2015年4月11日更新

プードルのブラッシング方法と注意点。毎日のケアで清潔を保つ!

毎日のお手入れを欠かさずに

プードルはカールが可愛い毛並みの犬ですが、プードルにとってブラッシングは、皮膚を清潔に保ち、美しいコートを維持するために必要不可欠なものです。
正しい知識と技術でこまめにお手入れすることで、愛犬の健康を保つ事ができます。

[関連記事]
ペットが喜ぶブラッシングタイムに!!犬や猫のブラッシングにおすすめのブラシはどれ?

ブラッシングの必要性

わがまま三昧に育てると、ブラッシングどころか、体を触る事さえさせてくれなくなります。体に触るたびに、かみついたり、あばれたりする犬になってしまいます。そうならないためにも、子犬時代からボディタッチをかかさず行い、体を触ることはとっても楽しくて気持ちがいいんだというように、やさしく教えてあげてください。
毎日お手入れすることで、きれいを保つ目的だけでなく、愛犬との絆がより強く深まっていくのです。

プードルのブラッシングの注意点

痛い・苦しい、といった思いを愛犬にさせないように注意しましょう。
そして、愛犬との密接な交流の時間として、少しずつお手入れに慣らしていきましょう。
また、ブラッシングをする前に邪魔になりそうなアクセサリー(指輪や時計など)を外し、爪も伸びすぎていないかチェックします。
まずは飼い主がリラックスしなければなりません。
あまり緊張するとかえって愛犬を困惑させてしまいます。

ブラッシングはベーシックな毎日のお手入れ

毎日の愛犬のブラッシングは最低限してあげたいことです。
シャンプーの前にも必ずすることでもあります。専用のスリッカーというブラシを使うと良いでしょう。スリッカーがけは毛並みを整え、毛玉を防止します。

おなかやわきの下、首まわりなど、よく動かすところは毛玉ができやすいので気をつけてください。
一度毛玉をつくってしまうと、毛玉をとくのは大変ですし、愛犬も痛い思いをするかもしれません。トリミングのお店によっては、毛玉がある場合はトリミングに追加料金を請求される場合もありますので、毎日のブラッシングはとても大切です。

あらかじめ手順を練習して慣れておきましょう

シャンプーやリンスはトリミングのお店まかせ、という人も、ブラッシングは毎日のことなので、ぜひ愛犬とお手入れの時間を楽しみましょう。
細かい手順は自己流ではまごついて時間ばかりかかってしまい、飼い主さんも愛犬もつかれてしまいます。
犬に慣れた人やお店の人に教えてもらいながら、手順を把握して、余計な時間がかからないようにしましょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【ペットシッターが解説】ボストンテリアとの暮らしで注意すること

ボストンテリアの性格と性質 性格 ボストンテリアは、ボストンで発祥した犬です。ブルドッグとブルテリアの血が入っており、その後様々な犬種との交配で小型化されていきました。テリアの血が入……

犬の歯の磨き方

【動物看護師が解説】プードルにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

毛をカットして形を作るトリミング犬種の代表格、プードル。なぜ、トリミングが必要なのか、普段どんな被毛の手入れが必要なのでしょうか?今回はプードルの被毛についてお話しします。 プードルの……

犬のトリミング

【動物看護士直伝】子犬のシャンプーはいつから?シャンプーを嫌いにさせないコツは?

犬にとってシャンプーは、一生つきまとうケアの一つです。子犬の時期にシャンプーを嫌いにさせてしまうと、成犬になっても嫌がり、手に負えなくなってしまうことがあります。 シャンプー=楽しいこ……

【ペットシッターが解説】バーニーズマウンテンドッグとの暮らしで注意すること

の性格と性質 性格 バーニーズマウンテンドッグは、家族とのつながりをとても大事にする穏やかな犬で、一度飼うとその魅力にどっぷりはまってしまうと言われています。とても従順で穏やかな性格……

ニュース

愛犬を自宅でグルーミング! グルーミングに必要なものとその選び方

グルーミングとは、愛犬の被毛、爪、目、耳、歯など、体全体のお手入れの総称です。 具体的には、ブラッシング(ブラシを使う)、コーミング(クシを使う)、シャンプー・リンス(入浴)、爪切り、……

犬のシャンプー