2017年2月16日更新

ペット用のおやつ、添加物やカロリー塩分など気をつけるべき点は?【動物看護師が徹底解説】

最近では食品や化粧品、日用品に”オーガニック”とつく品物が増えて来ましたね。ナチュラル志向で、添加物や化学物質をなるべく避けたいと思う人々の間で流行しています。大切な愛犬や愛猫のためを想って、体に負担がかかるようなものは与えたくないと考えている人も多いでしょう。また、ご褒美代わりに与えるおやつに対しても、カロリーや塩分、添加物を気にしている人も多いはず。良いものを選ぶには、どうしたら良いのでしょうか。

「ペット用」で騙されない

例えば人間でもそうですが、赤ちゃん用、1歳用、幼児用など対象となる年齢や事柄が書かれていると、その為だけに作られているから大丈夫と思いがちですよね。ほとんどは、その対象が口に入れても問題ないように塩分やカロリーを調節してありますが、”完璧に”というわけではありません

ペット用も同じで、他よりもかなり安く、大袋で売っているようなメーカーは注意が必要かもしれません。 ペット用のものは、飼い主さんが味見をしてから与えることは少ないので、ペット用だから大丈夫と思い込んでいるだけでかなり濃い味付けでカロリーも高く、添加物も多いかもしれません。

排泄物や体調の観察を

初めて食べるおやつを与える際には必ず少量から与えるようにして、食べた後に吐いたり下痢をしたりしないかよく観察をしましょう。そこまで症状が出なくても、いつもよりおとなしくなったり、活動性が低下したら要注意です。

また、いつもより多く水を飲みたがる場合は塩分が多く、喉が渇いているかもしれません。特に問題がないように見えても、尿の色がオレンジ寄りに濃くなったり、便の中に未消化で丸ごと出て来てしまうようなおやつは避けるべきです。

無添加で安心?

カロリーや塩分は、カロリー表示やナトリウムの表示を見れば、多いか少ないかはある程度判断がつきますが、添加物などや使われている材料に関しては、かなりの知識がないと判断はできないでしょう。

添加物が全て悪いかというとそうではなく、おやつ等の日々ある程度の量を必ず消費しないものは長期保存が効くように添加物がプラスされています。腐ったものを食べさせてしまうリスクを背負うか、添加物でのリスクを背負うかは飼い主さんそれぞれの判断に任せられるでしょう。添加物は体の中に取り込まれても、ある程度の時間をかけて体外へ排出されていきます。犬や猫は汗をかかないので人間よりも代謝には時間がかかるそうですが、入ったものが一生そのまま体に残り続けるわけではないでしょう。

無添加と書かれていても、表示規定以下の含有量なら添加物が入っていても無添加と名乗れるわけですから、無添加が全て正しいかは本当のところはわかりません。

どう考えるかは飼い主さん次第

添加物を完全に遮断したいと考える人もいれば、仕方のないことだから量を抑えればいいのでは?と考える人もいるでしょう。何が正解ということはなく、自分の愛猫愛犬に与えるものの基準を決めるのは飼い主さんです。隣の人が添加物を除去しているからといって、自分もそうすべきと無理な努力をする必要はありません。

添加物や一日の必要塩分量について調べると、様々な見解が書かれていてどれが正解かはわからないでしょう。ある特定の添加物を与え続けた実験結果がない限り、どの成分が何に悪く、寿命を縮めたり癌になったりする、という断言は出来ないはずです。研究などで確実に悪いと言われているものがあるのであれば、それを避けるのは良いと思いますがあまり添加物に対しても神経質になるのも負担になるだけで良くないかもしれません。心を軽くして、自分の出来る範囲で添加物除去や、減塩を試みてみると良いでしょう。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

【獣医師監修】デブ猫厳禁!失敗しない猫のダイエット方法をご紹介します!

最近、丸々と太った「デブ猫」の画像や動画をテレビやインターネットで見かける機会が増えています。確かに愛嬌があってとても可愛いですが、愛猫があそこまで太るのはちょっと気持ちよくありせんよね。程……

猫の食事・キャットフード

猫を自宅で留守番させるときに準備しておきたいこととは?

旅行や出張、様々な外出で猫を1泊から2泊お留守番させる場合、事前準備を万全にしておくことが大切です。もちろん、お留守番スタイルも猫の様子も、各家庭それぞれです。 場合によっては、知人や……

猫の食事・キャットフード

意外!これは猫にあげてはいけないの?猫にNGな食べ物リスト

愛猫の可愛いおねだりについつい「ちょっとだけ…」あげてしまいがちなのが人間の食べ物。例えば日本人なら猫が好きだと思いがちな「煮干し」をあげるのはNGなんて、知らない人も多いのではないでしょう……

猫の食事・キャットフード

下部尿路疾患の猫を飼っていたら食べさせたい専用の療法食

猫の下部尿路疾患はFLUTDとも呼ばれ、膀胱から尿道にかけて起こる病気の総称です。猫の祖先は砂漠に住んでいた関係で、体内に水を保持しておく必要がありました。水分を無駄に排出しないために、尿の……

猫の食事・キャットフード

猫にも手作りご飯を!猫の手作りごはんの作り方について

『ねこまんま』という言葉がありますが、お米にお味噌汁をかけただけの食事を猫に与えていればいいというわけではありません。 猫の体に必要な栄養素に気を遣い、しっかりとした栄養補給をさせてあ……

