2017年2月23日更新

犬もいびきをかく?いびきをかく時の注意点や対策とは?【動物看護師が徹底解説】

愛犬がお昼寝をしていると、聞こえてくるのはおじさんのようないびき…。人間もいびきをかくと、十分な睡眠を取れなくなったり、脳に酸素がいかなくなり体調不良の原因になったりします。犬のいびきは心配しなくてよいのでしょうか。

肥満、短頭種に多い

いびきは元々の骨格に由来するものがほとんどですが、肥満により気道が狭くなりいびきをかくようになることがあります。また、短頭種は元々喉の奥の軟口蓋という部分が長い個体が多いので、呼吸により軟口蓋が揺れていびきのような音を発生させます。もちろん音だけではなく、呼吸に障害が出ますので酸素がうまく取り込めなかったり、運動後バテるのが早い、散歩中すぐに座り込むなどの様子が見られます。犬は呼吸で体内の熱気を排出するので、換気がうまくいかず、夏に熱中症にかかりやすくなるなどのデメリットもあります。

いびきの対策は?

肥満によるいびきであれば、ダイエットがいちばんの解決法です。短期間で大幅に体重を落とそうとすると危険ですので、長期的に見て減量をしましょう。

短頭種特有のいびきであれば、まずかかりつけの動物病院へ受診し、軟口蓋の様子などを見てもらいましょう。軽度の場合は、いびきと付き合っていく形になりますが、生活に支障が出るほど重度の場合は、手術になることもあるでしょう。愛犬のいびきは可愛い、とおっしゃる飼い主さんもいて、気持ちはわからなくないですが、特に夏場は命に関わることがありますので、一度病院で検査をすることをおすすめします。

“突然”は注意が必要

肥満は体に現れますし、短頭種は仔犬の頃からいびきをかきます。しかし、昨日突然いびきをかき始めたとか、外見的な変化無しに急にガーガーといびきのような音を鳴らしていたら注意が必要です。鼻腔内や、口腔内の腫瘍、気管虚脱など、肥満や生まれつきではない原因があるかもしれません。

寝ているときのいびきがうるさい!と感じている飼い主さんは、自ら動物病院で相談をして下さいますが、それすら可愛いと思っている飼い主さんはなかなか異常に気付きません。いびきをかく=空気の通り道になんらかの障害がある、ということですので、愛犬を苦しめる前に是非相談をして見てくださいね。また、寝ているときだけなのか、起きているときから呼吸に雑音があるのか、鼻から膿のようなものが垂れてくるかなども重要な観察ポイントになります。鼻筋が変形していたり、ボコッとふくらんでいたら鼻腔内に異変がある可能性が高いので、はやめに動物病院へ相談しましょう。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

【獣医師監修】命に関わることもある犬の免疫介在性溶血性貧血の症状・原因・治療法について

犬の免疫介在性溶血性貧血はこんな病気 溶血性貧血とは血中の赤血球がなんらかの原因で破壊され、貧血症状が起こってしまう状態のことをいいます。 感染症や先天性の理由など原因はいくつかあり……

犬の血液の病気

【獣医師監修】小型犬がかかりやすい危険な病気と予防法

小型犬は大型犬、中型犬と比べるとなんだか病弱そうなイメージを持っていませんか? 実際は、体が小さいからといって、他の犬種よりも際立って病気に弱いということはありません。しかし、遺伝的に……

犬の動作や習慣の変化や異常

犬の咳やくしゃみ、何かの病気のサイン?【動物看護師が解説】

愛犬が咳やくしゃみをしているとき、風邪かな?と思いますよね。ですが、咳やくしゃみなどの症状が出る病気は風邪だけではなく、実は様々な怖い病気の可能性もあるのです。どんな咳をしたら、どんな病気の……

犬の動作や習慣の変化や異常

【獣医師監修】犬の先天性心疾患の一つ。肺動脈弁狭窄症の症状・原因・治療法について

肺動脈とは心臓の右心室から肺へ血液を送り出す動脈で、その入り口にある肺動脈弁とその周辺が、先天的に狭くなってしまっている状態のことを「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」と……

