2017年2月11日更新

犬のひげが抜けた!!生え変わる周期や注意点はある?【動物看護師が徹底解説】

みなさん、犬のヒゲに注目して生活したことはありますか?「あ、今日一本抜けたな」とか、「ここにあった長いヒゲ切れたな」とかあまり気にしませんよね。よく、猫のヒゲは手を加えてはいけないと言いますが、犬のヒゲは何をしても良いのでしょうか?いらないのであれば何故生えているのでしょうか?犬のヒゲの不思議についてお伝えします。

必要ないわけではない

犬のヒゲは、トリミングでカットして無くしてしまうこともあり、いらないのでは?と思われがちですが、生きている上で必要がないわけではありません。犬のヒゲも猫と同じように、物との距離を測ったりすることで、急所の多い顔を守っているのです。

では「犬のヒゲも切ってはいけないのでは?」と思いますが、犬のヒゲは役割はあるものの、猫ほど大きな役割を果たしていないことから、あった方がいいが、無くてもよい位置付けになっているのでしょうね。

抜けてもまた生えてくる

ヒゲはたくましい毛なので、一生ものと思っている方もいますが、ヒゲも当然生え変わっていきます。切ってもまた伸びるように、抜けてもまた生えてくるのです。物理的な刺激がなくても、自然に抜け落ちることもあり、床にヒゲが落ちているからといって焦る必要はありません。だいたい半年に一度、抜けては新しいヒゲが生えて…ということを繰り返すので、たまにヒゲが減った?と思う時期もあるでしょう。

抜けすぎは病気のサイン?

自然に抜けて生える、とはいえ、それほど頻繁に抜けるわけでもありません。

片頬のヒゲが全てなくなってしまうほど、それぞれのヒゲが抜け落ちているのであれば、毛穴に炎症や感染があるか、皮膚に問題があるかもしれません。こういった場合は、後ろ足で口先を頻繁に掻き、床に頬をする様な仕草も合わせて見られるでしょう。痒みや、痛みがあり、刺激を与えることで我慢すると、ヒゲが全て抜け落ち、見た目が変わることもあるので、あれ?と思ったらかかりつけの動物病院へ受診すると良いでしょう。

自然体が一番

本来は生えているはずのヒゲを根元から無くしてしまうと、それなりに犬は不便を感じているかもしれません。ヒゲを切る、という行為は言わば犬のためではなく、外見を気にするオシャレのためですから、できれば切ったり、短くしない方が良いでしょう。

顔の毛と一緒にカットするのはまだわかりますが、顔カットをしない犬種でわざわざヒゲだけを切るのは、本当に必要なのでしょうか?飼い主さんの好みが分かれる部分ではありますが、ヒゲを切るくらい、と安易に考えず、どうすれば愛犬が快適に生活できるかを最優先に考えてあげると良いでしょう

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

【動物看護師が徹底解説!】犬が頻繁にトイレに行っている…考えられる病気は?

あなたは愛犬が毎日どれくらいトイレに行っているか、注意深く観察していますか?最近では、何回分も尿を吸収するペットシーツなどがよく売られていますから、トイレのたびにシーツは変えないようにしてい……

ニュース

レークランド・テリアの歴史、性格・特徴、寿命、必要な運動は?

レークランド・テリアの歴史 テリア種の中でも古くから存在する犬種です。 有能な作業犬としての歴史は長い犬種ですが、その優美とも言える振る舞いや整った体形に立派な口髭で1900年半ばに……

犬の習性

犬種ごとに『発情期』に違いはある?獣医師が解説します!!

犬は年に2回発情期があるということを聞いたことがある人は多いでしょう。それでは、年に1回しか発情期を迎えない犬種があることは知っていますか?また、初めての発情を迎える時期に小型犬と大型犬で違……

犬の去勢手術

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの性格や寿命など

古くから鳥猟犬として、長く人間ともに生き、数々の猟犬の素地を作った犬です。イギリスのウェールズ地方で多く繁殖されていたことと、獲物を飛び立たせる能力に優れている事を示すスプリンギングという手……

犬の習性

運動能力抜群!優れた脚力を持つ犬種とその特徴をご紹介!

野生時代には、狩りをして獲物をしとめていた犬。 現代でも人や荷物を運んだり、レースをしたり・・・その脚力で活躍している犬は多いですね。 ここでは脚力の優れている犬種や、その特徴を紹介して……

犬の雑学

ノーフォーク・テリアの歴史から性格・特徴・サイズ・大きさ

ノーフォーク・テリアの歴史 古くイギリスでは狐狩りやネズミの駆除、アナグマ猟などが盛んで小型のテリア種は狩猟犬として重宝されてきました。この犬は更に小さな巣穴に潜り、果敢に獲物を捕まえるタ……

犬の習性

犬や猫の飼い主さんがペットの健康のために気をつけている5つのこと

犬や猫は痛みや病気を人に見せない習性があります。自然界では体が弱っていることを周囲に知られることは、そのまま生命の危機に直結する場合があるからです。ペットとして室内に住んでいる犬や猫も本能的……

猫の体

【動物看護師が徹底解説!】犬もほくろってできる?

