2017年2月1日更新

地域の力でねこ問題を解決する【ねりまねこブログ】

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

 

去年の夏、地域猫活動を行った
生パン餌の現場

地元の自治会近隣施設などの
ご協力のおかげで

25頭の捕獲と餌やりマナーの向上などが
実現しました。

成猫は手術して元に戻しましたが、

猫が多すぎることが諸問題の原因なので、
やむを得ず、子猫は保護しました。

保護した子猫については、先月、捕まえたばかりの
としこちゃんを除きすべて幸せな飼い猫になりました。

この自治会は長い歴史があり
優れたコミュニティー活動を行っています。

地域猫活動のことは地域のたよりに何度か取り上げ、

広報・啓発を支援してくれました。

先日、自治会のガーデンパーティーに
ゲストとして招かれてご挨拶をさせていただきました。


すでに夏ごろ自治会の倶楽部で地域猫活動のお話を
させていただきましたが、

来月には、大きい規模で
地域猫に関するトークイベントを
開催していただけます。

それに先立ち、猫問題についてアンケートによる
住民の意識調査を実施します。

猫をかわいそうに思い餌を与える住民も
猫の糞尿に困っている住民もいます。

同じ町に住む者どうし対立することは避けたいです。

人と猫が平和に共生するために何が課題か、

そしてどのようなルールが必要か双方向で意見交換をします。

いろいろな町会・自治会と共に地域猫活動を進めてきましたが、
ここまでしていただけるのは初めてで、感激しました。

地域猫活動の成否は地域コミュニティーの力によると
改めて感じます。

関係者のみなさまありがとうございました。
引き続きよろしくお願いいたします。

 
 

関連カテゴリ