2017年3月29日更新

一回で終わるはずが長期戦に【ねりまねこブログ】

たった2匹の子猫の保護の相談、

さっさと終わらせようと行ってみましたが、子猫は見つかりません。
捜索でぐるりと周ってみたら
見てはいけないモノを見てしまいました・・・

猫がたくさんいる一角です。

耳カットはありません。
ざっと10頭はいます。

この頭数はヤバイヤバイっす。

聞き込みしたら

以前から、たくさん猫がいる餌をやってる人も糞尿に困ってる人もいることがわかりました。
さて、どーしたもんか

うちから遠いし、関わりたくないんだが・・・(-ω-;)

ともかく保健所にその場で電話してご相談

そこにはボランティア登録した人がいないことがわかりました

私達が新たに管理地域として登録するには、まず町会長とアポをとって保健所職員と説明するプロセスが必要です。

スゴイ偶然ですが、私達が聞き込みした中にすでに町会長がいました。

後は保健所職員が同伴してくれたら、話は早い。

ということで、再度、保健所に電話したら、すぐに自転車で駆けつけてくれて、

町会長と地主様にご説明くださり、

私達の28カ所目の管理地域となりました・・・σ(^_^;)
子猫はどこにいるんだ????

一件一件聞き込みをして事情がわかってきました。

60世帯くらいのワンブロックの中に約20匹の猫が出入りしていますが

今年生まれの子猫が10匹もいるので、それまでは成猫10匹しかいなかったのでしょう。
一年で2倍に急激に増えたのです。

増えすぎた野良猫に対し迷惑被害を受けている人の苦情も出てきました。

餌やりAさんは近所の批判を耳にして餌やりをやめてしまいました。

Aさんの猫は、集合住宅に住む餌やりBさんの元へ流れました。

不妊手術をしていないので、子猫も生れます。

Bさんが餌やりする猫は12匹まで増えました。

増え続ける猫にBさんは夜も眠れぬほど悩みました。

そんな時に、救世主のように私達が現れたのです。(笑)

私達は野良猫対策を周辺住民に広報・啓発しながら進めます。
町会には回覧板でまわしました。

まずは大家様に現状を説明し、ご協力をお願いしました。

おかげで、Bさんは集合住宅の決められた目立たない場所で
ルールを守った餌やりを続けられることになりました。

集合住宅全戸に、地域猫対策のチラシも配布し、ご理解を促しました。

Bさんの住む集合住宅は幸い、苦情が出る前だったので、
穏便に済ますことができました。

いったんモメてしまうと修復するのは困難なので、

先手必勝、苦情になる前に早め早めの対策です。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

餌やりBさんのお力を借りて集合住宅での捕獲・手術が始まりました。

今年、最初の出産でメス猫が4匹の子猫を生んだ時、

Bさんは2匹を捕まえ家に入れました。

残り2匹も保護したかったのですが、どうしても捕まりません。

私達が関わってほどなく、保護したかった子猫のうち一匹が交通事故で死にました。
死体は片づけられましたが、道路に歯と顎の骨が落ちていました。

Bさんと一緒に骨片を土に埋めて供養しました。

外に生きることは危険と隣合わせです。

この子猫の死の前に別の子猫がつかまり、Bさんが、里親探しをしようと一時的に保護しました。
数件、飼いたいという応募がありましたが
Bさんの情がうつり人にあげるのはやめました。

結局、今年生まれた子猫3匹も自分で飼うことになったのです。

増え続ける猫に誰よりも苦悩するのは、Bさんのような可哀想で見過ごせない人達です。
子猫を保護しつづけてもすぐに限界が来ます。

これ以上、Bさんの負担を増やさないため、メス猫だけは全頭不妊手術しなければなりません。

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

ねりまねこブログ

関連記事

地域猫チビちゃんの死【ねりまねこブログ】

うちの庭にいたチビちゃん 8月にいなくなりました。 おそらく死んだのでしょう。 10歳でした。 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ チビちゃんとミケちゃ……

