2017年2月8日更新

2月22日の猫の日、「猫の落語」で過ごしてみませんか?

猫ブームが過熱している中で迎える今年の2月22日、「猫の日」。テレビでは多くの番組で猫が取り上げられ、猫のイベントも目白押しです。あなたは今年の「猫の日」、どのように過ごす予定でしょうか?猫好きなら、やっぱり猫にまつわる何かを見たり、聞いたり、体験したりする1日にしたいですよね。そこでオススメなのが「猫の落語」です。大阪付近の人限定になってしまいますが、ちょっと面白い企画があるのでご紹介します。

今年で6回目。猫好き噺家による「猫の落語」に行ってみない?


大阪市北区にある天満天神繁盛亭(はんじょうてい)では、毎年2月22日の「猫の日」に「猫の日落語会」が開催されていますが、2017年も好評開催予定です!この落語会を最初に企画したのは月亭遊方さん。たまたま、2月22日に繁盛亭の夜の部に空きがあり、猫好きの遊方さんに「せっかくの猫の日だから何かやらないか」と声が掛かったのがきっかけだそう。当初は実際に猫を飼っている出演者は少なかったようですが、最近では噺家や漫才師だけでなく三味線やお茶子にも猫の飼い主が勢ぞろいして、猫好きには知られたイベントになりました。

面白いのは、この「猫の日落語会」の告知ポスター。通常なら出演者がメインビジュアルになるところですが、この会ではメインビジュアルが出演者の飼っている猫たち。出演者が自慢の愛猫の写真を提供して18匹の「我が家の猫」がポスターの紙面を飾っています。これだけでも猫好きパワーが伝わってきますね。

出し物はオープニングに始まり、桂佐ん吉の「代脈」、笑福亭三喬の「首の仕替え」、桂福車の「猫政談」、月亭遊方・笑福亭右喬ほかの「猫大喜利」、南天・雀喜の漫才「ねこまんま」、桂米紫の「ねずみ」などで、猫が登場する落語や漫才が次から次へと披露されます。来場者全員にカラフルな招き猫消しゴムがプレゼントされるそうですので、そちらも楽しみにしていてください。

猫は江戸時代も町の人気者だった

実は古典落語の中には「猫の災難」「猫怪談」、「猫の恩返し」など猫が主役級の作品が数多くあります。ほろっと来るような人情ものから、笑いを誘う噺までその内容もバラエティ豊かです。江戸の昔から猫は人々の暮らしに馴染み、愛されてきたんですね。「猫の落語会」に来るお客さんの中には『初めて落語を聞いた』という人も多いのだとか。「猫の日」をきっかけに落語を趣味にするのも粋なのではないでしょうか。

  • 名称:猫の落語会
  • 会場:天満天神繁盛亭 (大阪市北区)
  • 開催日:2017年2月22日(水)
  • 開演:18:00開場、18:30開演
  • 料金:前売2500円、当日3000円(全席指定)
  • 問い合わせ先:繁盛亭チケット窓口 ℡06-6352-4874ほか、チケットぴあ、セブンイレブン、サークルKサンクスなどで

※チケットが売り切れになっている可能性もございます。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

愛猫との最期のお別れ~猫の葬儀の方法~

ペットは、どんなに大切にしていても、私たち人間よりも長生きすることは稀です。 猫の寿命は16歳程度と言われています。「猫は死期が近くなると姿を消す」と聞いたことがある人は多いと思います……

猫の雑学

猫は変な場所で寝る!ベッドで寝ない理由やその対処法は?

猫用にベッドを用意したのに、全く興味を示さない猫っていますよね。しかも、ソファの背もたれの上や階段の手すりなど一歩間違えば床に転落!という寝るには危険すぎる場所で寝ていることもあります。 ……

猫の雑学

これであなたも猫マスター? 鳴き方で猫の気持ちがまるわかり!

「ニャー」「ゴロゴロ」「シャー」など、猫の鳴き方といってもたくさんの種類があります。この鳴き声には、それぞれに猫の気持ちが隠されているのです。ぜひ鳴き方に注目して、猫の気持ちを読み取りましょ……

猫の雑学

なぜそんなところに…なぜ猫は小さな箱に入りたがる?

