2017年2月17日更新

エコだけじゃない、猫のいる家で蛍光灯をLEDに変える理由

あなたの家では照明にどんな光源を使っていますか?昔ながらの白熱灯や蛍光灯でしょうか?それともエコを意識してLED電球をつけているでしょうか。家の照明は光の色や省エネ性能などを考慮して選ぶ人が多いと思いますが、もし、あなたの家に猫がいるとしたら、猫のことも考えて照明を選んであげる必要があります。それは一体、なぜなのでしょうか?

猫は蛍光灯の光が苦手?


実は猫は蛍光灯の光が苦手だと言われています。家の中で使用する光源には白熱灯、蛍光灯、LED電球などがありますが、一体なぜ、蛍光灯だけが猫に良くない影響を及ぼすのか不思議ですよね。

蛍光灯の発行の仕組みに原因が?

その原因は、蛍光灯が灯りを発する仕組みにあります。蛍光灯は、スイッチを入れると蛍光灯内部に原子が飛び出し、中に入っている水銀蒸気にぶつかって紫外線を発するようになっています。この紫外線が蛍光灯内側の蛍光塗料に反射することで目に見える光となって部屋を照らす仕組みになっているのですが、蛍光灯は点灯時でも細かい点滅を繰り返しているという特徴があります。

新しい技術が猫の目を救う!

普段、蛍光灯の点滅は私たち人間にはほとんど感じられません。蛍光灯の寿命が近づいて、点滅の感覚が長くなり“チカチカ”という状態を繰り返すようになって初めて意識する程度でしょう。ところが、猫は小動物の動きをキャッチするために人間よりはるかに優れた動体視力をもつため、蛍光灯の灯りが普通の状態でもチカチカと見えることがあるようです。切れる寸前の蛍光灯のチカチカ状態が常に続いているようなものでしょう。

ただし、蛍光灯にも種類があります。最近では点滅の遅い(100~120回/秒)グロースターター式の蛍光灯は減り、5万~9万回/秒の速度で点滅するインバーター式の蛍光灯が増えてきています。点滅速度が早ければ猫の目も追いつきませんので、そんなに違和感を覚えないのではないかと考えられています。

猫がいつかない部屋。もしグロースターター式蛍光灯なら交換も考えて

蛍光灯に対する猫の感じ方にも個体差があります。生まれた時から蛍光灯の下で生活してきた猫の中には蛍光灯の光に慣れてストレスを感じない個体もいるようです。もし、あなたの猫に「家族のいる居間にいつかない」「キャットツリーの上の方に行かない」などの様子が見られるなら、部屋の灯りをチェック。照明にグロースターター式の蛍光灯を使っているようなら、それが原因かもしれません。LED照明は高額ではありますが、消費電力が低いだけでなく、寿命も長いというメリットがありますので、猫のためにも思い切って照明を交換してみてはいかがでしょうか。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

猫が好きな場所の条件を知って猫のための空間を作ろう

最近、動物園などで野生の動物にできるだけストレスを感じさせない環境を作る「環境エンリッチメント」が話題になっています。環境エンリッチメントは動物園だけでなく、お家で飼い猫のためにもできるんで……

猫の雑学

猫に思わぬ危険あり!暖房をつける時の注意点

寒い日が続いていますが、猫を含めて皆さん風邪は引いていないでしょうか?猫とヒトの風邪は違うものですが、寒さによって体調を崩しやすくなるのは同じです。寒い日には暖房が必要なこともありますが、暖……

猫の雑学

高齢猫のために知っておきたい…お別れするのに必要な費用はどのくらい?