キャットフード

猫がご飯を食べない!?猫の老化と食事について

年老いた飼い猫は体の機能がそれまでに比べて衰えています。 顎の力が弱くなっていて硬いものを噛む能力が落ちているので、従来の食事をそのままに与えていると食事離れの原因となり、食事を取らな……

猫の食事・キャットフード

【獣医師が教える!】愛猫の状態に合ったキャットフードの選び方

量販店や動物病院、インターネット通販などで見かけるたくさんのフードの中から、どれを愛猫に選べばよいのか悩んだことはありませんか?猫の食事は、猫の年齢やライフステージによって選択することが勧め……

あなたの猫、肥満していませんか? 猫にダイエットさせる方法とは?

ころころとした猫の姿はユーモアもあって可愛いことこの上ないのですが、もし猫が過度に肥満していたら、笑って見ているわけにはいきません。 肥満はさまざまな病気の原因にもなりますので、食べ過……

猫の食事・キャットフード

愛犬・愛猫のための手作りごはん!『ペット生活レシピ』がオープン♪

最近『犬猫の高齢化』というキーワードを耳にする機会が増えたと感じませんか?一般社団法人ペットフード協会の独自調査によると、犬猫の平均寿命は、30年前と比較して約2倍にまで伸びているそうです!……

【猫の好物】猫の大好物はネズミや魚よりもまさかの○○○らしい?

我が家の愛猫カイトの好きな物は、羽のついた猫じゃらしで遊ぶこと、そして食事は鳥肉よりも小魚を食べるのが好きです。 誰かが「猫にとっても完璧な食事はネズミである」と語っていました。 残……

猫の食事・キャットフード

【動物看護師が徹底解説!】薬とペットフードの相性ってあるの?

我々人間は、病院や薬局に行くと他に飲んでいる薬やサプリメントはないか、薬を飲むときに特定の飲み物は避けてほしいなど薬の飲み合わせに関して、様々な決まりがありますよね。病気を治すための薬ですか……

猫の食事・キャットフード

猫が健康に生きていくために必要な栄養とは?飼い主なら知っておきたい猫栄養学について。

多くの飼い主さんは猫の毎日の食事にキャットフードを使っていると思いますので、猫の栄養学について知識がなくても特に問題はないでしょう。 しかしながら、猫が高齢になったり、病気になったりす……

猫に必要な栄養

小さなファクトリーで丁寧に作る。「犬猫自然食本舗」のキャットフード

大切な愛猫に手作りや手作りに近いフードをあげたい…いま、多くの飼い主さんがペットのごはんを見直し始めています。しかしながら、毎日忙しい生活を送る飼い主さんにとって完全手作り食は負担が少なくあ……

猫に必要な栄養

ペット用のおやつ、添加物やカロリー塩分など気をつけるべき点は?【動物看護師が徹底解説】

最近では食品や化粧品、日用品に”オーガニック”とつく品物が増えて来ましたね。ナチュラル志向で、添加物や化学物質をなるべく避けたいと思う人々の間で流行しています。大切な愛犬や愛猫のためを想って……

猫の食事・キャットフード

毎日カリカリではかわいそう?飼い猫のごはんを手作りするメリットとは?

「毎日キャットフードを食べていて飽きてしまわないのだろうか」「キャットフードばかりで可哀想」などと感じたことのある飼い主さんは多いのではないでしょうか。 そんな飼い主さんには、飼い猫の……

猫に必要な栄養

【獣医師監修】猫は意外と「海苔」が好き。猫に「海苔」あげても良いの?

猫が好きな意外なもののひとつが「海苔」。まったく興味をもたない猫もいますが、好きな猫だと袋から出しただけで遠くから飛んできたりするほど。歯に挟まるのも気にせず端から音を立ててバリバリと「海苔……

猫に必要な栄養

【獣医師監修】秋に旬の秋刀魚は猫に食べさせても大丈夫?どんな調理法がいいの?

秋に美味しい食べ物のひとつが秋刀魚。脂の乗った秋刀魚は秋に必ず食べたい食べ物ですが、猫にとってもそれは同じのようです。テーブルの上に置いておいた秋刀魚が気づいたら無くなっていたとか、猫に齧ら……

猫に必要な栄養

大人気!グレインフリーキャットフードが猫の健康に良い3つの理由とは?

最近人気のグレインフリーのキャットフード。グレインフリーキャットフードとは穀物類を使用していないキャットフードのことで、穀物を使用しないことで猫の健康に良い影響があると言われています。 ……

キャットフード

健康に良いだけでなく美味しい!長寿を目標に作られた「Simply」のキャットフード

猫は食べ物に関して非常にわがままな動物です。健康に良く素材にこだわっていても猫が食べてくれなければ意味がありません。プレミアムフードを食べてくれなくて食いつきの良いジャンクフードに戻ってしま……

猫の食事回数はどれが正解?悩める飼い主さんに答えが見つかるアドバイス!

猫の食事回数、飼い主のみなさんはどうしてますか? 1日2、3回?もっと頻繁に?猫の食事回数について悩む飼い主さんは意外と多いのです。この記事では猫の食事回数を決める時に役に立つ情報をお……

猫の食事の基礎