の飼い主さんは犬や猫に市販のペットフードを食べさせていることでしょう。ペットのために特別に作られたペットフー……

キャットフード

「スーパーフュージョン」という新しい考え方に基づいた「by nature」のキャットフード

「良い食材を使用するのは当たり前。素材を組み合わせることで最大限の健康を維持する」ことを目標としているのが「by nature」のキャットフードです。人間が栄養を吸収する仕組みを研究し、それ……

キャットフード

フードはどれくらいづつ増やす?食事量を増やす目安とは【獣医師が解説】

子猫の身体が大きくなってくると、それに伴ってフードの量も増やしていく必要がありますね。フードの量が少なすぎると成長不良になってしまいますし、多すぎれば消化不良を起こしたり、肥満につながること……

キャットフード

初めての猫との暮らし 迎える前に何を購入しておけばいい?

きちんと準備しよう 猫と初めて暮らすときに何を準備しておけばいいのかわからないことも多いかと思います。 スムーズに猫との暮らしが始められるようにあらかじめ何を準備しておけばいいのでしょう……

猫の幸せ

【スペシャルキャットフードのすすめ】猫の一生を考えて選びたい!子猫用キャットフードのメリットとおすすめ子猫用キャットフード

猫は生後8週から10週ぐらいで離乳し、固形食へと移行していきます。親猫がいない場合、飼い主さんの手でこの頃から少しずつ柔らかいフードに切り替えていく必要がありますが、多くの飼い主さんは成猫用……

キャットフード

手作りごはんにチャレンジする前に!猫にとってビタミンが必要な理由とは

近年は猫ブームということもあり、愛猫にも手作りごはんを作ってあげたいと思っている方もいるのではないでしょうか。 そんなとき、必要になってくるのが栄養の知識。中でもビタミンは猫の体にとっ……

キャットフード

【ちょっと猫飼いに聞いてみました!】人の食べ物を食べたがるけどあげていいの?

猫について獣医師に聞くほどのことではないのだけど、でも知っておきたいことってありますよね。猫飼いのスタッフが考えてみました。 質問!人の食べ物を食べたがるけどあげていいの? かな……

キャットフード

イタリア発のハーブの力を活かしたドッグフード「グリーンフィッシュ」

食物アレルギーは多くのペットが体験している疾患です。被毛が抜けて剥げたり、皮膚炎になったり、下痢や血便になったりと、その症状は決して無視できません。アレルギーは化学物質が残留する肉類や人工添……

キャットフード

【獣医師が教える!】愛犬・愛猫のライフステージ別ペットフードの選び方

愛犬や愛猫の健やかな暮らしには、健康的な食習慣が欠かせません。最近では、各メーカーからとてもたくさんの種類のフードが販売されています。 ずらりと並んだたくさんの種類のフードの中から、ど……

キャットフード

猫の体にいいキャットフードの特徴は?

少しでも愛猫に長生きしてもらうためには、いいキャットフードを口にさせたいもの。 しかし、果たして猫にとって本当にいいキャットフードとはどんなものなのか具体的に知っているという方は、まだ……

キャットフード

健康に良いだけでなく美味しい!長寿を目標に作られた「Simply」のキャットフード

猫は食べ物に関して非常にわがままな動物です。健康に良く素材にこだわっていても猫が食べてくれなければ意味がありません。プレミアムフードを食べてくれなくて食いつきの良いジャンクフードに戻ってしま……

【獣医師監修】猫はニラを食べても大丈夫?猫にニラを与えるのはやめましょう

シュッと伸びたニラは猫草に似ているためか、そのまま置いておくと猫がかじってしまうことがあります。猫はお腹に溜まった毛玉を吐き出すために長く尖った草を食べることがありますが、ニラでその代用がで……

猫に必要な栄養

【獣医師監修】猫はネギを食べても大丈夫?ネギは猫に与えてはいけない野菜です

猫は自分好みの食べ物かどうかを匂いで判断します。そのため野菜などを進んで口にすることは少ないといって良いでしょう。しかしながら好物の肉や魚に混じっていたら危険な野菜でも口にしてしまう可能性が……

キャットフード

猫に必要な栄養素に注目して、グレインフリーのキャットフードを作るカナガン

小さくて可愛い姿をしていても猫はれっきとした肉食動物。ご飯の上に鰹節を掛けたねこまんまは昔は猫の食事の定番でしたが、猫が必要としている栄養分をほとんど供給できていません。猫には穀物によりもタ……

キャットフード