犬の心臓の病気

【獣医師監修】人間だけじゃない!犬もかかる、尿結石症の症状・原因・治療法

人間の病気としてもよく知られている尿結石。犬も尿結石ができることがあることをご存知でしょうか? 尿結石症とは 尿のなかに石のようなもの(結石)ができる病気が尿結石症です。 犬に最も……

犬の動作や習慣の変化や異常

【獣医師監修】子犬は特に要注意!ケンネルコフの症状・原因・治療法について

ケンネルコフはこんな病気 ケンネルコフとは正式名称を「犬伝染性気管気管支炎」といいます。その名のとおり、犬がかかる伝染性の気管気管支炎を総称してケンネルコフと呼びます。 原因はウイル……

犬の動作や習慣の変化や異常

【獣医師監修】犬の鼻炎。原因・症状から治療法まで

鼻水ずるずる。くしゃみ連発。鼻炎が辛いのは人も犬も同じです。人の場合は耳鼻科へ通ったり、ドラッグストアで薬を買ったりして対処する人が多いでしょう。犬は一体どうすれば鼻炎を治すことができるので……

犬の動作や習慣の変化や異常

犬もいびきをかく?いびきをかく時の注意点や対策とは?【動物看護師が徹底解説】

愛犬がお昼寝をしていると、聞こえてくるのはおじさんのようないびき…。人間もいびきをかくと、十分な睡眠を取れなくなったり、脳に酸素がいかなくなり体調不良の原因になったりします。犬のいびきは心配……

犬の動作や習慣の変化や異常

【獣医師監修】犬が走っている途中で躓いて捻挫?!愛犬が捻挫した場合の処置について。

犬は走るのが得意な動物ではありますが、足場の悪いところを走ったり無理に方向転換したりすると捻挫や肉離れを起こすことがあります。犬が脚に捻挫や肉離れなどのケガを負った場合は、動物病院で手当する……

犬の動作や習慣の変化や異常

犬が苦しそうな呼吸、咳をしていたら要注意!犬の気管虚脱の症状・原因・治療法について【獣医師監修】

気管虚脱という文字を見ただけではどんな病気かわかりにくいかもしれませんが、これは犬に見られる呼吸器の病気の一つです。この病気は気管が本来の強度を失ってつぶれてしまうことで起こり、呼吸に異常を……

犬の動作や習慣の変化や異常

【獣医師監修】小型犬に起こりやすい膝蓋骨脱臼の原因と対処方法

常に人気犬種の上位にランクインしている、チワワ、プードル、ポメラニアンなどの小型犬。 膝蓋骨脱臼はそんな小型犬が発症しやすい疾患です。小型犬の飼い主さんの中にはすでに動物病院で指摘され……

犬の動作や習慣の変化や異常

自宅でもできる身体検査。愛犬の体温・心拍数・呼吸数の測定方法をご紹介

愛犬の健康状態を正しく判断するために、健康時の体重・体温・心拍数や行動の癖やしぐさ、排泄の回数やタイミングを何となくでも把握しておくようにすると健康状態の不調に気が付きやすくなります。今回は……

犬の動作や習慣の変化や異常

犬の為に、かかりつけ医を決めておく理由。良いドクターの見つけ方

自宅で飼われている犬のかかりつけ医は決まっていますか?実は、私たち同様に犬にも、もしもの時に頼れるかかりつけ医を探しておく事が重要なのです。 日頃から怪我や体調を崩しがちな犬の場合は、……

犬の動作や習慣の変化や異常

【獣医師監修】発生率も死亡率も高い病気。犬の乳腺腫瘍について

犬の乳腺腫瘍はこんな病気 犬の乳腺腫瘍は腫瘍の中でもかなり発生率が高い病気です。 その割合はなんとメス犬に発生する全腫瘍の52%。半分以上を乳腺腫瘍が占めているのです。 乳腺腫……

メス犬の生殖器の病気