2017年2月15日更新

2017年の猫の日、どう過ごす?2月22日「猫の日」のイベントをチェック!

後藤大介



獣医師

 

2月22日は1年に一度の猫の日です。「にゃんにゃんにゃん」の語呂合わせですが、この日が猫の日なのは日本だけです。海外にも猫の日はあるんですが、「国際猫の日」は8月8日、アメリカの猫の日は10月29日、ヨーロッパの多くの国では2月17日です。今回は猫の日にまつわるお話をいたしましょう。

 

日本の猫の日

日本で猫の日が制定されたのは、1987年であり、「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる記念日を」というスローガンのもと、猫の日実行委員会によって制定されました。猫の日の制定は日本の方が早く、世界は猫の日は2002年に制定されています。

猫の日に関するイベント

猫の日が近づくとさまざまな場所でイベントが行われます。現在発表されているイベントをいくつかご紹介いたします。

2月18~19日 ちよだ猫まつり(東京都千代田区)

猫の譲渡会や物品販売などのあるチャリティイベント。ワークショップやライブ、猫関連の作品を作っているアーティストが多数参加するマーケットにも注目。

2月19日 動物愛護館 ネコ展(静岡県静岡市葵区)

猫の健康無料相談、愛護館出身ネコによる猫ちゃんショーなどが開催されるチャリティーイベント。

2月22日 猫の日落語会(大阪市北区)

笑福亭松喬一門による、猫にまつわる落語会。

2月22日~3月2日 Catアートフェスタ(東京都丸の内・丸善)

今年で13回目になる猫アートの特集。猫グッズも多数販売される予定。

他にも全国さまざまな場所で猫の写真展やセミナーが開かれるようですので、地元のイベントをチェックしてみてくださいね。また、全国の猫カフェでも猫の日に向けていろいろなイベントが企画されるようですよ。

海外の猫の日は?


海外でも猫の日にはいろいろイベントがあるようです。海外では、猫の福祉のための勉強会やセミナーなども数多く開催されるようです。

中でもアメリカ猫の日には「子猫レンタル」といった制度があるようです。猫の日である10月29日限定で、子猫を1回15分程度レンタルし触れ合えるサービスで、その売り上げは地域の保護団体に寄付されます。また、単にレンタルするだけでなく、このレンタルを通して里親になってくれる人を増やすという目的もあり、実際に里親希望者の増加などの効果が出ているそうです。

 

猫のためにも猫の日イベントに参加しよう

猫の日は、単に猫好きの人が楽しむためだけのお祭りではありません。猫の日イベントを通して、猫のためのチャリティーや、猫を知るための勉強会、不幸な猫を減らすための講演会や譲渡会なども開催されています。猫のためにも猫の日イベントに参加してみてはいかがでしょうか?

 
 

関連カテゴリ