飼い主必見!小型犬の防寒対策と気をつけたいポイント

毎日寒い日が続きますが、愛犬の寒さ対策は万全ですか?
「犬は喜び庭駆け回り~♪」の童謡の歌詞にある通り、犬は寒さに強いイメージがありますよね。
一般的に、小型犬の体温は38.6~39.2度ほど、大型犬では37.5~38.6度と言われています。
その体温の高さから、人間より寒さに強いのでは?と思いますが、犬種や年齢によって寒さの耐性には大きな差があるのです。
ここでは、小型犬を中心に防寒対策や冬に気をつけたいポイントなどを紹介していきます。

 

寒さに弱い?小型犬


小型犬のなかでも、特に寒さに弱いとされているのがシングルコートの犬種です。
シングルコートの犬の代表としては、ヨークシャーテリア、マルチーズ、プードル、シーズーなどが挙げられます。
これらの犬種は毛が抜けにくいため、「子どものアレルギーが心配だから毛の抜けない犬種を飼育したい」というご家庭でも多く飼われていますね。
シングルコートの犬は毛の密度が少ないので、ダブルコートの犬よりも寒さに弱いです。
またダブルコートの犬でも、チワワやミニチュアダックスフンドなどの小型犬は室内で飼われていることがほとんどのため、気温の変化に弱くなりがちなのです。

 

防寒対策1 ケージやベッドを冬用に

毛布やフリースなど暖かい素材のものを敷いて、床の冷たさを防いであげましょう。
犬用の湯たんぽやヒーターなどもおすすめです。
また、寝る時は、ケージに布を覆いかぶせたりすると保温効果があって夜の寒さを和らげることができますよ。
布を覆いかぶせるときは、密閉しないように注意してくださいね。

 

防寒対策2 洋服で調節する


最近では、インスタグラムや犬のブログなどで、服を着ているかわいい犬を見かけますよね。
お洒落で着ている犬もいますが、体温調節の苦手な小型犬にとって、服は必需品!という場合も多いのです。
寒がりの愛犬には、部屋のなかでは薄手の動きやすい部屋着を、お散歩などで外出するときは保温性のある厚手の洋服を着せるなど、場面によって種類を変えてあげてくださいね。
保温性のある洋服は、一般の店舗の他、ネットショップにも豊富な種類の洋服があるので、愛犬のサイズを測って身体に合う洋服を選んであげてくださいね。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?
ここでは小型犬の防寒対策について紹介しましたが、犬種や年齢によっても防寒対策の方法は様々です。
特にパピーや老犬はより気温差に弱いため、飼い主が細やかに対応してあげることが重要です。
寒い冬を快適に過ごせるよう、愛犬に合った防寒対策をしてあげてくださいね。

関連記事