ねりまねこブログ

動物愛護はオシャレだヽ(*’0’*)ツ【ねりまねこブログ】

みなさんは「動物愛護活動」に どんな印象を持たれますか? 人間の都合で不要になった犬や猫が殺処分されたり 邪魔者にされて死んでいく野良猫など 暗い現実があります。 ……

ねりまねこブログ

激突?業者VS愛護活動家【ねりまねこブログ】

東京弁護士会が主催するシンポジウムに行ってまいりました。 「人と動物の共生する社会の実現へ」 ~ペット流通のあるべき姿を考える~ さすが東京弁護士会! なんと小池都知事か……

ねりまねこブログ

メス猫は逃すな!【ねりまねこブログ】

「かゆいかゆいかゆい(>_<)」の大ノミ発生現場 毎週末、通っています。(;^ω^A 高い塀に囲まれた古い一戸建て 高齢のAさんが一人で暮らしています。 そも……

ねりまねこブログ

個人でなく、町の力で解決する【ねりまねこブログ】

「苦情のための地域猫」に書いたように、 私達の役割は、猫に起因する問題で困っている人を助け、町のもめごとを解決することです。 更に言うと、私達がなんでもやってあげて解決するのでは……

ねりまねこブログ

町中に知ってもらう【ねりまねこブログ】

「地域猫ボランティアだより」を回覧します。 私達は町内会役員会で毎年、地域猫活動の成果報告をしています。 役員だけでなく、町内のみなさんにも知ってもらいたいので、……

ねりまねこブログ

千代田モデルに学ぶ地域猫の最終形【ねりまねこブログ】

私がちよだ猫まつりに行った最大の目的は、 ちよだニャンとなる会の講演 「殺処分ゼロ6年目、千代田モデルを語る」 を聞くためでした。 副代表理事の 香取 章子さん ……

ねりまねこブログ

恐るべき子猫の死亡率【ねりまねこブログ】

毎週、 農家さんの敷地で捕獲作業をしています。 猫の総数は約50匹 うち、今年産まれた子猫の数は約20匹 とにかく数を増やしたくないので、 全頭、保護する覚悟でした。 ……

ねりまねこブログ

町のアイドル猫【ねりまねこブログ】

猫の糞尿や生エサなど、猫問題が多いエリア 今日で3回目の捕獲作業です。 5時間くらい張り込みますが、 通りすがりの人たちが猫に癒される様子がよくわかります。 猫を見て……

ねりまねこブログ

モモゴジラ進化中!【ねりまねこブログ】

うちのモモゴジラが 急激に進化し始めました! 第一形態 第二形態 そして第三形態 歩行を始めました! ガ……

ねりまねこブログ

たくさんの野良猫と苦情ばかりの現場【ねりまねこブログ】

昨日、紹介した美しい子猫 更ちゃんと楽ちゃんは、 4年前、ある大型施設の 駐車場付近にいました。 のらねこだらけの 大苦情地帯でした。 発端は、誰かが、純血種の飼い猫……

ねりまねこブログ

ついに2匹とらえる!【ねりまねこブログ】

そもそもの発端は 地元住民から子猫救出のご相談でした。 「庭に2匹の子猫がいます。 生後2か月くらいで一匹は白猫です。 寒さでブルブル震えこのまま外にいたら死んでしまいそうです。……

ねりまねこブログ

母もレイちゃんも救われました【ねりまねこブログ】

飲まず、食わず寝たきりとなったレイちゃん 息を引き取りました。 レイちゃんの口内炎が悪化しごはんを食べられなくなったのは2年前からです。 当時、寝たきりの父を……

ねりまねこブログ

とにかく対話!【ねりまねこブログ】

地域猫活動は「猫の活動」ではなく、 「地域のコミュニティー活動」だと理解しているので 相手にするのは猫ではなく人間です。 とにかく 対話・対話・対話 です! 「地元のこと……

ねりまねこブログ

一回で終わるはずが長期戦に【ねりまねこブログ】

たった2匹の子猫の保護の相談、 さっさと終わらせようと行ってみましたが、子猫は見つかりません。 捜索でぐるりと周ってみたら 見てはいけないモノを見てしまいました・・・ 猫がた……

ねりまねこブログ