2017年2月14日更新

ワクチン接種の前後にお風呂は避けるべき?接種前後の注意点とは?【動物看護師が徹底解説】

犬も猫も、年に一度必要になるワクチン接種。毎年のことなので、説明も右から左であまり頭に入っていない飼い主さんも多いのではないでしょうか。ワクチンは打てば良い、というものではなく、打つ前と後にも気を配ってあげなくてはいけないのです。

誰もが一度頭をかしげる、シャンプー

犬の場合はとくに、ワクチン接種とトリミングの予約が連日になってしまったということも少なからず起こり得るでしょう。もしくは、トリミングを動物病院で行なっているご家庭は、「一度に2つ済ませられないかな?」と考えますよね。しかし、ワクチン接種前後のトリミングやシャンプーはあまりお勧めできません

よほど体調が良く、トリミングやシャンプーがストレスでない犬や猫は問題なく行えるかもしれませんが、ストレスがかかっているか、いないかなんて本人にしかわかりませんよね。体調が良く見えても、隠しているだけの場合がありますから、基本的にはNGと思っておいて下さい。

何故いけない?

ではなぜ、トリミングやシャンプーをワクチン接種前後に行ってはいけないのでしょうか?

犬や猫は人間のように毎日お風呂に入ることが日課ではありません。シャンプーが好きな犬猫ももちろん存在しますが、ほとんどは「たまにやらなきゃいけないすごく疲れること」と思っているでしょう。もちろん日課であっても、ストレスを感じている人もいますよね。このように、犬や猫にとってトリミングやシャンプーはストレスであり、体や心に負担がかかります。

ワクチン接種は、少なからず病原体を体の中に入れることになるので、ストレスを溜めて免疫を落としてしまってはいけません。免疫が落ちた状態でワクチン接種をしてしまうと、副作用の問題や生ワクチンによる感染のリスクが高まります。もちろんワクチン接種後も同じで、体の中に入り込んで数日は作用しますから、なるべくその間は安静にストレスを溜めずに、体を休めた方が良いとされているのです。

ワクチン接種後はその他の問題も

ワクチン接種前は関係ありませんが、接種したあとは必ず小さな針の穴が残ります。そこにシャンプー剤の刺激や、タウリングによる摩擦が起こると、炎症を起こす原因にもなります。接種部が赤く腫れ上がって膿んでしまったり、しこりができる可能性もありますから、ワクチン接種後は特に体に気を使ってあげて下さい。

どうしようもない場合は相談を

とはいえ、毎日毎日休みの人ばかりではありませんから、どうしても連日や、当日に2つとも済まさなくてはならないこともあるでしょう。そのような場合は、かならずワクチン接種をしてくれる獣医師に相談をして、くまなく全身をチェックしてもらいましょう。ワクチン接種後の患部の炎症などのリスクを考えると、まずトリミングやシャンプーを済ませて、ワクチン接種をするのが良いかとは思いますが、予約の状況や獣医師の診断により、飼い主さんがきちんと最終判断を下すようにしましょう。

できれば、両方とも終わったら家に帰ってお留守番ではなく半日はきちんと様子を見られるように予定を組むと良いでしょう。副作用などのリスクが大きくなることは承知の上で行なって下さい。獣医師が大丈夫と言ったから絶対に大丈夫ではありません。診察をしたその時は大丈夫だった、ということもあり得ますので、本当に連日やる必要があるのか、トリミングやシャンプーを少し遅らせることはできないのか、きちんと考えるようにしてくださいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

【獣医師が解説】防げる病気は防いであげたい。犬の予防まとめ

狂犬病予防接種(年1回) 生後91日以上の犬の飼い主には、毎年1回の狂犬病予防注射を受けさせることが義務づけられています。 4月(年1回) 犬からの感染が多いので「狂犬病」……

犬のワクチン接種

犬を連れてキャンプに!犬と楽しむためのキャンプ場の選び方と準備

春から秋にかけて人気なのがキャンプ。最近ではペットを同伴できるキャンプ場も増えています。一緒に自然に親しむ機会は愛犬にとっても飼い主さんにとっても良い想い出になることでしょう。 しかし……

犬のトイレグッズ

【動物看護師が解説!】ワクチン接種で起こりうる副作用は?注意すべき症状と対策~犬編~

毎年必ず1回の接種が決められている、混合ワクチン。ペットホテルやドッグランを利用する際に証明書が必要となることもあり、狂犬病ワクチンと同じく、毎年忘れずに接種してくださっている飼い主さんも多……

犬のワクチン接種

【獣医師監修】狂犬病予防注射してますか?恐ろしい狂犬病から愛犬を守りましょう。

狂犬病とは 狂犬病ウイルスに感染した動物に噛まれたり引っ掻かれたりしてできた傷口からウイルスが体内に侵入して発症する、全てのほ乳類が感染する人獣共通感染症です。侵入したウイルスは脳神経組織……

犬のワクチン接種

迷子犬を探す手がかりに!!狂犬病ワクチン接種でもらえる鑑札。

春になると市や区から「狂犬病のワクチンを打ってください」とハガキが送られてきます。 日本には狂犬病は出ていないから…など打たない方もちらほらといらっしゃるようですが、法律違反になりますので……

犬のワクチン接種