2017年2月13日更新

避妊、去勢していない猫は気をつけて。2月は発情が始まる時期

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

最近では子猫の時期に去勢、避妊手術を受けさせる飼い主さんが増えてきて、発情の季節になっても普段と変わらず何食わぬ顔で過ごしている猫が多くなりました。それでも、「猫をケージに入れられず病院に行けなかった」「貰い受けた猫が手術をしているかどうか曖昧だった」「手術は可哀想」など、さまざまな理由で去勢、避妊手術を受けないまま発情期を迎えてしまうケースもあるでしょう。実は2月は猫の発情が始まる時期。去勢、避妊手術を受けていない場合、猫はどのような状態になり、どんなリスクがあるのでしょうか。

 

発情すると猫はどうなるの?


猫は年に数回、発情の時期を迎えますが、一年で最初の発情期が2月~4月にやってきます。発情はまず雌猫に訪れ、それに呼応するように雄猫の発情が始まります。発情の時期は猫の年齢や環境によって多少異なりますが、発情期が近づくと雌猫には発情サインが現れます。床に体をこすりつけたり、「うあぉ~ん」という独特の鳴き声をあげたり、壁などに匂い付けするスプレー行動が起きたりしたら、それは発情スタートのサインです。雌猫が発情すると雄猫も同じようにスプレーしたり、大きな声で雌猫に応えたりするため、飼い主さんが悩まされるだけでなく、近所迷惑になることも少なくありません。発情は一度始まると2~3週間続きますので、その間、「寝られない」「部屋がオシッコ臭い」などのトラブルに耐えなければならないでしょう。

実は避妊、去勢していないと猫自身にトラブルが発生することがあります。発情期間中にパートナーを見つけて交尾し、妊娠、出産することができる猫は良いのですが、交尾する相手がいないまま発情し続けると、ストレスが溜まり、寿命が短くなることがあります。さらに雌猫の場合、子宮蓄膿症などの病気になることもありますので、注意が必要です。猫に手術を受けさせることに抵抗を感じる飼い主さんもいらっしゃると思いますが、交尾できない発情は猫にとっては苦しい状況であることを理解したうえで、判断することが大切です。

まだまだ子猫だと思っていたら・・・?秋生まれの子猫の飼い主さんは2月に要注意

猫は1年で大人になりますが、発情期が来るのはそれよりずっと前。生まれて4~6ヶ月程度で発情を迎えてしまうケースも多いため、まだまだ子猫だと思っていた猫がいきなり発情期を迎えることがあります。また、2月に生まれた子猫は暖かい気候に恵まれて、次の発情シーズンの5~6月発情を迎えてしまうこともあります。まだ成熟しないうちに妊娠してしまうと母子ともに命を落とすことも。2月を境にもし、あなたの猫が発情してしまったら、猫に子供を産ませる選択をするのか、手術して猫の発情を抑えるのか考える必要がありますね。

 
 

関連カテゴリ