遊び上手は愛され上手!犬としっかりコミュニケーションとれてる?

愛犬は、眺めているだけでも癒しになりますが、一緒に遊ぶのもとても楽しいですよね。でも、遊び方にもポイントがあるって知っていましたか?

ちゃんとした方法で遊ぶことで犬を楽しく躾けることもできますし、何よりしっかりコミュニケーションが取れるんです。

 

犬との上手な遊び方

おもちゃの選び方

おもちゃを選ぶなら、「犬と飼い主さんが一緒に遊ぶおもちゃ」と「犬が一人で遊ぶためのおもちゃ」を用意してあげるといいでしょう。

一緒に遊ぶおもちゃは、ロープなどが付いていて引っ張りっこができるおもちゃや、追いかけさせるための転がるおもちゃ、犬が興奮して楽しめる音が鳴るおもちゃなどがおすすめです。

また、飼い主さんが忙しい時などに犬に一人で遊んでもらうための、中におやつを入れられたりするおもちゃや、長時間噛んでいられる固すぎないおもちゃなども用意してあげましょう。

ただ注意して欲しいのは、犬の口に対して、小さすぎるおもちゃは選ばないようにしてください。誤って飲み込む危険性があるからです。そして、犬は一つのおもちゃだけだと飽きてしまうこともあるので、できれば複数のおもちゃを用意してあげましょう。

おすすめの遊び方

引っ張りっこ

犬が喜ぶのが、飼い主さんと引っ張りっこをする遊びです。ロープ状のおもちゃなどを使って、少し振り回して犬が食いつくのを待ちましょう。

犬がだんだん興奮してきてロープを追いかけるようになったら、「オスワリ」や「フセ」などのコマンドで一旦落ち着かせます。

そのあと、犬がおとなしくなったら、犬にロープを咥えさせ、引っ張りっこをして遊びましょう。

おもちゃ探し

おやつの入ったおもちゃなどを部屋に隠して、犬に探させる遊びです。おもちゃを布の下などに隠して、犬に探せと命令して探させます。

最初はなにをすればいいのかわからない犬もいますので、その場合は、隠す様子を見せてあげるといいでしょう。

遊ぶときに注意したいこと

興奮させすぎない

犬は興奮すると、気持ちが高まって飼い主さんの言うことを聞かなくなります。おもちゃを前に低く唸ったりした場合は興奮してきた証拠なので、その場合は一旦「オスワリ」や「フセ」などの号令をかけて落ち着かせてあげましょう。

手や足を噛ませない

遊びの延長で手や足を噛ませていると、後々噛み癖が治らず危険なことになります。犬が噛んだら「ダメ」としかる人もいると思いますが、これだと犬は「かまってもらえた」と勘違いしてしまう、ますます噛むようになってしまうこともあります。

なので、遊んでいる時に犬が手や足を噛んできたら、すぐにケージに戻して遊びを強制終了し、知らんぷりしてしまいましょう。犬は無視されるのが一番辛いと言われているので、「噛んだら遊べなくなる」と学習し、次第に噛まなくなるはずです。

おもちゃは遊んだ後は片付ける

いつまでもおもちゃを犬が遊べるところに出しておく人がいますが、出しっぱなしは危険です。犬のおもちゃに対する執着心を高めてしまい、取ろうとすると怒るようになってしまいます。

あくまで遊びは飼い主さん主体で行っているのだと自覚させるために、遊び終わったらおもちゃは犬の目が届かない場所に片付けてしまいましょう。

 

まとめ


いかがですか?犬との遊び方はいろいろありますが、注意点もたくさんあります。正しい遊び方を心がけて、大好きな愛犬と素敵な生活を送ってくださいね。

関連記事