2017年2月17日更新

エコだけじゃない、猫のいる家で蛍光灯をLEDに変える理由

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

あなたの家では照明にどんな光源を使っていますか?昔ながらの白熱灯や蛍光灯でしょうか?それともエコを意識してLED電球をつけているでしょうか。家の照明は光の色や省エネ性能などを考慮して選ぶ人が多いと思いますが、もし、あなたの家に猫がいるとしたら、猫のことも考えて照明を選んであげる必要があります。それは一体、なぜなのでしょうか?

 

猫は蛍光灯の光が苦手?


実は猫は蛍光灯の光が苦手だと言われています。家の中で使用する光源には白熱灯、蛍光灯、LED電球などがありますが、一体なぜ、蛍光灯だけが猫に良くない影響を及ぼすのか不思議ですよね。

蛍光灯の発行の仕組みに原因が?

その原因は、蛍光灯が灯りを発する仕組みにあります。蛍光灯は、スイッチを入れると蛍光灯内部に原子が飛び出し、中に入っている水銀蒸気にぶつかって紫外線を発するようになっています。この紫外線が蛍光灯内側の蛍光塗料に反射することで目に見える光となって部屋を照らす仕組みになっているのですが、蛍光灯は点灯時でも細かい点滅を繰り返しているという特徴があります。

新しい技術が猫の目を救う!

普段、蛍光灯の点滅は私たち人間にはほとんど感じられません。蛍光灯の寿命が近づいて、点滅の感覚が長くなり“チカチカ”という状態を繰り返すようになって初めて意識する程度でしょう。ところが、猫は小動物の動きをキャッチするために人間よりはるかに優れた動体視力をもつため、蛍光灯の灯りが普通の状態でもチカチカと見えることがあるようです。切れる寸前の蛍光灯のチカチカ状態が常に続いているようなものでしょう。

ただし、蛍光灯にも種類があります。最近では点滅の遅い(100~120回/秒)グロースターター式の蛍光灯は減り、5万~9万回/秒の速度で点滅するインバーター式の蛍光灯が増えてきています。点滅速度が早ければ猫の目も追いつきませんので、そんなに違和感を覚えないのではないかと考えられています。

猫がいつかない部屋。もしグロースターター式蛍光灯なら交換も考えて

蛍光灯に対する猫の感じ方にも個体差があります。生まれた時から蛍光灯の下で生活してきた猫の中には蛍光灯の光に慣れてストレスを感じない個体もいるようです。もし、あなたの猫に「家族のいる居間にいつかない」「キャットツリーの上の方に行かない」などの様子が見られるなら、部屋の灯りをチェック。照明にグロースターター式の蛍光灯を使っているようなら、それが原因かもしれません。LED照明は高額ではありますが、消費電力が低いだけでなく、寿命も長いというメリットがありますので、猫のためにも思い切って照明を交換してみてはいかがでしょうか。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

突然ガブリ!猫はどうして突然噛んでくるの?

猫を撫でていると、最初はゴロゴロと喉を鳴らして気持ちよさそうにしていたのに、突然ガブッと噛んできたりすることがあります。思わず噛まれて痛い思いをした人や、猫を怒ってしまった人も居るのではない……

猫の雑学

【あなたは子猫派?それとも大人の猫派?】猫を飼い始めるタイミングは何歳ぐらいがベスト?

あなたが愛猫を家族として迎え入れたのは、猫が何歳の時でしたか?まだ、目が開いたばかりの子猫だったという人、もう立派な大人の猫だったという人、さまざまでしょう。猫を飼い始めるのにベストな時期が……

猫の雑学

標的は風鈴、扇風機、網戸・・・気をつけたい!夏ならではの【猫のいたずら】

猫はいたずらが大好きです。もともと狩猟本能の強い動物ですので、動いているものや音のするものには興味深々。気がついてみたら、大切なものが猫の魔の手にかかっていたなんてことはよくあります。そこで……

猫の雑学