犬の適温って?暖房器具を使用するときの注意ポイント

寒い冬、エアコンやヒーターを使って室温を保つのが一般的ですよね。
「寒がりの我が家の愛犬もこれで一安心」と思いがちですが、暖房器具を使う時には気をつけたいことがたくさんあるのです。
また、犬種によっても適温は様々。
ここでは、暖房を使用するときの注意点などを紹介していきます。

 

犬の適温は何度くらいなの?


犬の適温は、長毛犬種で15℃~20℃、短毛犬種では20℃~25℃くらいだと言われています。
また、シングルコートの犬種の方がダブルコートの犬種より、小型犬の方が大型犬よりも寒さに弱いとされています。
つまり、小型犬でシングルコートのチワワやプードルは、とても寒さに弱い犬種と言えますね。
このように、愛犬の特性を知ることが、適温を知るために大切なのです。
良かれと思って暖かい温度に設定しても、犬種によっては暑すぎる!ということになったら大変です。
暖房器具の温度を設定する前に、犬種の特性について一度調べてみるといいですね。

 

乾燥対策を万全に!

暖房器具の種類は数多くありますが、それらを使っている時に気をつけたいのが乾燥です。
冬になると、くしゃみをしたり、咳をしているわんちゃんはいませんか?
これは、乾燥が原因かもしれません。
また、空気が乾燥すると喉や鼻の粘膜が乾燥することで、ウイルスに感染し、風邪をひきやすくなってしまいます。
これは人間でも犬でも同じこと。
暖房器具を使う時は、同時に加湿機などで部屋の湿度をコントロールするようにしましょう。
加湿器がなければ、室内に濡らしたタオルをつるしたり、水の入れたコップを置いておくことでも加湿できますよ。
適度な湿度は湿度50~60%、それ以上の湿度は、カビの原因にもなりますので気をつけてくださいね。

 

やけどに要注意!


寒がりのわんちゃんには、湯たんぽやヒーターを使っているお家も多いと思います。
ここで気をつけていただきたいのが、低温やけどです。
低温やけどとは、比較的低温の熱源によって皮膚が損傷してしまう状態です。
あまり姿勢を変えないわんちゃんは、ヒーターなどの上で長時間寝ている時に、この低温やけどを起こしてしまう事例が数多くあるそうです。
ペットヒーターを使う時は、直接肌に触れないようにタオルを巻いたり、飼い主さんが見ている時間にしたりするなど、対策をした方が安全です。
また、インスタグラムやブログなどで、電気ストーブの前にペッタリと寝ているわんちゃんもよく見かけます。
寒がりでかわいいなぁ~と思う反面、これもやけどの可能性があるので危険です!
ストーブと一定の距離が取れる位置に置くなどして、わんちゃんが近づきすぎないようにしてくださいね。

 

まとめ


暖房器具を使用する際に気をつけていただきたいポイントを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
上に書いた以外にも、換気や水分補給なども大切です。
冬は水分補給がおろそかになりがちなので、新鮮なお水を用意して「お水を飲んでね」と声を掛けてあげてくださいね。
愛犬に合った環境を整えて、寒い冬を元気に乗り越えましょう。

関連記事