2017年2月9日更新

猫の都市伝説!!昔から言われていたけど実は違っていた事を調べました。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫は昔から愛されているので、昔話やことわざに多く登場します。そして都市伝説にもたくさん登場しています。医学が進み都市伝説が確定になったものをご紹介します!

 

猫の都市伝説をご紹介!


猫が扉を閉めるようになったら化け猫になる、年を重ねて猫又になるなんて素敵なものありますが、今回のご紹介は昔から何となく言われていているもので、都市伝説確定のものです。

猫の鼻が濡れていれば元気!

猫の鼻は起きている時は濡れているので、眠い時や寝てる時は乾いてると獣医師に言われたことがあります。猫の鼻が濡れているから元気と過信は禁物ですね。

信じている人が多い ★★★★

ヒゲの広さより狭いところは通れない

猫のヒゲは猫の顔より広い範囲になりますが、猫を観察していると顔ギリギリの幅を無理矢理に通っているところを見る事ができますよ。猫のヒゲがセンサーの役割をしているので、狭い事は分かってはいると思うのですが。

信じている人が多い ★★★★★

猫は三日で恩を忘れる


猫は3年の恩を3日忘れるという都市伝説です。犬は3日の恩を3年経っても忘れないという犬と猫の比較になっています。しかし猫も記憶力がよく、実家を離れて暮らしていた人が戻っても家族同様に迎えてくれるという話はよく聞きますね。猫は感情を表わさないため言われてしまったのかもしれませんね。

信じている人が多い ★★★

死の前には姿を消す

猫は死を予感して姿を消すというのはよく聞きます。しかし道に迷っているケースや縄張り争いに負けてしまったなど猫は戻りたくても戻れなくなったというケースの方が多いのかもしれません。今は室内飼育をしている方が多いと思いますので、最後の時が近づいていたなら快適な環境にしてあげて一緒の時を過ごしましょう。

信じている人が多い ★★

外に行かないとストレスがたまる

猫の飼育が放し飼いから完全室内飼育に移行している時です。まれに猫が外に行かないとストレスを溜めるという話がまことしやかに流れる事があります。こちらは一概に言えない部分ですが、外の猫よりも室内飼育の方が寿命が長いことが否定をしているかと思います。それでなくても外は感染症、縄張り争い、事故などがありますので室内飼育をしていきたいですよね。

信じている人が多い ★★

猫の研究はまだまだ途中です


猫の事で都市伝説がでるのは猫について研究がまだまだ途中です。今まことしやかに言われていることが、数年後もしかしたら都市伝説であることが解明されるかもしれませんね。言い伝えの範囲なのか研究の結果なのか信じる前に確かめてみましょう!

 
 

関連カテゴリ