愛猫が亡くなった時、あなたはどのように猫を送りますか?以前に愛猫との別れを経験したことがある飼い主さんなら、悲しみにくれながらも次の行動を起こすことができるでしょう。しかしながら、猫との別れ……

猫の雑学

世界一のご長寿猫は何歳?意外と知らない猫の雑学10選

猫は人間との共生生活が長い不思議な動物。ペットとして家で飼われてきただけでなく、野良猫として人間社会に上手に溶け込んできた歴史があります。そんな猫には面白いエピソードがあったり、ちょっと変わ……

猫の雑学

ネコの肥満が急増中!猫のダイエットに本気で取り組もう!【獣医師が解説】

猫の肥満、実は大きな問題になっているのをご存知でしょうか?その割合、なんと40%以上と言われています。さらに、2013年の調査では、「5年前と比べて肥満の猫が増えているという実感がある」と答……

猫の雑学

猫のやけどの応急処置を知っておこう【獣医師が解説】

「猫はこたつで丸くなる」の季節がやってきました。冬は寒いだけでなく、猫への危険もいろいろあります。特に冬によくある事故の一つが、暖房器具や熱いお湯によるやけど。やけどは病院で診てもらうことが……

猫の雑学

猫に虫歯がない理由と虫歯のように見える病気【獣医師が解説】

ヒトにはある病気のほとんどは猫にもありますが、その例外の一つが「虫歯」です。猫には歯石や歯周病などの歯の病気は非常に多いのですが、虫歯はないんです。猫に虫歯がないのはその独特の口の中の環境に……

猫の雑学

愛する猫が旅立った!ペットロスは克服しようとしなくていい

愛する猫が虹の橋に旅立ち、大切な家族の一員を失った。あなたの心には、目には見えない大きな穴がぽっかりと…。世間で言われているペットロス…。周りには理解されない辛さと前を向かなくてはという思い……

猫の雑学

なんだか外がにぎやか…1月頃からはじまる猫の発情期ってどんな感じ?

1月頃になるとそろそろ気になってくるのが猫の発情期。大きな鳴き声が気になって眠れないという方もいるのではないでしょうか? そもそも発情期ってなに? 猫の発情期はメス発信です。まず……

猫の雑学

猫って何でこんなに可愛いの?猫を飼っている人にしかわからない「猫のあるある 」12選

猫は気まぐれで甘えん坊なのに気位が高い動物。そんな猫と暮らしている不思議なこと、面白いことがたくさんあります。今回は、猫の飼い主さんなら誰もが思い当たる猫あるあるをまとめてみました。 ……

猫の雑学

いつもと同じ量なのに?!猫の体重増加の本当の原因とは?

猫の体重が増加すると、最初に考える原因はエサの食べ過ぎや運動不足だと思ってしまいがちです。でも、実際には、病気などが原因で体重増加することがあります。そこで、今回は食べ過ぎや運動不足以外の体……

猫の雑学

避妊、去勢していない猫は気をつけて。2月は発情が始まる時期

最近では子猫の時期に去勢、避妊手術を受けさせる飼い主さんが増えてきて、発情の季節になっても普段と変わらず何食わぬ顔で過ごしている猫が多くなりました。それでも、「猫をケージに入れられず病院に行……

猫の雑学

猫用ダイエットフードって普通のフードと何が違うの?

猫も寒くなるとあまり動かなくなり、脂肪を蓄えやすくなります。ぽっちゃりしている猫を可愛いと思う方もいるかもしれませんが、肥満は健康上よくありません。かといって運動させようにも猫自身がダイエッ……

猫の雑学

悲しい、辛い、苦しい……ペットロスから立ち直るために

どんなに大切にしていても、いつかは必ずペットとの「お別れ」がやってきます。多くの場合、ペットの寿命は私たち人間のそれよりも短いでしょう。もし、ペットが自分を残して先に天国へ旅立ってしまったら……

猫の雑学

おっとりさんにオススメの猫種ベスト5

猫は犬と違って毎日散歩に連れていく必要もないし、インドア派でおっとりしている人でも飼いやすい……と思っている人は珍しくありません。しかし、猫の性格も様々です。猫の中には、遊んだり運動したりす……

猫の雑学