災害時に役立つ、ペットのしつけや避難訓練。

日常生活はもちろん、災害時には特にペットのしつけや訓練ができているかということが重要になります。
そこで今回は、普段の生活の中で実践することができ、いざという時に役立つペットのしつけや管理についてご紹介します。

 

東日本大震災で見えたペットトラブル


東日本大震災の際、ペットのトラブルで最も多かったのは、ペットの鳴き声と臭いの問題であったと言われています。

また、避難所での共同生活ということでペットたちも落ち着かずに普段とは違う行動をとることが多く、危害を加えられるのではないかといった不安の声や、アレルギーや動物が苦手といった理由を持つ方への配慮が欲しいといった意見もありました。

 

被災することは、人間も動物も同じ


被災するということは、動物たちにとっても非常事態であり、通常では考えられないような行動を急にとることがあります。

特に犬などは、平常時はきちんと管理されていたとしても、暴れたり脱走したり噛み付いたりすることがあります。そして、そういった行動はいざ被災してみないと出るかどうかわかりません。

今まで経験していないことを突然するということは、動物たちにとっても大きな負担になります。

 

いざという時、落ち着いて行動できるようにするために…クレートトレーニング

素材_MG_9391
そこで、普段の生活で繰り返し訓練の経験しておくことがとても大切になってきます。

例えば、動物たちが避難所で生活する場合は、『クレート』と呼ばれる硬いケースに入ることが必要になります。クレートの適正サイズは、動物が中でUターンできる位のサイズがベストで、主に寝場所や居場所として使われます。(トイレなどは入れません。)

慣れないことをすることが難しいと言われている動物たちのストレスを減らすためには、平常時の中で遊びながらクレートに慣れる『クレートトレーニング』を行うことが大切です。

クレートが楽しいものだと経験することでいざという時にも負担なく喜んで入り、おとなしくしてくれる可能性が高くなります。逆に、苦手意識を持ってしまうとなかなかは入らないどころか激しく吠えたり噛み付いたりしてしまうこともあります。

まずは、フードやおもちゃを使って遊び感覚でクレートトレーニングを行い、クレートを好きになってもらうことが大切です。

 

防災訓練を当たり前のことに

imasia_5334586_S
同様に、ペットを連れて行ける避難所やそこまでの避難ルートを確認し、毎日のお散歩などを利用して楽しくペットと一緒に家族で歩いてみることも大切です。

さらに、普段から飼い主さんの指示をちゃんと聞けるようにしつけたり、誰にどこを触られても噛み付いたりしないよう老若男女問わず色々な人に触ってもらったり、フードを与えてもらうことや、無駄吠えをさせないこと、トイレトレーニング、衛生管理に気を使うことなども大切です。

動物たちにとっても避難所での生活はストレスがかかりますので、必要な準備やしつけ、健康管理などををしておくことはストレスの軽減にも繋がります。

飼い主さんや動物たちと同じように、他の避難者さんも同じ被災者という意識を忘れず周りに配慮できるよう、毎日楽しく訓練するようにしましょう。

関連記事