普段の生活の中でも、猫は狭い場所に潜りこんですやすや寝ていることがあります。「なぜそんなところに?」と思ってしまいますが、猫にとっては祖先の行動の名残として、ごく自然なことなのです。猫と一緒……

猫の雑学

青目の白猫は難聴?その理由と確率とは…【獣医師が解説】

「青目の白猫は難聴が多い」って聞いたことはありませんか?これは単なるうわさではなく、れっきとした事実です。今回は青目の白猫が難聴になる理由とその確率を見ていきましょう。 毛の色と難聴に関係……

猫の雑学

猫専用のドア「猫ドア」で猫に快適な環境を作ろう

「猫ドア」をご存知でしょうか?猫だけが自由に出入りできるよう、壁やドアに取り付けた小さなドアのことです。日本ではあまりメジャーにはなっていませんが、海外では、玄関に付けて愛猫が家と外を自由に……

猫の雑学

さすが猫さま(笑)!!猫を飼う心構え『猫の十戒』がツンデレすぎる

『犬の十戒』という犬から飼い主さんへの10のお願い文は有名ですよね。じつは『猫の十戒』もあることをご存知でしょうか?? ★犬の十戒はコチラ【犬の飼い主さんに一度は読んでほしい「犬の十戒」。……

猫の雑学

「うちの猫は痩せてる?太ってる?猫の平均体重ってどのくらいなの?」

猫の室内飼いが奨励されるようになって事故や伝染病に罹る危険が減り、最近は平均寿命がずいぶん長くなってきました。その反面、外でエサを獲ったり跳びまわったりすることがなくなって運動不足な猫が増え……

猫の雑学

猫の中でも人気のキジトラは由緒正しい正統派?キジトラの特徴

猫の中でも人気の高いキジトラ。サバトラと混同されることも多いようですが、魚のサバのようにグレイ調の縞模様をもつのがサバトラ、鳥のキジに似た茶色と黒の縞模様をもつのがキジトラです。野性味を感じ……

猫の雑学

猫とのコミュニケーションがもっと密になる!猫の鳴き声と伝えたい気持ち

テレビを見ていたら猫が傍に来て「にゃー、にゃー」鳴いているけれど何を伝えたいのか…? 長年一緒に居れば何となく素振りやタイミングで気持ちが伝わることもありますが、飼い始めたばかりの猫だ……

猫の雑学

猫専門病院って動物病院とどこが違うの?猫だけのための病院「猫専門病院」について

猫を病院に連れて行くときに悩ましいのが待合室にいる犬たちの存在。例え飼い主さんが犬好きでもケージの中の猫は犬の気配や臭いにおびえています。きっと猫は「頼むから犬のいないところに連れて行ってく……

猫の雑学

ワールドワイドな猫のことわざ

猫は世界各国に古来からいる生き物。日本にももちろん猫に関することわざがありますが、猫のことわざは世界にもたくさんあるのです。「黒猫は不吉だ」などと言われてしまうこともありますが、世界のことわ……

猫の雑学

猫のために自宅をリフォーム!おすすめの事例を紹介

猫は今や“家族の一員”としてペット以上の存在になってきています。大手のハウスメーカーでも「猫が住みやすい家」をテーマに愛猫家に提案されるようになってきました。でも、なかなか新築を一から建てる……

猫の雑学

猫の毛の色で性格が違う?米カルフォルニア大学が研究を発表!

体のカタチはほぼ一緒ながら、さまざまな色や柄で個性を発揮する猫。猫好きの皆さんにも「私は三毛猫が好き」「飼うならチャトラがいいなぁ」など好みがあるのではないでしょうか。猫の毛の色は親猫の……

猫の雑学

高齢猫のために知っておきたい…お別れするのに必要な費用はどのくらい?

愛猫が亡くなった時、あなたはどのように猫を送りますか?以前に愛猫との別れを経験したことがある飼い主さんなら、悲しみにくれながらも次の行動を起こすことができるでしょう。しかしながら、猫との別れ……

猫の雑学