2017年2月3日更新

豆まきはできない!猫と一緒に過ごす節分の楽しみ方

豆まきができない節分なんて節分じゃない!なんて方もいるかもしれませんが、猫を飼っていると豆まきの後片付けやまいた豆を猫が食べてしまうなど注意しなければいけないことがあって、かえって面倒です。猫を飼っていても「節分を楽しみたい!」って気持ち、よく分かります!そこで、豆まきなしでも楽しめる猫と一緒に楽しめるおすすめの節分の楽しみ方をご紹介します。

猫と節分を楽しむ方法とは?


節分は豆まき以外にも、こんな方法で猫と一緒に楽しむことができるんですよ♪

その1.鬼のコスプレで記念写真を!

日本人は昔から、季節の行事には祝い事をしたり、着物などで可愛く着飾ったりする風習が今でも残っています。そんな昔ながらの楽しみ方としておすすめしたいのが記念写真です。もしも、被り物を被ったり服を着ることに抵抗がない猫なら、鬼など節分のコスプレをさせて、記念写真を撮りましょう!毎月、行事ごとに記念写真を撮って、1年が終わった頃にアルバムにまとめてみるのも良いですね。

その2.猫の大好物を使った手作りディナーを!

節分と言っても、やはり猫にはその意味など理解できません。とは言え、猫にもいつもと違った雰囲気を味わって欲しいと思うあなたの気持ちも分かります。そこで、おすすめしたいのがいつもよりも豪華なディナーを用意してあげることです。猫は、なんて言っても、やっぱりお肉が大好物ですよね。そんな猫が喜んでくれるお肉たっぷりの手作りメニューで、おもてなししてあげましょう!

その3.それでも猫と豆まきがしたい!

節分なんだから、「猫と一緒に豆まきがしたい!」というあなたにおすすめなのは、お豆の代わりにキャットフードや猫用のボーロを代用するという方法もあります。人間用の豆まきには、袋入りのお豆を使用すれば、猫が誤ってお豆を食べることもありませんし、まいたお豆を掃除する手間も省くことができます。本来の節分とは少し違いますが、気にしてはいられませんからね(笑)安全に楽しく豆まきをするなら、ぜひ一度試してみてください。

※キャットフードをまくときは部屋にある別のものを猫が食べないように気を付けてください。また、家具の裏などに入って取れなくなると、虫などの原因になりますので注意してください。

さいごに


今回は、節分の楽しみ方についてご紹介してきましたが、別の行事でも同じように楽しむこともできます。コスプレなら、その行事に合ったものを買ったり、手作りするのも良いですね。豪華なディナーも、行事に合った盛り付け方でガラッと印象を変えることもできます。工夫次第でお金をかけずに、楽しむことも可能です。ぜひ、楽しい節分を猫ちゃんとお過ごしください。そして、写真に楽しい記憶を残しておきましょう。

ペット生活



編集部

犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

2017年の猫の日、どう過ごす?2月22日「猫の日」のイベントをチェック!

2月22日は1年に一度の猫の日です。「にゃんにゃんにゃん」の語呂合わせですが、この日が猫の日なのは日本だけです。海外にも猫の日はあるんですが、「国際猫の日」は8月8日、アメリカの猫の日は10……

猫の雑学

旅行に出張……頻繁に家を空ける人でも猫は飼えるの?

猫を飼いたくても、「旅行や出張で家を空けることが多いから猫を飼うことはできない」と思っている人は少なくありません。しかし、それは大きな誤解です。家を頻繁に空ける人の中には、猫を飼っている人も……

猫の雑学

ブラッシングに+α 猫の抜け毛を減らす方法

猫を抱っこしたあと服を見たら、抜け毛がべったり……なんて経験がある人も多いのではないでしょうか。猫の毛は細くて軽く、掃除がしにくいものです。服やカーペットに就いたものは粘着テープで簡単に取り……

猫の雑学

いままで動物を拾って帰った経験はある?飼ってもらえた人は約半数。

皆さんは、捨てられている犬や猫を拾って帰った経験はありますか?また拾って帰った動物はちゃんと飼ってもらえましたか?今回は、社会人男女500人に「動物を拾って帰った経験」について聞いてみました……

猫の雑学

【猫好き必読!】猫に好かれる触り方・嫌われる触り方

猫好きなら猫のしなやかな体に触れたい、撫でて猫に喜んでもらいたいと思うのではないでしょうか?ところが猫は非常にきまぐれですので、その時の気分や触り方によっては愛情が伝わらないどころか逆に怒り……

猫の雑学