愛犬の体を撫でたとき、ふと見えた皮膚にほくろのようなものが…。犬は全身被毛で覆われているので、なかなか気付きませんが、犬にもほくろってできるのでしょうか?人間は足の裏に大きめのほくろがあると……

ニュース

【ドッグマナー協会理事が解説】犬のヒゲはカットしちゃダメ?!その理由とは

ワンちゃんのぴょんぴょんと伸びるヒゲ。 犬種によって白や黒など種類があり、その口元は愛嬌があって可愛らしいです。 最近ではトリミングの際にヒゲも一緒にカットすることが多く、 「うち……

犬の毛のお手入れ

多機能な防護服?犬種によっても様々な被毛の役割をご紹介!

わんちゃんの被毛(コート)は、犬種によって実に様々。 ふわふわと触り心地が良かったり、短毛でかっこよかったりと私たちを楽しませてくれますが、犬の被毛には多くに役割があることをご存知でしょう……

犬の雑学

ブルテリアの歴史、性格、寿命、特徴

ブルテリアの歴史 ブルドッグと現在では絶滅したホワイトイングリッシュテリアとの交配により作り出された犬です。 ブルドッグの力強さとテリアの粘り強さを併せ持つ、究極の闘犬と言われていま……

犬の習性

天然記念物にも指定されている日本犬。秋田犬の性格・飼い方をご紹介します。

秋田犬の特徴・性格 秋田犬は天然記念物にも指定されている日本犬です。渋谷のハチ公像を見て「ハチ公は柴犬」と思っている方も多いと聞きますが、忠犬ハチ公は秋田犬です。秋田犬の寿命は11年前後と……

犬のしつけ

犬の口臭やよだれを改善する事ができるのか?よだれが止まらない理由をご紹介します!

犬のよだれや口臭、どうにかしたい!と思われている犬の飼い主さんは多いと思います。 しかし、そんなよだれや口臭を改善する方法なんてあるのでしょうか? 室内で犬を飼われている場合、ソ……

犬の歯・口の病気

なぜ、犬には大きさや姿かたちの違うたくさんの品種があるの?

同じペットでも猫と犬とではそのバリエーションが大きく違います。猫の場合、大きさに差があったとしてもせいぜい2kg~7kg程度、被毛の長さや色のバリエーションはありますが、姿かたちはほとんと同……

犬の体

同腹の犬なのに、特徴が違う!犬の出産と妊娠について

最近では犬種の性格や風貌から犬を選ぶことも多く、純血種をよく見かけますが、雑種犬の子犬などは見たことがありますか? どんな特徴の子が生まれるかわからないという意味では、雑種犬の赤ちゃん……

犬の習性

犬や猫の健康維持に植物の力を使う「ジェモセラピー」に注目

動物も人間も健康を維持するには体のバランスが大切です。どこか一カ所が病気になったり弱ったりすると、他の部分も引きずられるように悪くなっていくことがあります。また一か所を治療するために服用した……

犬の体

サルーキの寿命やしつけ・トレーニングなど初めて飼う人が知っておきたい情報

エジプト原産の狩猟犬で、そのルーツは古代に遡れる歴史深い犬種の一つです。ハウンド系の血統を持つこの犬は、一般的にイメージする犬の姿かたちとは違い、どちらかといえば「鹿」にイメージが近く、スリ……

犬の習性

あなたは正しい飼い主?犬の飼い主さんのための検定とは?

長年犬を飼っていて「犬のことなら任せて」と思っているあなた。飼い主としての資質を客観的に判定してみたいと思いませんか?実はいま、飼い主さん達の間でちょっとした話題になっているのが「動物愛護社……

犬の言葉・気持ち

愛犬、愛猫の健康のために「健康日記」をつけよう

ペットを検診や病院に連れて行った時に獣医さんから細かい症状や発症の時期を聞かれて困ったことはありませんか? 近々のことなら記憶も確かですが、数か月前のことになると記憶があやふやになって……

犬のニュース

【獣医師監修】犬の潜在精巣の原因・症状・治療法・予防法

オスの子犬の陰嚢(袋)を触ると、左右で感触が違うということが時々あります。 もしその犬が生後半年以上たっていれば、精巣(睾丸)が片方しか陰嚢に降りてきていない「潜在精巣」かもしれません……

オス犬の生殖器の病気